2018年04月08日

明治40年代の砲火指揮法


本家サイトの今週の更新として、先ほど先週に引き続き 『桜と錨の海軍砲戦術史』 中の 『明治40年年代』 のコーナーで 『軍艦の速力』 と 『砲火指揮法』 の2つの項を追加公開しました。


特に後者の 『砲火指揮法』 は元海軍関係者が戦後ものしたものや一般の刊行物ではまず無かったものではないでしょうか?

また 『戦艦及一等巡洋艦砲火指揮通信装置制式』 については明治45年の内令兵第2号で制定されたものは知られていますが、その元となった海軍砲術学校が起案した草案は初出のものと思います。

gunnery_comm_equip_rules_pre_p1_s.jpg


この 『桜と錨の海軍砲術史』 は旧海軍の砲術家たる用兵者達がどのように考えていたのかをご紹介するものですが、これがあって初めて旧海軍史の全容が充たされるものと考えております。

まだ始まったばかりですが、引き続きお楽しみいただければと思います。


posted by 桜と錨 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2018年04月05日

英空母 「フォーミダブル」 の就役日


少し前になりますが、ネット上で英空母 「フォーミダブル」 (HMS Formidable) の就役日が1940年の 10月31日 とするものと 11月24日 とするものの2つがあるが、どちらが正しいのかとの疑問が呈されていました。

もう少し付け加えますと、

日本版Wikiでは 「The Illustrious & Implacable Classes of Aircraft Carrier 1940-1969」 (Neil McCart, Fan Pub., 2000)の記述を根拠に前者とし、「世界の艦船」 やWikiでは後者としている、というものです。

これについて次のURL記事に基づいて10月に公試が完了して海軍に引き渡され、11月24日に実戦部隊に編入したとの回答も付いていましたが ・・・・



その一方で、例えば有名な 「Aircraft Carriers of the Royal and Commonwealth Navies」 (David Hobbs, Greenhill, 1996) では11月24日にベルファストで竣工・就役とされ、またかつて 「世界の艦船」 に連載された松村道臣氏の 「英国航空母艦史」 の第8回 (1960年3月号) でも同日就役とされています。


そして、以前 「就役式」 についてのことをお話ししたことがありますが、これにも関連してもう少し付け加える必要があるようです。

つまり 「引渡し」、「竣工」 (Completion)、「就役」 (Commision) はそれぞれ異なる意味があるということです。 もちろん 公試完了 = 完工 = 竣工 でもありません。

即ち公試完了時に重大な問題がなければ、その後は多少の手直しと性能に大きな影響を持たない残工事を終えて建造所側の 「完工」 となり、これを海軍が了承した場合に 「竣工」 となります。

そして就役準備作業を行った後に 「就役式」 が行われ、この時をもって正式に建造所から海軍に 「引渡し」 が行われ、海軍において 「就役」 することになります。


そこでこの 「フォーミダブル」 ですが、

残念ながら英海軍の建造に関する規則類や 「フォーミダブル」 の公式記録文書が手元になく、正式な就役日が何時とされているのかは確認できませんので、断定はできませんが ・・・・

私的には建造状況から考えても、またこれまでの著作物やWikiを始めとする海外の著名な数多くのネットでの記述からしても、11月24日に 「就役式」 が行われて竣工・就役したとするのが最も合理的なように思われます。

posted by 桜と錨 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

遅ればせの我が家の花見


家内との時間も合いましたので、遅ればせながら今年の老夫婦の花見に。

折角ですから我が家の次男じゅんぺいの散歩も兼ねて行くことにしましたが、近くにある花見の名所である水源地はペットは連れて入れませんので、車で10分ほどの小高い山頂にある小さな公園へ。

wagaya_hanami_h300405_05.JPG

ここは桜はそれほど多くはありませんし、もう大分葉桜になってきていますが、平日のこともあって人は少ないですし、それに何よりも江田島〜広島湾〜広島市街を見下ろせる景色が大変に良いところです。

wagaya_hanami_h300405_07.JPG

ちょっとした穴場でもありますので、今日もやはり家族連れなどの何組かの小グループがお弁当を広げていました。

wagaya_hanami_h300405_08.JPG

我が家のじゅんぺいももちろん “花より団子” で、お裾分けの食べ物を前にするとおとなしくよい子にしています (^_^)

wagaya_hanami_h300405_04.JPG

やはりお花見は、名所と言われる綺麗ではありますが人混みの中の様なところより、こういった小さくとも自然の中でのものが私は好きですね。

wagaya_hanami_h300405_02a.JPG

wagaya_hanami_h300405_03a.JPG

日本に生まれて、そして日本人であってよかったと感じる一時です。


頂上へ上る山道は舗装はされているもののやっと離合できるくらいの道幅で麓から山頂まで続いていますが、途中の道の両脇には桜に混じって沢山の山ツツジが薄紫色の花を付けていました。 これも大変に綺麗でした。

wagaya_hanami_h300405_06.JPG

posted by 桜と錨 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2018年04月02日

企画展 『 明治青年 秋山真之 』


先にご紹介しましたが、2月27日から来年の2月17日までの1年間、松山の 「坂の上の雲ミュージアム」 にて秋山真之の企画展が行われております。


今回の企画展は司馬氏の小説 『坂の上の雲』 の流れに沿って、今に残る真之関連の資料などを展示してその生涯を紹介するものです。

この度その企画展の図録が出来上がりましたので私も一冊送っていただいたところです。

Saka-M_tenji_h3004_03a.JPG

Saka-M_tenji_h3004_03b.JPG

この図録、大変によく出来ておりまして、『坂の上の雲』 や真之に関心がある方は入手されておくと格好の資料集になるかと思います。


企画展では、この図録中の出展総目録にもありますとおり大変に貴重なものが数多く展示されており、私も見たことが無かったものも沢山あります。 これだけのものがよく現在まで残されていて、あるところにはあるものだな〜、っと思うと同時に、同館の企画展に際してよくこれらを探し出したものと。

この企画展の企画は同館の徳永さんという若い女性 (でかつ美人) の学芸員さんが中心となって進められたものですが、その研究の熱意さには感心させられます。


ところで、これらの資料などの展示に併せて、その徳永さんの発案により展示会場の真ん中に真之が海軍大学校の教官として行った兵棋演習の様子を一部再現したコーナーが作られています。

企画展開催後の展示の様子の写真を送っていただきましたが、同館の許可をいただきましたのでご紹介いたします。

Saka-M_tenji_h3004_01.jpg
( 兵棋演習再現コーナーの様子 )

昨年この兵棋演習を再現したいのでとご相談いただきましたので、資料提供や実際の実施要領など色々アドバイスをさせていただいてきたところです。

私が参画した (というより作ってしまった) NHKのドラマ 『坂の上の雲』 での兵棋演習シーンを覚えておられたようです。

ただ真之が行った当時のものがどの様なものであったのかは具体的な資料などが残されておりませんので、その後の旧海軍や米海軍大学校でのものから “おそらくこのようなものだったのでは” というところを現在のものまでを含めてご説明し、今回再現するものはそれによって得られた徳永さんのイメージに基本的にお任せすることにしました。

と言いますのも、実際の兵棋演習そのものは複雑かつ大がかりなもので、その実施手順も習熟を要するものですし、その上演習参加者にも相当な専門知識が必要になります。

したがって、これをそのまま再現して展示しても来場される一般の方々に簡単に理解していただくのは容易なことではありませんので、学芸員の徳永さんが理解されたイメージに基づいて一般来観者向けの簡単なものを作ってもらうのが一番良いと考えた次第です。

これもあって私は企画展開始直前の準備作業中に拝見して作成状況についてあれこれアドバイスするところまでに止めましたので、最終的に完成したものを見るのは初めてです。

Saka-M_tenji_h3004_02.JPG
( 2月の作成時の航跡下書き中の様子 )

徳永さんの努力の甲斐があってなかなか面白いものに仕上がっており、来館の方々にも関心を持っていただけているようです。 中には自分で駒を動かしてみる人もおられるようで (^_^)

お近くの方、あるいは松山に行かれる機会のある方は、是非同館の企画展にもご来場いただいて、この兵棋演習の展示もご覧いただければと存じます。

posted by 桜と錨 at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2018年04月01日

明治40年代の軍艦の防御


本家サイトの今週の更新として、『桜と錨の海軍砲戦術史』 に明治40年代の続きとして 『軍艦の防御』 の項を追加公開しました。


用兵者側からする軍艦の構造についての見解は技術者のものとはまた別な面白さがあると思います。

併せて、ページのレイアウトなどを少し修正するとともに、ご参考としていくつかのページに艦型図を追加しました。

これは単に解説文や表だけはなかなかご理解いただけないところもあると思いますので、イメージ的に掴んでいただくためです。 元にしましたのは有名な 『ブラッセイ海軍年鑑』 の当時の版です。

この当時から 『ジェーン海軍年鑑』 とこの 『ブラッセイ海軍年鑑』 の2つが広く知られておりましたが、前者はその立ち上がりがウォーゲームのデータ・ブックであったこともあり、旧海軍ではいわゆる “軍艦識別帖” 的に扱われることが多かったのに対して、ブラッセイは最新の技術的な内容が豊富であり、かつそれに関連した図表なども多く、海外の専門知識を吸収するために良く読まれていました。

例えば、昭和19年に福井静夫氏が書いた呉海軍工廠の初級技術士官教育用テキスト 『軍艦の発達』 でも、このブラッセイの艦型図をほぼそのまま書き写したものが数多く含まれており、旧海軍の技術サイドでも有益な出版物とされていたことが解ります。

fukui_01_s.jpg

posted by 桜と錨 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2018年03月30日

呉地方隊観桜会


今日は呉地方隊の観桜会がいつもの総監部裏庭で催され、私もお誘いをいただきましたので出席してきました。

kanoukai_h300330_01.JPG
(夕日でちょっと逆光気味ですが、呉湾を見下ろしながらの良い場所です)

昨日の暖かさからちょっと寒の戻りと言いますか冷たい風がありましたが、丁度満開の絶好のタイミングです。

kanoukai_h300330_02.JPG

ただ日没以降、会場の桜のライトアップが例年に比べてちょっと少なかったかなと (^_^;

kanoukai_h300330_04.JPG

部外・部内の出席者は約700名。 懐かしい顔にも沢山会うことができました。 そして現役の人達とも色々話しが出来て大変楽しかったです。

特に女性自衛官である「やまゆき」艦長の手塚2佐とは随分と話し込んでしまいました。 必要以上に力むことなく、重責を楽しんでおられるようで、大変頼もしく感じた次第です。

現在の女性艦長は4人、これまでで7人目だそうです。 私の現役時代からすると海上自衛隊の艦艇部隊も随分と変わってきましたね (^_^)

呉音楽隊の皆さんもいつもどおり頑張ってくれていましたが、今年は若い女性の招待者が多かったせいか、演奏に合わせて体を揺らしている人が結構おられました。

kanoukai_h300330_03.JPG

旧鎮守府庁舎の裏側のライトアップ。 やっぱり赤煉瓦は映えますね。

kanoukai_h300330_05.JPG

お開き後は、来呉した私の 「きりしま」 艦長時代の先任伍長 (後の初代海上自衛隊先任伍長) と街に出て一杯。 これも楽しい一時でした。

いつもお誘いいただくN氏に改めて感謝!

posted by 桜と錨 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2018年03月25日

明治40年代の軍艦砲装論


本家サイトの今週の更新として、『桜と錨の海軍砲戦術史』 に明治40年代のお話しの続きとして 『軍艦の砲装』 の項を追加公開しました。


Italy_V_Emanuel_01_s.JPG

内容的にはまだまだ纏めきれないところがありまして、今後機会を見て手直ししていくつもりにしておりますので、取り敢えずのものとお考え下さい。

とは言っても、度々申し上げておりますとおり、元技術士官達などがものしてきたものとは視点が異なり現場で直接関わってきた用兵者達のものであるだけに、これまで伝えられてきた話しとは異なったものがあることはお判りいただけるのではないかと思います。

posted by 桜と錨 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2018年03月24日

庭の椿


春ですねえ。 我が家の庭にある1m半ほどの椿の木にも沢山花が咲いています。

tsubaki_h300324_01.JPG

ただ我が家の椿は花も小さくて5〜3センチくらい、しかもピンクの中に白が混ざっていて大変に可愛いです。

観賞用に育てられた “岩根絞” という一種??

posted by 桜と錨 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2018年03月23日

大和ミュージアム友の会会員証


更新の手続きをしておりました 「大和ミュージアム友の会」 の平成30年度の会員証が届きました。

Yamato_M_card_01_s.JPG
(個人番号は消してあります)

個人会員の年会費は2千円ですが、1年の間に3〜4回通えば元が取れますし、特別展示開催中は時々招待券を何枚かずつ送ってくれますので、友人・知人を連れて行く時には便利です。

ただご承知のとおり、1〜3階の常設及び特別展示はなかなか良くできおり、時々顔を出しても面白いのですが、残念ながら肝心な4階は本来の博物館としてはほとんど機能しておりません。

信じられないことに、いまだに故福井静夫氏の史料さえ整理されておらず (表向きかもしれませんが) その一覧リストさえ見せてもらえません。

福井史料は今年度以降予算が付き次第順次ディジタル化する予定とは聞いておりますが、そのディジタル化した史料がどのような常態で閲覧可能になるのかは図面や写真でもご存じのとおりです。

ましてや文書史料も写真をそのままディジタル化しただけのもので、既に端末から閲覧可能となっている松本喜太郎氏や史料調査会のものをご覧いただいた方にはどのようなものであるかはよくお判りと思います。

この4階に収蔵されている数々の貴重な史料は、現在の管理体制ではお金(取材費)をふんだんに投入できるマスコミや出版社ならいざ知らず、普通の研究家や研究者にとっては全くと言って良いほど使えるものではありません。

今のままではほとんど活用されておらず、単に保管しているだけの “死蔵” に近いと言っても決して過言ではないかと。 勿体ない。

せめて防研や国会図書館レベルになればと思うのは私だけではないと思いますが ・・・・

posted by 桜と錨 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2018年03月18日

「砲術家としての加藤友三郎」

本日は 「加藤友三郎元帥研究会」 の第4回呉セミナーにおいて、上記のタイトルで若き日の友三郎と砲術について発表してきました。

tomosaburou_kure_No4_ppt_top_s.JPG

私はどうも高い壇上の演台から大勢の参加者の方々を前にして格式高いお話しをするようなことは苦手ですので、同会の大之木会長にお願いして、会場は教室で和気あいあいとなるような、そんな雰囲気にしていただきました。

しかしながら、思いもかけず新原市長などもお見えになり、来賓の方々は最前列にお並びになられましたので、ちょっと緊張してしまいましたが (^_^;


砲術家としての加藤友三郎の経歴は、明治13年に海軍兵学校を卒業してから 「吉野」 砲術長として日清戦争で活躍し、明治27年に海軍省軍務局に補職替えとなるまでがメインです。

が、何しろ砲術の話しであり、かつ明治初期 〜 中期の旧海軍のことですので、出来るだけ平易な内容とした関係で、持ち時間の都合上本日の話しは英国で建造中の 「吉野」 の造兵監督官となるところまでとさせていただきました。

残りの肝心な 「吉野」 の話しはまた次に機会がありました時にということに。

それでも参加の皆さん方には熱心にお聞きいただき、当時の旧海軍の砲術の実態と、それによる “鉄砲屋” としての加藤友三郎がどのような経験を積んだのかについての概要を、多少はご理解いただけたのではないかと思っております。

( 私の話し方が下手なのはご容赦いただくとして (^_^; )


貴重な発表の機会を与えていただきました大之木会長と、会場設営などの裏方に回っていただきました事務局の皆さんには厚くお礼申し上げます。

また是非本日の続きの機会を (^_^)

posted by 桜と錨 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し