2020年04月19日

ある日の呉海自桟橋


今週の本家サイトの更新は、『砲術への想い』 コーナーで連載しました防衛大学校での4年間の思い出に関連して、『懐かしの艦影 戦後編』 のページに、昭和45〜48年に防大での夏期定期訓練時や江田島での幹部候補生時代に写した呉での艦艇写真を追加公開しました。 今回はその前半で、水上艦艇が中心です。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/photo_modern/photo_modern_cont.html#1970-73_Kure

1972_DE202_04_s2.jpg

もう半世紀前で、元々の腕の悪さに加え、今となってはプリントもネガも劣化してしまっていますので写りが大変に悪いのですが、昔懐かしい姿ばかりと思いますので、一杯やりながらでも気楽にご覧下さい。

次回は潜水艦を中心に予定しています。

posted by 桜と錨 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年04月15日

庭の牡丹


今年も庭の牡丹が大輪の花を咲かせました。

Botan_R020415_01.JPG

が ・・・・ 今年は何故かこの一輪だけです。 例年ですと、数個は咲くのですが。

Botan_R020415_02.JPG

その代わり、植えた覚えのないいつものムラサキと白の小さな花 (ハナニラ?) は庭中に沢山咲いています(^_^)

Botan_R020415_03.JPG

posted by 桜と錨 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年04月14日

独り言


う〜ん、“ご参考までに” 「市販本からは」 などといわなくとも、原本の松本喜太郎著 『戦艦大和 =その生涯の技術報告=』 に詳細に書かれているんだけど、キチンと読んでいないか、読んでも理解できないんだろうねえ (^_^;

まあ、MOBILE から “通りすがり” などというHNで書き込むようなのに限ってろくな者はいませんけどね(^_^)

ふ〜ん、今度は softbank から yahoo を使ってどこの誰とも名乗らずに上から目線で知ったかぶり? 要するに指摘のとおりなんでしょ? 笑えますねえ (^_^) 

posted by 桜と錨 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2020年04月12日

防大最上級生の1年間


本家サイトの今週の更新は、先週に続き 『砲術への想い』 コーナーでの防大4年間の思い出のページに最上級生たる4学年の時の1年間の思い出を綴ってみました。


1972_Koukikishu_01_s2.jpg
( 20期生入校式の観閲式における校旗旗手 )

色々と思い出すままに書きましたので、ちょっと長く、ダラダラしたところがあるかも知れません。 また、夏期休暇での北海道旅行の欄が少々まとまりがなくなってしまいました。

が、写真をみながら記憶を辿っての私自身のための記録と思ってご了承ください。

そして防大4学年海上要員の1年間は3学年の時以上に充実して楽しいものだったのかと、一杯やりながらでも気楽にお読みいただければ。

敢えて言えば、卒業時に帽章と襟章をポケットに入れましたので、厳密には “官品横領” ですが、被服係は制服一式全ての数を数えるわけではありませんし、それに返納しても制服などは裂いて汚れ拭きのウエスに、帽章などの金属類は全て廃品の鉄屑としての処分です。

JDA_Badge_01_s.jpg
( 約半世紀ぶりに少し磨いてみました )

夏冬の制服一式は記念に欲しかったですね。 お役所仕事とはこんなものです。

この年、10月1日が日曜日で、翌2日が衣替えで夏制服は返納しなければなりませんので、どうせ返してもウエスになるなら最後の思い出に、と同期と一緒に白の詰め襟のままで道路に寝ころんでみたり、芝生に座ってみたりしました(^_^)

JDA_Natsuseifuku_01_s.jpg


併せて、『懐かしの艦影 戦後編』 のページに、夏の乗艦実習時に写した写真などを追加公開しました。 こちらもお楽しみいただければと思います。


もう半世紀前のもので、元々の腕の悪さに加え、今となってはプリントもネガも劣化してしまっていますので写りが大変に悪いのですが、第22護衛隊と第8護衛隊との合同での洋上訓練などは、当時の艦艇勤務の様子の一端に触れていただけるのではないかと。

1972_ED22_02_s2.jpg

posted by 桜と錨 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年04月07日

春爛漫


山の中の我が家の周りでも今が桜の見頃です。

ただ、残念ながらこのご時世、毎年お弁当を広げてノンビリお花見ができるとっておきの場所は、今年は中に入れません。 で、外から。

Sakura_01_R020407.jpg

Sakura_02_R020407.jpg

Sakura_03_R020407.jpg

今年は入れないことを知らなかったおばあさん数人のグループが花見の荷物を持ってウロウロ。 「あらっ、ここもダメなのね」 と (^_^)


すぐ近くにある団地内の小さな公園も。 ただここは年中いつも誰もいませんが (^_^;

Sakura_04_R020407.jpg

Sakura_05_R020407.jpg

Sakura_06_R020407.jpg

しかし、桜はいいですねえ。 日本に、そして日本人に生まれて本当に良かったと思う季節でもあります。

posted by 桜と錨 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年04月05日

防大3学年の1年間


本家サイトの今週の更新は、先週に続き 『砲術への想い』 コーナーでの防大4年間の思い出のページに 3学年の時の1年間の思い出 を綴ってみました。


色々と思い出すままに書きましたので、ちょっと長く、ダラダラしたところがあるかも知れませんが、当時の防大3学年海上要員の1年間はこんなに充実して楽しいものだったのかと、一杯やりながらでも気楽にお読み下さい。

何と言っても、年が明けてから3学年全員による妙高池ノ平での1週間のスキー訓練です。

1971_Skii_06_m2.jpg

スキー訓練と言っても、各自経験も技量もバラバラで、しかも自前のスキーを持っている者以外は陸自高田駐屯地から借用した陸さんの雪中行軍用のものです。

まあ、一般のスキー教室のようには行きませんので、高田駐屯地からの支援の指導教官もほとんど “好きに滑れや” でした。

特に最終日のクロス・カントリーは大変に面白く、楽しかったことを覚えています。

それに、普通の民間の宿に別れての宿泊ですから、これはもう日頃の学生舎での束縛を離れて、しかも同じ訓練班のメンバーですから、毎晩思い思いの部屋に集まってはワイワイガヤガヤ。

同宿のお目付役の防大指導官達も 「静かにして、早く寝ろ!」 と一応お小言は言うものの、半分以上はあきらめ顔で。 昔自分達も同じだったことを思い出しているのでしょう。

おまけに、大浴場に徳利とお猪口を持ち込んで桶に入れて湯船に浮かべ、窓を開け放っての雪見酒。 これは楽しかったです。 多分これは同宿の指導官も気が付かなかったのではないかと (^_^)


併せて、『懐かしの艦影 戦後編』 のページに、夏の乗艦実習時に写した写真などを追加公開しました。 こちらもお楽しみいただければと思います。


もう半世紀も前のもので、元々の腕の悪さに加え、今となってはプリントもネガも劣化してしまっていますので写りが大変に悪いのですが、洋上での訓練風景や、舞鶴での第4駆潜艇隊や第31護衛隊などの写真は珍しいのではないかと。

1971_4PD_01_m2.jpg

posted by 桜と錨 at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年03月29日

防大海上要員2学年の1年間


今週の本家サイトの更新として、先週に続き 『砲術への想い』 コーナーの 『小原台の4年間』 に 晴れて海上要員となった2学年の1年間を追加公開 しました。


1970_Etajima_08_m.jpg

思い出すままに綴ってみましたが、1年の時と異なり、海上要員としての1年間がいかに充実して楽しかったのかを感じていただければと思います。

なお、この昭和45年には大盛況であった大阪万博が開催されましたが、この年の3・4学年海上要員の夏期定期訓練における乗艦実習では、大阪に寄港してこの万博を見学する機会があったようです。

私達は大湊の第32護衛隊での北海道巡航の乗艦実習でしたので、残念ながら万博は見るチャンスはありませんでした。

もっとも、夏期休暇中に自費で見に行こうとまでは思いませんでしたが (^_^;

次は3学年の1年間を予定していますが、この2年の時より更に充実した楽しいものでした。 お楽しみに。

posted by 桜と錨 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年03月22日

防大1学年1年間の思い出


今週の本家サイトの更新は、先週につづき 『砲術への想い』 コーナーの防大4年間の思い出のページに新入生の時の1年間の思い出を綴ってみました。

    http://navgunschl.sakura.ne.jp/omoi/omoi_002-1.html
    http://navgunschl.sakura.ne.jp/omoi/omoi_002-1-1.html

02_01_01_Cutter_02_m.jpg

ただし、学生舎生活における2学年 (16期生陸上要員) と私達1学年 (17期生) との間のことは少々長くなりますので、これは項を別にして改めてお話しすることにします。

色々と思い出すままに書きましたので、ちょっと長く、ダラダラしたところがあるかも知れませんが、当時の防大1学年の1年間はこんなものだったと、一杯やりながらでも気楽にお読み下さい。

それに、私は若い頃から日記をつける習慣がありませんので、今に残る当時の写真などを見ながらの、これは私自身のための記録と思ってください。

中には、お読みいただいて “何だ、結構楽しそうだったジャン” と感じられる方がおられるかもしれません。

その点は私自身も同感です。

ただし、それは今になって振り返れば、の話しですし、この時の第1大隊第14中隊における一つ上の16期生陸上要員との “1期違えば・・・・” のことは別にして、です。

なにしろ、当時、第14中隊の私達1学年にとっての学生舎生活は、まさに “帝国陸軍内務班かくありき” の日々だったのですから。

posted by 桜と錨 at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年03月20日

何もない時は小春ネタで


相変わらずバタバタしてブログのコンテンツを作る余裕がありませんので、こういう時はニャンコの小春ネタで。

最近の昼間のお気に入りの場所は、家内のピアノ部屋の出窓のところ。 家中を走り回った挙げ句、あれっと思ったら、いつの間にか家内にもらったクッションの上にちょこんと座って、一人 (一匹) で日向ぼっこをしています。

そして、お気に入りのぬいぐるみ達を咥えて来て、回りに置いています (^_^)

Koharu_R020320_01.jpg

夜はいつも私と一緒に寝て、明るくなると相変わらず “起きろ、起きろ” と顔舐め攻勢なのですが、寒い朝は私を起こした後は自分はお布団の中から出てきません。

起きてはいるのですが、私がお手洗いにいってもリビングまでついてこず、戻ってきた時もそのまま布団の中です (^_^;

Koharu_R020320_02.jpg

全くの家猫になってしまっています。

posted by 桜と錨 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年03月15日

『小原台の4年間』 と 『懐かしの艦影 戦後編』


今週の本家サイトの更新として、大先輩からリクエストも頂きましたので、『砲術への想い』 コーナーに防大時代の思い出を綴る 『小原台の4年間』 を追加作成することとし、その第1回目を公開しました。

今後各学年毎のページを追加していく予定です。 なおこれに伴い、同コーナーのメニュー・ページを少しリニューアルしました。

http://navgunschl.sakura.ne.jp/omoi/omoi_cont.html
http://navgunschl.sakura.ne.jp/omoi/omoi_002-1.html

またこれに併せて、『懐かしの艦影』の戦後編を新たに追加公開しました。 私自身が撮影したものや、知人、有人などからのいただいた海上自衛隊や米海軍艦船などが中心となります。

その公開の第1回目分は、私が防大に入学した昭和44年から46年くらいまでのものです。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/photo_modern/photo_modern_cont.html

1971_Hanki_01_s2.jpg

ただし、当時は個人で気軽に持てるようなカメラは、今のように自動焦点や可変望遠レンズなどはありませんし、綺麗に自動調整撮影する機能もありませんでした。 それにカラー・フィルムとそのプリント代は大変に高いもので ・・・・

保管してあったネガやアルバムに貼ったプリントは経年劣化で変色してしまっておりますし、もちろん私の腕もありますので、大変に見難いものとなっておりますが、それでも当時の海上で撮影したものなどは、興味を持って頂けるのではないかと思っております。

なお、こういうネットのご時世ですので、残念ながら一人歩き防止のために画像にはロゴや透かしを入れておりますことをご了承ください。

なにしろ、海自OBでさえ自己の運営するサイトでその内容を確認すること無しに間違った説明付けて引用している者も出てくる始末ですので (^_^;

posted by 桜と錨 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと