2019年04月30日

海自 砕氷艦の運用から撤退検討


つい最近の産経新聞ニュースで、海自が人手不足を理由に砕氷艦 「しらせ」 の運用から撤退することを検討していることが報じられました。


う〜ん、私に言わせれば、これは単に人手不足というよりは、海上自衛隊という “制服を着た能吏” 達が取り仕切る組織の体制 ・体質そのものに問題があるのであって、その能吏たる高級幹部達がそのことを全く自覚もしていないし、ましてや本腰を入れて改善しようとする意図が無かったということに尽きるでしょう。

これは人事全般について顕著で、特に新入隊員の募集と退職者の就職掩護は酷いものといえます。

つまり彼等にとって自己以外のことは所詮 “人事はヒトゴト (他人事)” としてきたという現れです。

その原因について、暫く前に本家サイトの掲示板で書いたことがありますので、ここで再掲いたします。

↓ ここから
================================

1佐以上の自衛官の昇任 ・補職の人事は内局に握られています。 そして海上自衛隊の業務は全て内局に出向いて部員と称する担当の役人が納得のいくように説明しなければ何もできません。

( その自己の業績を上げるためにこねた屁理屈を、部内に対しても平気で通す訳で。 私が関係した「おおすみ」 型の輸送艦や、これに搭載する LCAC などはその最たるものでした。)

したがって内局の不評を買うようなことを彼等がするわけがありません。 要するに内局の下請けと言える、ごく普通の二流・三流官庁たるお役所であり、制服を着た有能な能吏であることが求められるのです。

その様な高級幹部を日々見ている海幕勤務を出入りするような若手エリート幹部がどのように育つのかは言わずもがなでしょう。

操艦が上手い、大砲やミサイルに詳しい、海上での運用作業がスマートにできる ・・・・ などなどは人事評価には影響しません。

このため、艦艇部隊の指揮官以下はその勤務期間を “無事故で大過なく過ごす” ことが重要なのです。 いわゆる経歴を付ければ良いわけですので。

海軍の伝統と言われる 「スマートで、目先が利いて、几帳面、・・・・」 というのは今は昔の話しで、現在では艦艇勤務においては何らの意味もありません。

しかも中級幹部にとって、術科学校の幹部中級射撃課程や水雷課程など、そしてその後に幹部専攻科を出てその道のプロとなるより、幹部中級用兵課程、続いて幹部学校の指揮幕僚課程を経て、統合幕僚学校の一般課程を出ることが重要です。

こういう中級幹部以上がいる艦艇部隊において、初級幹部が船乗りとしてプロになろうとする土壌が育つわけがありません。

そしてこのような幹部達の姿を海曹士も実によく見ています。 “何だそうなのか、その程度でいいのか” “うちの今の艦長はエリートだから、事故などで傷を付けないようにだけ注意しておけばよい” となります。

それに、海曹で部内幹部の受験資格ができると毎年強制的に受けさせられます。 彼等にしてみれば幹部になれるわけですから、喜んで頑張る者も多いのです。

( もし受験しないと、“こいつは向上心がないのか” “指導が悪い” と分隊長や分隊士に人事課からお小言が入ります。)

このため専門技量に優れた腕のある海曹が現場からどんどんいなくなり、しかもその部内幹部になった者達は今度は本来の専門とは関係のない初給幹部としての業務に忙殺されることになります。

そして海曹士の昇任は、毎年の昇任試験 (筆記試験で、専門の技量とはほとんど無関係) の成績が重要、というよりほとんどこれで決まってきます。

加えて少し前から曹候補生制度により入試の筆記試験で合格して海士になった者達は、経験や技量に関係なく、所定の年数が経てばほぼ自動的に3曹になります。

さて、こういう状況で、真のプロとしての艦艇部隊が育つのでしょうか?

そして現在では今まで無かった様々な任務が増えてきて、それの準備や訓練も合わせると極めて多忙になってきています。

じっくり基礎的・基本的な専門技量を身につける暇がありません。 極端な話し、護衛艦でソーナーを担当する水測員の中には、1年間実際の潜水艦と訓練してその生の音を聞いたことが無い、という者まで出てきている始末と聞いています。

それでなくとも、諸外国海軍の常識では考えられない、艦艇 ・航空の用兵幹部 (Line Officer) でない者が海自幹部のトップである海幕長になる。

これでは艦艇部隊の士気が揚がるわけがありません。

何だ、きつい艦艇勤務を選ばなくとも、陸上でデスクワークしかしない職種でいいんだ、と。

================================
↑ ここまで

この様になってしまった海上自衛隊の現状は口コミでもどんどん広がっています。 これが若い人の募集に影響が出ないわけがありません。

船乗りを育ててこなかった海自、船乗りを大切にしてこなかった海自。

平成の30年間は特にそれが顕著であったと思います。 その大きなツケの一つが今 “人手不足”、と言うより入隊希望者の減少と艦艇勤務の敬遠、いえ忌避となって現れています。

( もちろん、艦艇乗員の充足率の悪さは今に始まったことではないのですが ・・・・ )

posted by 桜と錨 at 17:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 現代戦のこと

2019年04月29日

今日はお刺身


GWに入り漁も市場もほぼお休み状態、いつもの小さなお魚屋さんは今日と明日のみ予約分だけ受付で、店先は閉まっています。

折角皆が帰ってきますから、美味しいお魚をと思って先週中に頼んでおきましたので、昼に取りに行ってきました。

Osashimi_h310429_01.JPG

注文内容は、5人前で6 ・7種くらいとだけお願いし、後は目利きの若大将が市場で選んだものでお任せ。

なかなかバラエティーに富んで、しかもいつもどおり新鮮で大変に美味しかったです。 それに驚くほど安い。

ここのお刺身を食べると、もうちょっと他のところでは食べる気にならない程です。

今回はこのお刺身盛り合わせの他に、天然の大きな真鯛一匹を捌いてもらって明日・明後日で色々な料理に使えるように。 もちろん大きなアラも一匹分。 孫娘もお手伝いをしてくれるようで、楽しみです。 

良いお店を見つけたと本当に嬉しい限りですね。

posted by 桜と錨 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月28日

え〜っ、バーベキュー?


GWが始まりまして、新幹線で来る孫娘は昨夕来襲しましたが、車で来る孫は途中で一泊して今夕来襲することに。

ところが天気予報は今のところ明日未明から3日間は雨模様です。

で、今日は曇り空ですが何とか一日保ちそうで、朝から “庭でバーベキュー、バーベキュー” と騒ぐのが一人おりました (^_^;

家内もただ焼くだけで良いのでそれにしようと、孫娘の三人で買い出しに出かけまして、午後から庭で準備。 そして孫達ももうすぐ来るだろうとまだ明るい内に先に食べ始めたのですが ・・・・

GW_BBQ_h310428_01.JPG

残念ながら案の定途中で渋滞に巻き込まれたようで、着いたのは夜になってからでした。 孫のための鯉のぼりやデッキのマットなども用意していたのですが、今日はちょっと間に合わず。

GW_BBQ_h310428_03b.JPG

GW_BBQ_h310428_02.JPG
( 晴れの日にはと、マットはこの倍の広さ分あるのですが ・・・・ )

もう私や孫娘達は既にお腹一杯になっておりましたので、改めてコンロに火を継ぎ足して二女夫婦の分を。

GW_BBQ_h310428_05.JPG

GW_BBQ_h310428_04.JPG

でもこの季節なのに何故か寒いんです。 私などは真冬用の防寒ジャンバーを持ち出して着込みました (^_^;

数日間ですが、久しぶりにまた賑やかな我が家になりました。 嬉しいことです。

posted by 桜と錨 at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

沖縄本島の 「小禄」 「佐敷」 航空基地


本家サイトで平成最後となりました今週の更新は、先週に引き続き 『旧海軍の基地』 コーナーにて 「小禄」 及び 「佐敷」 の2つを追加しました。

   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/Nav_Air_Base_list.html
   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/022A-Koroku.html
   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/A026_Sashiki.html

ただ、後者については旧海軍において戦前から 「佐敷基地」 あるいは 「馬天基地」 と呼ばれてきた水上機基地ですが、本ブログでも連載いたしました日辻常雄氏 (海兵64期) の回想録 『大空への追想』 でも出てきますように、その名は旧海軍部内でもよく知られているにも関わらず、基地の詳細については全く不明なところです。

もしご存じの方がおられましたら、是非ともご教示いただきたいと存じます。

なお、本家サイトの同コーナーでの方針として、いわゆる 「秘匿基地」 と呼ばれる戦時急造の航空基地で、計画のみ、あるいは途中で工事中止となり放棄したり終戦までに完成しなかったものについては、日米の詳細データが揃ってるもの以外は、これまでどおり基本的に含めないことにしております。

例えば、「小禄」 近傍で工事途中に放棄された 「与根」 航空基地予定地などです。

AB_Koroku_photo_1945_02_mod.jpg
( 米軍により小禄基地上空から撮影された与根航空基地予定地跡 (奥) )


これにて南西諸島所在の旧海軍航空基地を全て終りましたので、この後他の地域と同様に南西諸島所在の旧陸海軍航空基地の概観一覧ページを作成したいと思っています。

この旧陸軍の基地の内、「沖縄北」は本来は旧陸軍の基地ですが、旧海軍との共同運用であり、また旧海軍も本基地に航空隊司令部に準ずる通信施設なども置いておりましたので、本基地の詳細については他の旧海軍の航空基地と同様に1ページを作成することで考えていますが ・・・・ ?


posted by 桜と錨 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2019年04月26日

4月25日付 『朝雲新聞』


『朝雲新聞』 の 「世界の新兵器」 コーナーで艦船シリーズとして4ヶ月毎に掲載していただいてる私の第9回目で 「平成」 最後の記事となります。

今回はいつもの戦闘艦艇ではなく、現在同型艦4隻が順次建造中の英国海軍の高速艦隊給油艦 「タイド」 級についてです。

#9_h310425_Tide_m.jpg

満載排水量で3万8千トンという大型艦ですが、補給艦ではなく給油艦に特化したところに特徴があるといえます。

しかしながらこの 「タイド」 級、設計自体は英国なんですが、建造は4隻一括で韓国3大造船メーカーの一つである 「大宇造船海洋」 に発注したのです。

韓国で建造された戦闘艦艇については、これまで様々なトラブルの発生が伝わってきておりますが、案の定というか、本級でも1番艦の艤装中に機関関係の不具合が見つかり、これの解決ために1番艦と2番艦の就役が約半年遅れてしまいました。

もちろん原因は、設計自体にあったのか造船所側にあったのか、の詳細は不明ですが (^_^;

現在3番艦までが就役しており、就役後についてはこれまでのところ大きなトラブルの発生は生起していないようです。

上で「英国海軍の」と言いましたが、正確にはご存じのとおり、英国海軍における補助艦艇は全て 「英国海軍艦隊補助部隊」 (RFA、Royal Fleet Auxiliary) という海軍自体とは別の組織に属し、武器等担当の少数の海軍軍人が乗り組む以外は、民間人の手によって運航されています。

このため本級も正規の 「軍艦」 ではありませんので、軍艦旗の 「ホワイト・エンスン」 ではなく、商船用の 「ブルー・エンスン」 の一種を掲揚しています。

RFA_ensign_s.jpg

この RFA は米国の 「軍事海上輸送軍団」 (MSC、Military Sealift Command) に似た組織で、作戦時には配属された艦隊の指揮下に置かれます。 そして、MSC は非武装であるのに対して、RFA は平時から武装しているところに大きな違いがあります。

そして皆さんご存じのとおり、1982年のフォークランド紛争においてアルゼンチンに占領されたフォークランド諸島の奪回のため、英国海軍は大遠征を行って大きな犠牲を払いながらも見事にこれを完遂した訳ですが、この大遠征の作戦を支えたのがこの RFA でした。

何しろ世界に誇る豪華客船であるあの 「クイーン・エリザベス2世」 や 「キャンベラ」 を徴用してまで運用したのですから。

posted by 桜と錨 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2019年04月24日

豆台風来襲の前に


御代替わりによって初の10連休となるGWですが、前半に孫娘と孫達が揃って来ることになり、狭いウサギ小屋の我が家の家中を大あわてで片付け中です。

特に孫は、ハイハイを始めて活発に動き回るようになったようですので、あちこちその対策もしなければなりません。

ついでに、ベランダに出て遊べるように、近くのホームセンターへ行ってマットも準備。

でその帰りに、一息つくためにバタバタ ・アタフタしている家内と一緒に近くのランチへ。

Lunch_h310424_01.jpg


昨夕からの雨はもうすぐ止みそうです。 明日は何とか晴れそうですので、5人分の寝具一式をどっさりと干して日に当てなければなりません。

posted by 桜と錨 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月22日

呉水交会懇親会


昨日は呉水交会の懇親会で、私も案内をいただきましたので参加してきました。

Kure_Suikoukai_h310421_01.jpg

年次総会とそれに続く講演の後に行われましたが、私は懇親会のみで (^_^;

約2時間でしたが、出席者の多くは顔見知りばかりですので、これはこれで楽しい一時でした。


ところで、この懇親会初めの乾杯の時に、発唱の音頭は来呉した水交会本部の赤星現理事長だったのですが、その発唱の前に一言 ・・・・ 水交会の会員数が本年遂に5千名を切った とのこと。 そして、その内の約3千名が海自OBで、しかも年々減少の傾向にある ようです。


水交会のあり方については以前に本ブログでも書いたことがありますが、海自OB会であった 「海上桜美会」 との合併の話しが出た時、海幕副長をされた佐伯聖二元海将が “ツケを将来の海自OB達に回すな” と言って反対されましたが、まさしくそのことが現実となって現れているわけです。

「OB会が無い海上自衛隊」 :

「再 ・ 「水交会」 は海自OB会ではありません」 :


「水交会」 は海自OB会ではありませんし、またあり得ません。 主旨が全く異なる別物だからです。

当然ながら、海自OBだからといって水交会に入らなければならない理由などは全くありません。 水交会の主旨に賛同する者が個人の自由意志で入れば良いだけのものです。

その一方で、海自にはOB会が無い (無くしてしまった)。 会社・学校・官公庁など一般的な組織であるならばあるのが普通であり、むしろ当然のことが、海自ではそれが無いというおかしな現状が続いています。

しかも、歴代の元海幕長経験者が順番でたらい回し式に理事長に就任し、元海将・将補クラスが本部の役員の多くを占めることが当たり前になっていますが、理事長以下その当事者達はこのおかしな現状を改革・改善するつもりは全く無いようです。

その上、現理事長曰く、「政府・防衛省に対する政策提言を行ってきており、水交会の存在感を高めている」 ???

そんなものは 「水交会」 としてではなく、単に元海将連中が好きなように集まって、退職後の暇つぶしとして好きなようにやれば良い話しでしょう。

そんなことが普通の海自OBにとって水交会に入りたいと思う動機になるとでも? 年会費5千円を払ってまで?

う〜ん、ちょっとですよね (^_^;


水交会呉支部などは、これまでのところ 「呉水交会」 として本部の運営とは一線を画して きており、また年会費3千円の 呉水交会会員という独自の制度 も設けています。

そして、一般市民の会員が様々な行事において活発に参加する一方で、OB会が本来機能すべきOB間の交流・親睦もまた色濃く持っています。

もちろんこれは、呉地方という比較的狭い範囲での活動が中心であり、かつその地域に居住する人達が中心だからともいえるでしょうが。

これもあって、「水交会」 の会員減少傾向の中にあって、「呉水交会」 はこのところ現状維持、あるいは微増の状態が続いてきております。

この状況を見ても、今の 「水交会」 本部の体質・運営方法のままでは、そのあり方の抜本的な改革・改善が必要であることは明白です。


まずなすべき事は 海自OB会を再興する こと。 そして その上で本来あるべき 「水交会」 というものを、海自OB会がどのように支えていくかを考える こと。

これに尽きるのではないでしょうか?

posted by 桜と錨 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月21日

南西諸島所在の旧海軍航空基地


遅くなりましたが、先ほど本家サイトの今週の更新として、『旧海軍の基地』 コーナーにて、「種子島」 「古仁屋」 「石垣 (第一、第二)」 「宮古」 の5基地を追加公開し、既に公開している 「喜界島」 及び 「南大東」 の内容を更新しました。


因みに、↓ は宮古島の旧海軍の 「宮古」、旧陸軍の 「宮古中」 と 「宮古西」 の3つが写っている珍しいものです。

AB_Miyako_photo_1945_03_mod.jpg
( 手前から平良市街、「宮古」、「宮古中」、そして奥右端に 「宮古西」 )

これのほぼ反対側からの写真は旧陸軍の基地の時にご紹介する予定にしています。


これにて、南西諸島所在の旧海軍基地の残りは、あと沖縄本島の 「小禄」 と 「佐敷」 の2つです。

この2つが終わりましたら、南西諸島所在の旧陸海軍航空基地一覧を作成したいと考えております。

posted by 桜と錨 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2019年04月18日

午後のコーヒー


会議の事前打ち合わせがあるので出た方が良いよと言うことで昼に出かけたのですが ・・・・ 結局何かの行き違いで私が出る必要はありませんでした (^_^;

で、我が家に戻って家内と午後のコーヒーに出かけることに。 いつものところで (というより近くには他に選択肢が無いので) 

Coffee_h310418_01.JPG


先日お話しした我が家の庭のボタンは、今が半分の5つが満開に。 ちょっと樹の大きさに似合わない程の大輪です。

Coffee_h310418_02.JPG

そして放りっぱなしの庭の至る所にこの白い花が咲いています。 ほとんどが数株ずつですが、中には群れているところも。

Coffee_h310418_03.JPG

ネットでは最も近いのが 「アマナ」 というのがヒットするのですが、似ているけどちょっと違うような気も ・・・・ ?

(19日 追記) : 本家サイトの談話室でいつもお世話になっているHN 「脇」 さんから、「アマナ」 ではなくて 「ハナニラ」 とご教示いただきました。 流石は自然とお友達ですね。 ありがとうございました。

花弁が 「アマナ」のようには細くないな〜と思ったのですが、ネット上の写真をちょっと見したところでは 「ハナニラ」 とも色も形も少し違うように感じたんですよね。

でも 「ハナニラ」 も別名は 「セイヨウアマナ」 と言うんだそうで、何ともややこしい話しです。 素人には花々は難しいですね (^_^;


Hamanira_h310419_01.JPG


もう少し紫っぽいのですが、安物のデジカメで腕も悪い性か、生の色がなかなか上手く出ません m(_ _)m

posted by 桜と錨 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月17日

独り言


久々に独り言を呟いてみる (^_^)

日本海軍は93式魚雷の他に駆逐艦用の短射程高速魚雷を作ろうとしていた

う〜ん、それを 「ニコニコ」 とか言うところで聞いたからというなら、そこで聞けば済むことじゃないのかなあ 〜

おそらく 試製 F のことかと。


(16日 追記) : ちょっと笑い話のような回答があったようですので

旧海軍での酸素魚雷の開発においては試製A〜Gが計画されました。

試製Aが九〇式を酸素化した巡洋艦用を狙って開発され、これが後に九三式魚雷一型となって実現、駆逐艦用としてこれの射程を犠牲にして高速化を狙ったのが試製Cですが、試製Aで手こずっている間に先に試製Fが進んだので、主機関の試作までで開発中止。

この試製Fがタービンエンジンを使用して雷速55〜60ノットを狙った、まさに “駆逐艦用の短射程高速魚雷” で、試作実験で所望の高速を得るところまで行ったのですが、開戦の結果として引き続いての実用化への開発は中止されました。


質問の話は別の話が又聞きの又聞きで内容が実際のものからだいぶズレてしまったものなのではないかと推察

キチント調べずにネット情報を自己流に解釈するとこうなるんでしょうねえ (^_^)

まあ、聞きたい人が自由に書き込み、言いたい人が自由にレスできるのが、当該某巨大掲示板の良いところでもありますので、これはこれで良いのでしょうね。


posted by 桜と錨 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと