2011年04月07日

安保清種の砲術 (5)

 さて、日本海海戦当時の「三笠」が実施した艦砲射撃について、最後のダメ押しを兼ねて、その総括に入りたいと思います。

 前回、砲術長安保清種の実施した砲術について 『三笠戦闘詳報』 から抜萃してご紹介しました。 この報告書は 『日本海海戦戦闘詳報 第一号』 (三笠機密第151号、明治38年6月10日) として連合艦隊司令長官に提出されています。

 この戦闘詳報は戦闘実施の詳細について、いわゆる “記録” として報告することが定められていますので、戦訓事項については本来的な意味からすると付加的なものです。

 そこで 「三笠」 艦長の伊地知は、将来の海戦及び戦備を念頭にこれまでの戦訓に基づいた改善・改良について、自らはもちろんのこと、主要幹部を始め、初級士官や候補生、准士官に至るまで広く意見を集め、これを纏めて連合艦隊司令長官に提出しました。 現場担当者の率直な意見をそのまま全て出した訳です。

 これが 『第二期戦闘中ノ実験ニ依リ攻究シ得タル事項並ニ将来改良ヲ要スベキ諸種ノ点ニ付キ意見』 (三笠機密第177号、明治38年7月4日) です。

mikasa_future_cover_s.jpg
( 防衛省防衛研究所保存保管の史料より )

( なお、軍令部及び海軍省も同様の意見聴取の必要性を認め、8月8日になって 「官房機密第943号」 により全艦艇から提出させることとしました。)

 伊地知艦長自身の意見を始め、それぞれ大変に興味深いことが沢山書かれていますが、ここでは本題に沿って、当の安保清種砲術長の提出分からその全項目をご紹介します。

 当時の艦砲射撃について砲熕武器と砲術の両方の実態について記されているとともに、当時の戦艦の砲術長としてどの様な事が関心事であったかが判る貴重なものです。


   日本海海戦に於ける実験事項並びに将来の改良に就いての希望

         三笠砲術長 海軍少佐 安保清種

一、砲火の指揮は全然艦橋に於いて掌握するを原則とし指揮に関する通信系統は必ず之に基づきて設計するを要す

射距離は固より苗頭も総て艦橋より令するに尤して困難を認めず然して四千内外の距離に於いては我が集弾を目標中の任意の部に移し導くを要すること屡々なり

例えば前砲台は殆ど沈黙したるも後部主砲尚ほ存する時は此部に集弾を要するが如き即ち然り是を以て苗頭も其基準を艦橋より令すること極めて緊要なり

艦橋より通信連絡杜絶したる場合には砲台若しくは各砲の独断専行に任ずる事固よりなりと雖も之れには自ら程度あり 幾種の通信装置悉く破壊するも艦橋の本能にして全廃せられざる限りは人員の往復伝令を以て最後の通信手段とし飽迄 「ブリッジコントロール」 の主義を持続するは多少発射速度に関係を及ぼすべきも比較的不確実なる砲台若しくは各砲の独断専行に優ること萬々なり

今回の海戦に於いて本艦の六尹七番砲廓の甲板敵弾に破られ廓内の砲員悉く死傷し通信機関亦た破壊せらるる中勇敢なる 番砲手は疾を忍んで独り砲側を離れず自ら弾薬を装填し一発毎に走りて廓外に到り中甲板伝令員に就き一々距離苗頭を確かめて縦横尺を整ゆ以て有効なる発砲を継続せり (注)

又た六尹三番砲廓は戦闘の初期敵弾を被り其指揮塔より艦橋に通ずる通信装置は悉く破壊せられたるも一伝令員を廓外に出し艦橋伝令の黒板に注意せしめ終期迄有効なる通信を確保し得たり

蓋し酣戦の際一発毎に砲側を離るるが如き或いは廓外に一伝令を配するが如き如何にももどかしき観ありと雖も不確実の縦横尺を以てする命中なき速射に優るや遠し 即ち砲火の指揮は艦橋の本能廃せざる限りは終始艦橋に於いて之を司らざる可からずとの断案を下すに憚らざる所なり


(注) : 6尹7番砲の事とし、かつ砲手番号が未記入ですが、「三笠戦闘詳報」 を見る限りではこれは6尹5番砲の事で、当該砲手は5番の野村幸平二等水兵の事と考えられます。


 既に何度もご説明してきましたので更なるものは不要と思いますが、ここに記されてるのは砲側照準による 「独立打方」 を如何に有効ならしめるか、ということ であって、 「一斉打方」 の方法ではありませんし、勿論この要領では 「一斉打方」 はできません。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年03月13日

安保清種の砲術 (4)

 続いて同じく 『日本海海戦戦闘詳報 第一号』 (三笠機密第151号、明治38年6月10日) から、今回はその第13項 『戦闘中の実験に依り将来改良を要すべき点』 に記されているものをご紹介します。

 まず同項の中の 『砲銃水雷其他通信之部』 から砲術関係を抜萃します。

(一) 我海軍の安式12尹砲は多数発砲に際し筒圧に対する耐破力を較々欠くる処あるやの疑あり 将来の造砲に就ては充分改良を要すべきものと認む ・・・・(後略)・・・・


(二) 本年5月三笠機密131号を以て意見上申に及びたる12尹砲々身注水冷却装置並に同5月三笠機密191号を以て意見上申に及びたる6尹砲筒中注水冷却用ポンプは実戦に際し充分有効なるを認めたり ・・・・(後略)・・・・


(三) 海戦当日の風波強かりし為め中甲板6尹砲は絶えず海水の浸す所となり ・・・・(後略)・・・・


(四) 戦時一等巡洋艦以上に対しては今日の定額弾数の約半数を増載せしむる事絶対的に緊要なるを認む ・・・・(後略)・・・・


(五) 一舷戦闘に於ても敵艦隊混乱して方向亦区々たる時に在りては屡々目標を変更し数けの目標に向かって砲火を分つ事多きのみならず激動の為め距離測定器其物の歪を生じ易きを以て測距器は少なくも前艦橋に2台据付くるの必要を認む ・・・・(後略)・・・・


(六) 防御部内を屈曲通過する電話管は戦時避くべからざる騒声の為めに頗る其明瞭を欠き殆んど用をなさざりしもの多し ・・・・(後略)・・・・


(七) 戦闘に当り各種の命令を最上艦橋より司令塔に下すに単に一条の電話管によるは頗る通信の迅速確実を欠く嫌いあるを以て ・・・・(後略)・・・・


(八) 本年4月三笠第49号を以て上申改装したる距離命令通報器は歪を生ずる事なく ・・・・(後略)・・・・


(九) 高声電話は一種独特なる蓄音機様の音声を発する為め砲声盛なる時に於ては電話管に比し頗る結果良好なりし ・・・・(後略)・・・・


(十) 敵12尹砲弾の本艦6尹装甲板を貫きたる其2個所に就き甲板の破片弾片弾痕貫通の実跡等を推究するに敵12尹砲弾は徹甲実弾と徹甲榴弾の2種あるを認むるを得べし ・・・・(後略)・・・・


(十一) 砲門を開きたる場合に其下扉の其位置に於ける 「セキューア」 は薄弱なり ・・・・(後略)・・・・


 以上の11項目が砲術関係の戦訓として記されているものです。

 そして、この第13項 『戦闘中の実験に依り将来改良を要すべき点』 の総括としてその最後に次の様に記されています。 その全文をご紹介します。

 之を要するに今回の海戦に於て造船、造兵、艤装、兵装其他各種の事項に対し実地に教訓を示したるもの多々なりと雖も彼我全力を挙げたる堂々たる海戦に於て空前の大勝を博し得たる所以を稽うるに

 無線電信が敵情偵察、勢力集中等の戦略上に資するの効果大なりし事

 実戦に射撃に幾多の経験を重ね我射撃の技倆著しく優逸なりし事

 下瀬弾の威力極めて偉大なりし事

 其命中弾明瞭にして砲火指揮上至大の効ありし事

 二三遁走敵艦を除くの外我が速力概して彼に優りたる事

 魚雷襲撃の効果確実なりし事等其主因にして交戦距離比較的近かりし事

 敵艦が石炭其他を過度に増載して帯甲水線下に没し居たる事

 風波高くして乾舷の較々低き部に穿ちたる弾孔は著しく浸水の媒たりし事

 防御甲板上に浸水傾斜したる儘高浪中に転舵し自然 「ツリム」 を失いたる事等敵装甲艦の沈没を容易ならしめたる一因なりと認むるを得べし

 果たして然らば吾人は我の由て勝ちし所以の特長に顧み愈々講究訓練の歩を進め彼の由て敗したる所以の欠点に鑑みて益々改良刷新の途を講ずるは将来の一大要務とする処にして尚ほ我下瀬弾が強猛無比の高度爆発弾たるは開戦以来の実績に徴し各国の等しく直接間接に認識し挙つて之が探求に努めんとする処となるを以て此際一層其秘密を厳にする必要あると同時に我に於ても高度爆発弾の防御に対する造船上の講究は特に其要を認む

 又特種水雷は今後の海戦に於て大に其効果を発揮し得べきを以て苟も快速を有する艦艇には悉く之れを備える事とすれば一層水雷の効果を確実にすべしと信ずるが故に充分秘密を厳にし尚ほ其構造並に使用法に関し益々講究を重ぬるの必要を認むるものなり
太字 及び改行挿入は管理人による)

 つまり 『三笠戦闘詳報』 の中ではその戦訓事項として「今後は一斉打方でなければならない」 とか 「変距率盤は有効だった」 とかは一言も出てきません。 当たり前のことではありますが。

 もし本当にこれらが日本海海戦直前に導入されていたことが事実であるとするならば、まずその事が最大の戦訓として記されなければならないはずです。

 したがって、日本海海戦における 「一斉打方」 の実施のことも、また遠藤氏の主張する英国海軍某大尉の持参したとする 「変距率盤」 の話しも、この戦闘詳報の記述によって完全に否定することができます。

 もっとも 『別宮暖朗本』 の著者なら、“重大な極秘事項を隠蔽するために戦闘詳報から削除した” ぐらいは言い出しかねません。

 実際に当該書の中で

 『公刊戦史』 もロシア側の 『露日海戦史』 も同様であるが、デスクワークに専念する少壮官僚の作文であって、実際的な問題を精神主義的なことに置き換えることが多い。 連合艦隊が日没による砲戦時間の終了を考慮すれば、早めの出撃をなすべきだった、との批判にそなえ、信濃丸の通報時刻をわざと遅らせたものだろう。
(p291) (p302) 

 などと平気で言い放つほどですから。

( 上記については、既に 「203地点ニ敵ノ第二艦隊見ユ」 (前・後編) で根拠を示して絶対にあり得ないことをご説明済みです。 余りもバカバカしい話しですが。)


(この項続く)
posted by 桜と錨 at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年03月11日

安保清種の砲術 (3)

 「三笠」 砲術長 安保清種の砲術について、続いて日本海海戦初日である明治38年5月27日当日の射撃の状況を 『三笠戦闘詳報』 の記述から抜萃して、時系列的に見ていきます。

第1次右舷戦闘

  2時07分  敵の先頭を圧しつつ左に回頭
  2時10分  射距離6千4百に至り嚮導艦 「スワロフ」 型に向て 右舷6尹前砲台
           の一斉試射
  2時11分  6千2百に至り右舷砲台の 並射撃 を開始 徹甲鍛鋼交互に発射
  2時21分  4千9百の射撃距離に到り一時 急射撃
  2時22分  射距離4千6百に於いて12听砲員を砲に配し専ら旗艦を射撃
  2時28分  並射撃 に復す 距離5千4百乃至5千7百
  2時40分  距離5千7百米突 我前部の12尹砲及び6尹砲毎発殆ど空弾無く目標
           は其の爆煙に包まれて認識し難く
  2時41分  一時打方を待つの止むを得ざるに至る
  2時47分  嚮導艦の我に向首し来るに対し射距離5千8百猛烈なる縦射を加う
  2時53分  左16点の変針と共に右舷戦闘を止む

第2次左舷戦闘

  3時11分  敵艦隊と反行射距離5千3百敵の戦闘に対し左舷砲火を集中
           嚮導艦 「スワロフ」 最近2千6百に及ぶ
  3時23分  2千9百の射距離に於いて最近戦艦 (嚮導艦と同型) 我顕著なる命中
           弾
          12听砲火は専ら 「ナヒモフ」 (距離3千3百) に集中
          目標の戦艦距離次第に遠ざかりしを以て全砲火を 「ナヒモフ」 に転じ射
           距離3千9百乃至4千2百に於いて一時之を猛射せしむ
  3時30分  射距離漸次遠ざかりしにより左舷の発射を止む

第3次右舷戦闘

  3時45分  左16点の変針を行い同行にて右舷戦闘となる
  4時01分  6千5百頗る好目標なる3煙筒の 「ヲスラビア」 を砲撃す
           次いで目標を当時戦闘に位置せる 「ボロジノ」 型に換ゆ
  4時07分  6千2百の射距離にて 「ボロジノ」 型を砲撃中前部12尹弾筒発したる
           の形跡あり直ちに筒中を検せししも異状なかりしを以て発砲を継続せり
           射距離は漸次減じて5千7百に至る
  4時10分  更に目標を換え嚮導艦 「スワロフ」 を猛撃す 射距離5千6百弾着最も
           良好
  4時13分  後部12尹砲弾筒発せるものの如く砲口近く海面に弾片飛散し濃煙を
           発す
  4時20分  射距離3千8百弾着良好殆ど艦外に落弾を認めず
  4時29分  弾薬の浪費を顧慮し 徐射撃 をなす
  4時35分  右舷戦闘を止め左8点変針続いて右8点に針路を変す

第4次右舷戦闘

  5時00分  三々五々隊を乱せる敵艦隊中2煙突の右翼艦 (戦艦の如し) に対し6
           千5百の射距離に於いて砲火を交え
           次いで5千米突なる2檣3煙突の仮装巡洋艦 (仮巡ウラル?) に目標
           を変更
           4千百に近づき猛火を注ぎ一時爆煙の為目標明らかならざるに至れり
           一時打方を中止せし
  5時18分  敵の最も左翼なる2煙突の巡洋艦を4千4百に発見し之を砲撃す
  5時28分  右舷戦闘を止め右16点の回頭

第5次左舷戦闘

  5時32分  射距離5千2百米突なる工作船 「カムチャッカ」 に対し 徐射 を行う
           次いで第4次右舷戦闘にて撃破したる3煙突の仮装巡洋艦型を射距離
           4千に近づくに至り全砲火を之に集弾し2千米突の近距離に肉薄接近
           するに至る迄連続最も猛烈なる砲火を継続す
           47密砲亦た之に加わり
  5時42分  其全く戦闘力を失わるるを見て小口径砲の外発砲を中止す
  5時52分  左舷艦首4千に敵駆逐艦を発見し小口径砲を以て之を砲撃
  5時57分  戦艦4隻単縦陣にて吾と同航6千3百米突の射距離より我左舷砲火を
           其先頭 「ボロジノ」 型に集弾
  6時04分  前12尹右砲筒発せるものの如く天蓋の前部及び砲身の一部破壊し廃
           砲に帰せし 左砲のみを以て砲火を継続
           先頭艦は我命中弾の爆煙に蔽われ照準し能わざりしを以て目標を2番
           艦に換え之を猛撃
           次いで再び先頭艦に復せしも当時夕陽に面し弾着の識別明瞭を欠きし
           を以て 徐射 となす
  7時04分  我が12尹弾の命中頗る良好
  7時10分  日没に垂んとする時本艦の砲火を止め戦闘中止

太字 は管理人による)

 以上は 『日本海海戦戦闘詳報 第一号』 (三笠機密第151号、明治38年6月10日) 中の第5項 『砲銃水雷の射撃及其威力』 を中心にして抜萃したものです。

 さて、これのどこをどう採ったら 「一斉打方」 を実施していたことになるのでしょうか?

 それどころか、ご覧頂けば容易にお判り頂けるように、この戦闘詳報に記されているものは、まさに 「加藤寛治の砲術」 でご説明してきた艦砲射撃そのままであることは明らかです。

 ましてや 『別宮暖朗本』 の著者の言う

 『三笠』 の12インチ主砲は、2時15分の第3斉射で夾叉を与えたものと推定される。 そこからは命中弾は連続する。 東郷平八郎は 「だいたい5〜6発目が一番よく当たる」 と後年語ったが、まさにこのときである。 (p300) (p311〜312) 

『三笠戦闘詳報』 によると、それ以降、12インチ砲及び6インチ砲毎発は、ほとんど空弾なく命中したという。 これが斉射法の威力であるが ・・・・ (後略)
(p300) (p312) 

太字 は管理人による)

 など何の根拠もない全くの “デタラメ” に過ぎないことがよくお判りいただけるでしょう。 よくこんな “大ウソ” が平気で書けるものと。

 これは “素人の書いたものだから割り引いて” で済ませられるような話しでは決してありません。 素人であろうと無かろうと、この著者が全く “知らない” “判らない” “調べていない” からだけのことです。 そしてその無知を棚に上げての “空想” “妄想” を書き連ねる。 挙げ句の果ては司馬氏や海軍軍人に対する謂われ無き暴言。 お粗末に過ぎます。

 もちろん、この射撃内容に限らず、開戦劈頭の敵前大回頭 (東郷ターン) や丁字戦法を含む日本海海戦の砲戦全体についても、この 『別宮暖朗本』 の記述は “デタラメ” ばかりなのですが、これについては後で別の項を設けて一つ一つ実証することにします。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年03月05日

安保清種の砲術 (2)

 『別宮暖朗本』 の著者以外にも、現在でも旧海軍が日本海海戦において 「一斉打方」 を行ったと主張する人がいます。 その代表が先にもお話しした遠藤昭氏です。

 遠藤氏のその主張の根拠とするのは次の2つです。

     1.明治38年4月の英海軍 Thring 大尉の来日 (「変距率盤」 の持参)
     2.明治38年4月17日の連合艦隊司令長官訓示

 英海軍大尉の来日については、既に本家サイトの 『砲術の話題あれこれ 第1話』 で述べているところで、この大尉の来日そのものはその事実があったとしても、ただそれだけのことに過ぎません。


 またその大尉が 「変距率盤」 を持参したとする話もまったく根拠がありませんし、かつ本ブログでもお話ししてきました様に、「変距率盤」 だけでは 「一斉打方」 が可能になる訳ではないことは、皆さん既にご理解いただいていると思います。 (しかも例え持参したとしても、一つや二つでどうなるのかと。)


 そして遠藤氏が主張する2つ目の根拠が、『戦闘実施に就き麾下一般に訓示』 と題する明治38年4月17日付けの 『聯隊機密第276号』 です。 氏はこれによって 「独立打方」 から 「一斉打方」 への転換が命ぜられ、連合艦隊は一斉にこれを実施したとしているものです。

 本当なんでしょうか? 今回はこれを検証します。

 その 『聯隊機密第276号』 ですが、原文はこれです。

rentai_276_02_s.jpgrentai_276_01_s.jpg

rentai_276_04_s.jpgrentai_276_03_s.jpg

 全5項目のものですが、注意していただきたいのは、これは連合艦隊全将兵に対する東郷平八郎の 「訓示」 であると言うことです。 即ち、間近に予期されるバルチック艦隊との決戦を控えて、連合艦隊の最高指揮官としての所信と要望を述べたに過ぎません。

 当然ながら 「訓示」 は、命令でも指示でもありませんし、戦策や法令を規定したものでもありません。 これをもって打方の変換命令を出したと解釈するのは、どの様に考えても無理があるでしょう。

 そして、この5項目中、遠藤氏が指摘するのがその第4項です。 改めてその全文を示します。

四、実戦及び射撃の経験に依るに 一艦砲火の指揮は出来得る丈け艦橋にて掌握し射距離は艦橋より号令し砲台にて毛頭之を修正せざるを可とす 殊に実戦に於いて其然るを覚ゆ 砲戦酣なるときは一艦各砲の弾着は素より各艦の砲弾一所に集注し其何れが我が弾着なるや分別する能わず 故に 一艦の全砲は同一の射距離にて発射し 其弾着を見て全砲の射距離を修正するを要す 斯くするときは艦橋よりの射距離不当なる場合には全砲弾を失うと雖も適良なれば全砲弾の命中を得結局の統計に於いて命中公算を増加すること疑うを容れず

又魚雷攻撃は水雷其物の機能に往々欠点あると、発射位置を得るの難きと、夜中敵艦の針路速力を測定するの困難なるとに依り其奏効を不確実ならしむ、然れども肉薄攻撃するときは距離の短縮に依り前記の三欠点を消滅せしむ、由来我が水雷攻撃の結果不充分なるに就いては世界已に其評多し深く戒めざる可らず 若し夫れ連繋水雷に到りては大なる技能を要せず唯だ断然敵前を一通過するにあるのみ

 ( 太字 は管理人による)

 後半は水雷戦に関するものですからご説明は省略するとして、さて、この前半部分のどこをどの様に解釈したら、遠藤氏が主張する東郷平八郎が命じたとする 「独立打方」 から 「一斉打方」 への変換命令になるのでしょうか?

 “艦橋において砲火指揮を掌握する” ことも、そして “射距離は艦橋より号令する” ことも既にご説明してきたところですので、これが 「一斉打方」 を示すものではないことは皆さん十分にご理解いただいているものと思います。

 しかも、ここで東郷が訓示として言っているのは “出来得るだけ” であり、“可とす” です。 “絶対に” とも言っておりませんし、“べからず” とも言っておりません。

 ましてや、“全砲は同一の射距離にて発射し” とは言っていますが、“一斉に発射し” とも “斉射をもって” などとは一言も言っていないことにも注意して下さい。

 これを要するに、この 『聯隊機密第276号』 は 「一斉打方」 とは何の関係もないと言うことです。

 したがって、遠藤氏の言う

 T大尉が日本側にイギリス海軍の研究成果を伝え、新兵器の 「変距率盤」 (the tool of rate of change of range) の説明をしたのが、翌4月15日。 そして日本側が対策会議を開催したのがその翌日の4月16日。 この日、東郷大将は今の日本式の射撃法 (「独立打ち方」) を廃止し、イギリス式の射撃法 (「一斉打ち方」) に変更することを決意した。 大将の決意は4月17日に連合艦隊全員に布告 (聯隊機密276号) された。 まさに、日本海海戦の40日前であった。
( 『戦前船舶 号外』 (平成16年10月) 6頁 )

 などは、何の根拠も伴わないちょっとお恥ずかしい限りの空想で、これで 「一斉打方」 を主張するのは全くもって無理な話しですね。

( そもそも、この時連合艦隊では 「聯隊日命第16号」 に基づいて4月10日から順番で常装薬艦砲射撃を実施中です。 そして4月17日には東郷は 「八雲」 「吾妻」 の射撃を視察しています。 「一斉打方」 への転換を命じたのであるならば、一旦中止をして、その転換を完了したところで改めて行うのが当然の筋です。 戦時中といえども年に1〜2回程度しかない、訓練の総仕上げとも言うべき貴重な常装薬射撃を、漫然と継続する訳がありません。 たったこの1点をもってしても、遠藤氏の主張は誤りであると簡単に断言できます。)

 そして、ダメ押しの文書です。

 “射距離は艦橋より号令し砲台にて毛頭之を修正せざるを可とす” というのがどの様な意味なのかは、既に 『加藤寛治の砲術』 のところでも詳細にご説明したところです。

 ところが、この東郷の訓示で “毛頭之を修正せざるを” と言ってしまったものですから、やはり多少の混乱があったものと考えられます。

 現場の砲術長以下にしてみれば別にどうと言うことはないのですが、艦隊内、特に艦長が砲術畑でない様な場合などには、例え訓示とはいえ流石に司令長官の一言であるだけに、その解釈を巡って砲術長・砲台長との間で色々問題が発生したであろうことは容易に想像できます。

 そこで、5月3日になって改めて出されたのが、次の 『聯隊法令第24号』 です。

rentaihourei_24_01_s.jpg

 これは 「法令」 ですから、先の「訓示」と異なり、従わなければならない事項について具体的に規定されています。 これによって、艦橋より令される射距離の意味も明確に定義され、誰がみても解釈に齟齬が生じないようにされました。

 内容は既にご説明してきた当時の砲術の要領そのままであり、改めてそれを連合艦隊として正式に追認したもの、ということです。

 そしてこれはつまり、日本海海戦においては 「三笠」 を始め連合艦隊のどの艦たりとも 「一斉打方」 は実施していないという証明でもあります。

 遠藤氏を始め 「一斉打方」 実施を主張する人達は、先の 『聯隊機密第276号』 を探し出してきてそれを根拠にしたものの、ここまでは誰も調べていないんですよね。 (というより、例えこの文書を見つけたとしても、その意味が判らなかった?)
(この項続く)

(注) : 本項で使用した各画像は、総て防衛省防衛研究所が保有・保管する史料からのものです。

posted by 桜と錨 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年03月03日

安保清種の砲術 (1)

 前回は 「三笠」 砲術長として黄海海戦を戦った加藤寛治が、その海戦において、そしてその教訓を得た後においてどの様な砲術を採用していたのかを2つの文書を根拠としてお話ししました。

 結論としては当時の旧海軍では 「一斉打方を行ってない」 「できない」 と言うことなのです。

 しかし、中には “加藤寛治に替わった安保清種が日本海海戦において実施したのでは?” と思われる方もおられるかも知れません。

 これを主張する最先鋒の一人が遠藤昭氏なのですが ・・・・ これは本家サイトの 『砲術の話題あれこれ』 で途中までお話ししているとおり、その主張の理由が全く根拠のないもので、お酒の肴にもなりません。

 既にお話ししてきました様に、一斉打方を行うためには、それまでの 「三笠」 の装備・設備・施設は勿論、射撃指揮組織では適応出来ません。

 そして、もし仮にこれらが新たに整ったとしても、その為に乗員の訓練を一からやり直さなければなりません。 全く新しい手順に従って。

 考えても見て下さい。 明治38年2月13日付けで発令になり、3月10日に 「八雲」 砲術長から着任した安保清種に、5月27日の日本海海戦までにこれが出来たとお考えになるでしょうか?

 安保清種にとっては、「三笠」 砲術長としての新たな職務に習熟することが精一杯であり、そして前任者の加藤寛治のやり方をそのまま引き継いで、これの練度向上に努める以外に無かったであろうことは容易に想像がつくことです。 バルチック艦隊がいつ来てもおかしくなかったのですから。

 このこと一つを考えただけでも “絶対に不可能” であったと断言できます。


 それでは順を追って、これを証明していきたいと思います。

 まず最初は、上記のとおり、もしそれまでのやり方から新しい 「一斉打方」 に転換したとすると、3月10日の安保清種の着任以降 「三笠」 の砲術訓練でそれが行われていなければなりません。

  『三笠戦時日誌』 には日々の状況が詳細に記されています。 幸いにして今日ではこれは 「アジア歴史資料センター」 からネット上に公開されていますので、その38年2月分から5月分までを是非一度目を通してみて下さい。


mikasa_wd_m3802_cover_s.jpg   mikasa_wd_m3803_cover_s.jpg

mikasa_wd_m3804_cover_s.jpg   mikasa_wd_m3805_cover_s.jpg
( 画像 : 防衛省防衛研究所所蔵史料から )

 これをお読みいただければお判りの様に、呉での修理・整備を終えて2月17日に佐世保に回航、同20日に佐世保を出港して翌21日鎮海湾に到着しましたが、それ以降、砲術長が替わったからと言っても砲術訓練には何ら大きな変化はなく、引き続き内筒砲射撃を中心としたそれまでの訓練を更に徹底して行っています。

 そしてこれらの訓練の節目になるのが、内筒砲対抗射撃です。 これは連合艦隊司令長官命により実施されるもので、2隻が組になりそれぞれが曳航する標的を相互に撃ち合い、成績を艦隊中に公表するものです。 3月以降日本海海戦までの間に3回行われています。

 これらにおける 「三笠」 の成績は次のとおりです。

回 次実 施 日対 勢射距離 (m)命中率 (総命中弾数/総発射弾数)
第1回3月28日並 航380 〜 68023.5%  (154/656)
反 航250 〜 720 6.4%  (71/1106)
第2回3月30日並 航390 〜 660 37.6%  (683/1814)
反 航370 〜 950  8.6%  (127/1470)
第3回4月 5日並 航360 〜 640 45.4%  (631/1390)
4月 6日反 航280 〜 55030.7%  (285/927)
4月 7日並 航250 〜 580 52.5%  (894/1703)

 回を追って成績は向上していますが、それでも 「三笠」 の成績は第1戦隊の他艦には及ばず、毎回その結果について艦長の叱咤激励の訓示が行われました。 勿論その中にも、打方や訓練方法を換えたから云々、などとは一言も出てきません。

 既にご説明ましたように、内筒砲射撃というものは砲術長・砲台長の射撃指揮法や射撃関係員のチームとしての訓練もありますが、その主体はあくまでも射手の照準発射の演練です。

 したがって、対抗射撃において良い成績を出すためには、各砲の射手それぞれが各自で照準の最も良いと判断した瞬間に引金を引くことです。 これはつまり 「独立発射」 であって、斉射のために発射時期を令される 「発令発射」 ではありません。

 当時の砲術としては、決定距離を得るための試射の一部で斉射を用いるかどうかは別にして、艦砲の命中率を高めるためには本射は 「独立発射」 が当然と考えられていました。 だからこそ 「急射」 「常射 (並射)」 「徐射」 という区分が教範で規定され、個々の砲はそれぞれの射手が自己の照準の最も良い瞬間を判断して発射することになっていたのです。

 そして射撃計算、即ち苗頭・照尺だけは出来るだけ艦で統一したものを使おうと努力していました。 ですからその命令・号令が確実に伝達されるように通信伝達訓練も合わせて行われていました。

 これを要するに、5月27日の日本海海戦において 「三笠」 の艦砲射撃のやり方は、先にご説明した加藤寛治の砲術そのままであったと言えます。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月16日

加藤寛治の砲術 (10)

 9回に分けて加藤寛治 「三笠」 砲術長が自らものした 『八月十日の海戦に於て砲火の指揮に関し得たる実験要領』と、それを受けた 『三笠戦策』 をご紹介しました。

 さてこの項の最後に、例によって 『別宮暖朗本』 のウソと誤りだらけの記述についてです。

 5000メートルを超える中長距離砲戦では、斉射法は必須である。 ところが、現在に至るも誰が斉射法を発見したのかははっきりしない。 これは当然のことで、当時海軍砲術というのは、各国にとり死活的重要な国家機密だった。

 ただ、どの艦隊が実戦で初めて実行したのかははっきりしている。 すなわち日露戦争の黄海海戦の連合艦隊である。 このとき砲戦は1万2000メートルの遠距離で発生した。
 (p67) (p71) 

 「独立打ち方」 では、中口径速射砲がバラバラのタイミングで発砲するために、爆風が常時発生し、互いに照準をとることが困難である。

 また長距離実弾射撃をやれば、砲術計算の必要から 「独立打ち方」 が成立しないことは、誰でもどこの国でもわかる。
 (p68) (p72) 

  「斉射法を初めて実戦でやり、勝利した男」 の栄冠は戦艦三笠砲術長加藤寛治に与えられるべきだろう。 (p68) (p72) 

 結局イギリス海軍は、黄海海戦の観戦武官ペケナムの報告により、斉射法による長距離射撃が実際にできることを初めて知ることになった。 (p68) (p72) 

 この海戦を観戦したペケナムから (当時船便のため3ヶ月後) 長距離砲戦の概況報告をうけ、フィッシャーはドレッドノートと名付けられることになる 「オール・ビッグ・ガン・シップ」 の構想を練った。 (p208) (p215) 

 “外堀攻め” の 「艦砲射撃の基本中の基本」 から “本丸落とし” の 「加藤寛治の砲術」 まで、これまでのご説明で十分お判りいただいていると思いますので、もう何も付け加えることはありません。

 これを要するに、この 『別宮暖朗本』 の著者がいう艦砲射撃は、砲熕武器というハードウェアについても、そして砲術というソフトウェアについても、全くのウソと誤りの羅列に過ぎない、ということをその根拠を示して証明してきました。

 結局の所、最後の最後、この 『別宮暖朗本』 の最も核心部分でありキャッチフレーズでもあることについてさえ、この著者は全く何も “知らない” “判らない” “調べていない” ことが明らかで、それを棚に上げてのトンデモ話しでしかないと言うことです。

 しかも、加藤寛治がやってもいない 「斉射法」 などペケナムが報告できるわけもないのに関わらず、それを勝手に妄想した上で、英海軍の砲術の大家パーシー・スコットに対して、

 イギリス海軍のパーシー・スコットは鯨島砲術学校の校長となり、速射砲による連続射撃の実験を行い、本人は斉射の実験を1901年からしばしば試みたと回想している。 ・・・・ (中略) ・・・・ 唯一残るスコットの回想 (注) はイギリス海軍の実際と相当に乖離している。 (p68) (p71〜72) 

(注) : 『Fifty Years in the Royal Navy』 (Admiral Sir Percy Scott, 1919)


PercyScott_Fifty_01.jpg

 などと、何の根拠もない暴言を吐いてまで。

 この砲術の話しが 『別宮暖朗本』 の表看板としての “ウリ” だというのですから、まったくもって驚くばかりです。

 砲術はもちろん、海軍や艦艇についても何等の素養もない素人さんが調子に乗ってものした “空想” “妄想” 話に過ぎないものを 「これが真実だ」 と言う。 その揚げ句に暴言の数々。 余りにもお粗末です。

 そして更に言うなら、このような全くの素人さんの書いたものを、何等の裏付けも取らずに安易にそのまま本にして世に出す 「並木書房」 や 「筑摩書房」 の出版社としての姿勢も当然問われて然るべきでしょう。
(この項終わり)
posted by 桜と錨 at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月14日

加藤寛治の砲術 (9)


     照準点

一、四千米突以上の射距離に在りて横射に在りては敵艦如何なる方向に在るを問はず敵艦首より約四分の一の処にして前檣の直下 (二檣の場合を言う一本檣の時は最前部煙突の前方前艦橋の下を言う) 水準線上約三分の一の所 (甲) と改む縦射に於ては乾舷上中部 (乙) を照準するものとす


mikasa_sensaku_02.jpg

二、四千米突以内の距離に在りては十二尹砲は主として中央機関部の水準線直上を照準し (丙) 六尹以下の砲は飽迄も第一項を継続するものとす


三、三千米突以内に在りては十二斤砲以下は主として六尹砲台以上艦の中央部に射注するを要す


四、水雷艇 (駆逐艦) は常に其の艇首を照準す可し


五、照準線は如何なる場合を問はず必ず敵艦の艦首より此を導き前記の照準点に至らしむるものとす


六、通常射手が引金を曳き発砲するの作用を為したる瞬間より弾丸の砲口を離るるに至る迄は平均約半秒の間隔ある事を記憶す可し


 照準点の設定については、この後の 「付言」 の項でその主旨について出てきますので、そちらと併せてお読みください。

     号 令

一、号令は総て号音、電話管、電気通信機及白書したる黒板を以てす


二、敵の軍艦水雷艇に向て同時に交戦する時は各必要なる号令の頭首に敵艦或は水雷艇なる語を冠して区別するものとす


三、距離の言令には左の発音を用ゆ
  ヒト フタ サン ヨン  ゴ  ロク ナナ ハチ キュウ ジュウ
  一  二  三  四  五  六  七   八   九   十


四、目標となす可し敵艦艇を示さざる時は砲台長或は砲台附将校は前に本職の指示する方針に従ひ適宜の選択をなし示令するものとす


五、先頭艦は戦闘艦と国音等しきを以て嚮導艦の語を用い最後の艦は殿艦なる語を用ゆ其の他の艦に在りては先頭或は我より見て右或は左より番号を以て示し 「右或は左より何番艦」 と唱ふ


六、転舵を為す時は面舵 (取舵) 宜候と唱へて砲台に通報す


七、射距離正確なりと信思するも弾着不良なる時は砲種或は砲番号と共に遠近を示して不良なるを知らしむ


 特にご説明を要するものはないと思います。

     付 言

(イ) 八月十日の海戦は砲弾の被害をして比較的艦の後部に多かりしを確証せり
而かも巨弾の破孔と雖も中央以後に於ては艦の応力より生ずる所の妨害を受けずして防水塞孔に易く吾人が最終の目的たる敵艦の進退度を失はしめ且つ之を撃沈するには極力彼の前部に集弾して比較的軽弱なる前部水準線の破壊を逞ふするにある事疑を容れざる所なりとす
此れ本職が戦策に於て六尹砲以下の照準点を敵艦前檣直下水線付近と変更せる所以にして唯だ十二尹砲に在りては尚ほ其の命中公算を減殺せしめざるの考慮より従前の如くに止めたり
各砲台長は深く此意を解し六尹以下の砲手にして努めて敵艦の前部に集弾するの習性を平素より涵養するに十二分の努力を希望す


(ロ) 厳格なる射撃軍紀の維持は砲戦中敵に制勝すべき唯一の素因なり
戦已に酣に砲声殷々号令の通達を妨げ砲火の指揮将さに錯乱せんとするに至るを見ば本職は直に 「打方待て」 の号音を発し一時射撃を中止し砲手を沈着せしめ静かに射撃諸元を修正して更に発砲を開始せしむる事あるべきを以て砲戦中此号音を聞かば各砲台は即時に発砲を止め静粛に且つ尤も留意して新諸元及射撃命令を聴取することに努むべし


 (イ) 項については、日本海海戦におけるバルチック艦隊に与えたダメージを見る時、この方針が守られ、かつ適切であったことが判ります。 逆に言えば、それが出来る砲戦距離でもあったわけですが。

 (ロ) 項についても、日本海海戦における諸艦の戦闘詳報を見るに、この方法が有効であったことが判ります。 そして逆に言えば、これが 「一斉打方」 ではなく、砲側照準による 「独立打方」 であったことの一つの証拠でもあります。

       水雷戦策

一、魚形水雷は甲種水雷を使用す 但し乙種調和器発条に変換し得る準備あるべし


二、水雷の発射角度は前部は正横前十度後部は正横後二十二度半なる故に逆行の場合には艦首より其の角度迄の方位以外に於ては殆んど発射の時機なきを以て其の方位以内に於て発射の時機を得る事に努む可し同行の場合には之に及ばず


三、敵艦隊と平行の場合に於て正横距離二千五百米突以内にあらざれば発射の時機を得る事難し此線上に於て発射し得る最遠距離は約五千米突にして正横より四点又は五点以上の方位以外に於て照準を定むるの必要あり


四、艦隊の戦闘に於て本艦が敵に接近するの機会は寧ろ前部発射管に多きを見るならん故に乙種若は甲種の変換は一層迅速ならん事を要す


五、水雷発射の為め転舵の必要あるも砲火の妨げをなすことなく其の成功を期し得るの時に限り施行せんとす

(終)

 水雷戦術のことですのでここではご説明は省略しますが、魚雷についてこの後別項にてお話しする時のために覚えておいていただきたいと思います。

 それは 「甲種水雷を使用す」 と言っていることです。 そして必要に応じて何時でも乙種に切り替えて使うということを。 (えっ、何を言いたいのかもう判った、ですって? 鋭い!)
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月12日

加藤寛治の砲術 (8)


    射距離

一、八千米突以外に於ては発砲せざるを例とすと雖も指命砲火を試むる事在るべし但し十二尹砲は一万米突以内に入て試射をなす事在るべし


二、七千米突内外に於て砲種を指命し緩発射をなさしむるを例とす


三、六千米突以外に於ては急発射を行はざるを例とす


四、故障の為め艦橋或は司令塔より号令杜絶する時は砲台長は所信を以て下令し独断砲火の最大効力を期す可し


五、艦橋より令する射距離は六尹砲を基準とし弾丸命中の必すべき確信せる者を指示するを以て該種の砲に在りては随意に変更するを許さずと雖も他種の砲に在りては砲台長は其の性癖を鑑み是が修正をなす者とす


六、若し射手の性癖に依り自ら弾着の正中を期する能はざるを確信するものは照準するに当り現視点を加減して修正するを要す


七、砲台長の号令杜絶する時は砲台附将校又は射手は弾着に依り距離を修正する事を得


 海戦における砲戦距離は、日露戦争開戦前においては3〜5千メートル、砲戦開始時においては最遠距離でも6千メートル程度と考えられていました。

 これは明治36年に海軍大学校が作成した 『艦砲射撃要表』 でも明らかです。

youhyou_cover_s.jpg
( 『艦砲射撃要表』 表紙   本家サイト所蔵史料より )

 この要表は、主として砲術長以上の指揮官、参謀用に作成された、ポケットブック式の見開きのもので、厚紙が裏打ちされています。 各種砲の簡易射表や、各種参考データ、距離苗頭簡易修正盤などがコンパクトに纏められている非常に便利なものです。

 そしてこの要表の 「常用射表」 の部は次のとおり射距離6千メートルまでしかありません。

youhyou_p4_s.jpg

 つまり、当時は艦砲の砲戦能力は勿論、指揮要具・通信装置なども併せて、これが限界と考えられていたことが判ります。 ただしこれは砲弾が届く届かないとか、威力が有る無いの事ではありません。 射撃計算を含む、射撃指揮上の限界ということで、これより遠距離では有効な射撃が期待できないということです。 そして陸上砲撃などで使用する遠距離用の射表は別頁になっています。

 しかしながら、37年8月の黄海海戦では、冒頭の接敵運動などに錯誤があり、それまででは考えられなかった遠距離で砲戦が開始されてしまった上に、結局近距離での決戦に持ち込むことができずに終わってしまいました。

( 黄海海戦での砲戦については、また別に機会を設けてお話ししたいと思います。)

 本戦策ではこの射距離について、黄海海戦での教訓が盛り込まれており、出来る限り砲戦開始は7千メートル以下、主たる砲戦は6千メートル以下で実施したいと考えていたことが判ります。

 つまり、『艦砲射撃要表』 にも見られる様に、開戦直前に海軍大学校などにおける砲戦距離の考え方が正しかったことが実証され、遠距離あるいは反航戦では有効な射撃が実施できる目途が立たなかったということです。

 余談ですが、日本海海戦劈頭におけるかの東郷ターンは、敵艦が8千メートルに近づいたから回頭したのではありません。 回頭し終わった時に敵艦が常用射距離一杯の6千メートルになるように回頭したのです。 しかも、丁字戦法で敵の頭を押さえる位置になるように。 結果は実に見事な、ドンピシャリの回頭だったわけです。 加えて、既にお話ししました様に、日本側が回頭中は日本側はもちろんのこと、ロシア側も有効な射撃が出来ないこと理解した上で。 このことが判っていないと、世間一般によくあるおかしな論評に繋がることになります。

( もちろんこの日本海海戦における東郷ターンと丁字戦法についても、何れ別の機会を設けて詳しくお話ししたいと考えています。)

    苗 頭

一、風力及敵艦の速力を艦橋より通告すると共に六尹砲に対する苗頭は戦況此を許す限り一切の諸元を修正したる決定距離苗頭を艦橋より示令す 其の他の諸砲に在りては別表 (省略) に依り六尹砲との対照差を改正し砲台長之を令す


二、複雑なる戦況に会対し同一なる射距離及苗頭を以て発射する事能はざる時は艦橋より中央部六尹砲に対する射距離苗頭を示令するを以て砲台長は其の他の者に対し適当の修正を施し之を指揮するを要す


三、操舵の際は艦橋より通告するを以て砲台長は適当の修正をなすを要す


四、射手の性癖に依り自ら弾着の偏位を来すと確信する者は多少の照準点を傾偏して修正するを要す


五、艦橋或は司令塔よりの号令杜絶する時は砲台長は所信を以て修正し全然是が指揮をなすを要す


六、砲台長の号令杜絶する時は砲台将校或は射手は弾着に依り是が修正をなすべし


 「基準砲」 の考え方、そしてそれに伴う各砲台、各砲における艦橋よりの射距離・苗頭の修正については、既にご説明してきましたので、更なるものはもう不要でしょう。

    目標の選択

一、最近距離の敵艦を目標となすを原則とすと雖も旗艦若くは最も我に危害を与ふる敵艦を目標と為すは又本職の希望なり


二、縦陣の敵に対しては我に近き先頭艦を目標となすを例とすと雖も彼我相反航する時は次第に目標を変更し以て最近艦を狙う者とす但し追越陣形には殿艦より始むべし


三、横陣の敵に対しては我に近き翼艦を目標となすを例とす


四、指示艦を照準する能はざる砲に在りては砲台長は前項の主旨に留意し適当の目標を選択す可し


五、敵の軍艦及水雷艇 (駆逐艦) に向て交戦するに際しては十二斤砲以下の砲を以て水雷艇 (駆逐艦) を砲撃するを例とす然れども水雷発射の有効距離内に入るに及では六尹砲は是に併用するものとす


六、敵の軍艦及水雷艇 (駆逐艦) に向て交戦するに際し艦橋より下す令は主として敵艦砲撃の必要なる者を令し水雷艇の砲撃に対しては重なるものの外専ら砲台長の示令を待つを例とす


 これもそのままお判りいただけると思いますので、特にご説明を要することはないでしょう。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月10日

加藤寛治の砲術 (7)


      砲戦策

    砲火の指揮

一、砲火の指揮は本職是れが大要を掌握し其の幾分を砲台長に委かす


二、六尹砲を以て他方の基準とし其の他の諸砲に在りては砲台長は基準砲の射撃諸元及び弾着に従い射距離苗頭を修正して正確なる命中弾を期すべし

但し六尹砲射程以外に在りては前部十二尹砲塔を基準とし艦橋に於て是が指揮を掌握す後部十二尹砲塔は射撃諸元の修正に於て努めて同砲に準拠すべし


三、射距離は毎百米突を変更することに弾着は不良と認むる時期に於て示令通告す可し


四、艦橋若くは司令塔より下令する者は何人たるを問わず凡て本職より出づる者と心得べし


五、砲火の開始及継続は大約左の要領に従はんとす


  (イ) 彼我の速力及射撃すべき目標を示す


  (ロ) 六尹砲に対する基準苗頭を推算し風力と共に此を砲台に令す
但し基準苗頭は射距離、風向、風力、本砲射角 (大約の) 及び敵の針路角に対する一切の諸元を改正したる者にして六尹砲は直に此を用いて発砲し得べき者とす


  (ハ) 砲台長、砲台附は六尹砲に対しては直に之を復令し其の他の諸砲に在りては艦橋より令せられたる基準苗頭と本砲固有苗頭との対照差を施し此を各砲に復令す
但し同一目標を射撃せざる場合に於て射角に甚しき差異ある某砲は砲台長に於て適宜の修正を加ふ


 当時の射撃実施要領の基本が「基準砲」を指定して行う方法であることは、既にご説明したとおりで、その事が実際に 「三笠」 の砲戦策でも規定されています。

 ここではもう特に付け足してご説明する必要はないでしょう。

  (ニ) 目標の変距至少にして戦況之を許す時は左の順序に試射を行はんとす

    第一次

(甲) 六尹砲一門づつを以て行う指命発射法
    本法は六尹砲中最も熟練なる射手をして各独立に試射を行う者とす

    第二次

(乙) 六尹前部砲台の一舷四門を以て行う混射法
    本法は砲戦の初期に当り弾着の観測容易なるも最遠距離にして測距儀
    の指示甚だ信頼すべからざる場合に行ひ常に三 (四) 番六尹砲を以て
    基準砲と定む

   一、号令
    右 (左) 舷六尹前部砲台混射にて試し打方 ― 等差何百苗頭距離
   (等差は通常四百米突以内とす)

    砲台長は令して基準砲たる三 (四) 番六尹砲をして艦橋より令せられたる
    苗頭及射程を採らしめ基準砲より番号少なき一 (二) 番六尹砲は基準砲
    より等差を減じたる射程を採り番号多き砲即ち五、七 (六、八) 番砲は等
    差を追加せる射程を採らしむ
    其の他の諸砲は総て基準砲と等しき苗頭距離に照尺を整へ 「打方待て」
    の姿勢を保つべし

   (例) 左舷六尹前部砲台を以て本法の試射を行はんとする時等差二百射程
    七千米突とする時は四番六尹砲は七千に、二番六尹砲は六千八百に六
    番六尹砲は七千二百に亦八番六尹砲 (此の場合丈は特に四番分隊長の
    指揮下に入らしむ) は七千四百の射程に整る如し

    試砲発射用意 ― 打て (電気通報器及言令を用ゆ)

    試砲は殆んど一斉に発砲し迅速に装填して次の令を待つ本試射法に依り
    射程を修正するは左の標準に依る

    四発の内三発遠弾なる時基準射程に等差の半を減じたるものを決定距
    離とす
    四発の内三発皆近弾なる時は基準射程に等差の一倍半を加えたる者を
    決定距離とす
    四発中遠弾近弾相半ばする時は基準射程に等差の半を加えたる者を決
    定距離とす

(丙) 六尹砲台全部若くは六尹前部砲台の一舷砲を以て行う発射法
    本法は混射法に依り略ぼ射程を発見したる後更に正確に射距離を修正せ
    んとする時若くは艦隊戦闘の如き場合に於て弾着の観測容易ならざる時に
    用ゆ

   一、号令
    右 (左) 舷六尹砲或は六尹前部砲台一斉に試し打方 ― 苗頭距離

    砲台長は之を復令す戦側の諸砲は総て令されたる苗頭距離に照尺を整
    へ 「打方待て」 の姿勢を保つ
    試砲に命ぜられたる六尹砲は迅速に目標を照準し発砲の令を待つ

    試砲発射用意 ― 打て (電気通報器及言令を用ゆ)

    砲台長は此を復令し試砲は 「打て」 の令にて照準の来ると共に殆ど一斉
    に発砲し迅速に装填して再び次の号令を待つ艦橋に於ては弾着を観測し
    上檣楼の報告を斟酌して新苗頭及距離を令し再三同一の試射を繰返し
    弾着正確と認むるに至らば決定距離及苗頭を砲台に令し 「打方始め」 の
    号音を以て諸砲台の砲火を開始す


(備考)

  一、本法は努めて多数の弾丸を某点に集ぎんし以て弾着点の識別を容易ならしめ斯くのごとき落弾の集束を前後左右し結局此を以て目標を掩ふに至らしむるを修正の極度となすにあるが故に試砲たるべき各砲は艦橋より令する所の射距離及苗頭を厳守し固有差の外毫も任意の加減を許さず


  一、斉射毎回の間隔は少くも廿秒内外なるを要す


  一、本法は砲戦酣なる時と雖も弾着の観測不可能なる場合には此を用ゆることあるべし


  一、混射、斉射共に 「殆ど一斉に発砲す」 とは 「打て」 の時機に於て各砲照準線の目標に来れる者より号令に従て発射し照準線の来らざるものは尚ほ一、二秒の間隔を置き正視の時機に於て発砲するの猶予あるを示す


   (丁) 六尹砲射程以上の砲戦に於る試射
  右の場合に於ては前部十二尹砲の試射に依り射程を定む試射は独立打方
  の要領を基本とし同一の苗頭距離を以て砲塔長及砲塔次長をして別個に照
  準せしめ砲塔士官の号令に従い砲塔長の発砲に従て砲塔次長も殆ど一斉に
  発砲する準斉射法を用ゆ
  後部十二尹砲は前項の試射を了り決定距離及苗頭を得 「打方始め」 の号音
  ある迄は発砲するべからず


 試射の要領について、(甲) 〜 (丁) の4つの方法が規定されています。 そして注目していただきたいのは、先の 『八月十日の海戦に於て砲火の指揮に関し得たる実験要領』 において “ダメ” とされた方法である (甲) の1門をもってする試射法の優先度が最も高く、通常の方法であるとされている点です。

 そして当該文書には出てきませんでしたが、当時としては一般的に用いられていた 「混射法」 と言うのが新たに付け加えられ、2番目の方法とされていることです。

 その理由については記されておりませんので詳細は不明ですが、結局のところ加藤寛治が当初主張した (丙) の6インチ砲の斉射による方法では、当時の装備・設備をもってしては、その後の訓練などでも思った程上手く行かなかったものと考えられます。

 それは上記の備考で色々細かく指摘がなされていることからも推測できます。

 これを言い換えると、当時としては 「斉射」 ということだけをとってもそれが如何に難しいものであったか。 即ち 『別宮暖朗本』 の著者や遠藤昭氏などが机の上で空想に耽って出来る様な簡単なものではない、ということです。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月08日

加藤寛治の砲術 (6)

 それでは、黄海海戦後の 「三笠」 において艦長がその戦闘要領を定めた 『三笠戦策』 (砲戦策) が実際にはどうなっていたか、です。

mikasa_sensaku_01.jpg

 ここでご紹介するのは、本家サイトやこのブログへもご来訪されるHN 「へたれ海軍史研究家」 さんが入手されたもので、同氏のご厚意によりコピーを頂いたものです。 氏にはここで改めてお礼申し上げます。

 ただこれの最も残念な点は、37年8月の黄海海戦における戦訓を受けてそれまでの戦策を改訂したものですが、その改訂日が記されておりませんので、黄海海戦以降、日本海海戦までの何時の時点のものなのかが不明な点です。

 しかしながら、幸いにしてこの文書の表紙に当時第1艦隊附であった福井義房少尉 (海兵31期) の名が記されていることから、その時期が判断できます。

 つまり、福井少尉は明治37年9月23日に少尉候補生として 「三笠」 に乗り組んでおり、翌38年1月12日に少尉に昇任、同日付で第1艦隊附になっております。 そして、2月13日付けで 「出雲」 乗組を命ぜられて同18日に 「三笠」 を退艦しています。

 したがって、この文書は明治38年1月12日から2月13日までの間に福井少尉が入手したことになり、そして少なくともこの時点ではこの文書が 「三笠」 の現用の戦策であったということが判ります。

 そして、砲術長の加藤寛治はその同じ2月13日付けで海軍省副官兼大臣秘書官に補職替えとなって同15日に 「三笠」 を退艦、後任に同期の安保C種 (海兵18期) 少佐が 「八雲」 砲術長から補職替えとなり3月10日に 「三笠」 に着任しておりますから、この文書は安保C種へ申し継いだ加藤寛治の砲術の集大成でもあったことになります。

 何故なら、本戦策は当然のことながら、一艦の戦闘指揮官であり砲戦指揮官である艦長名で出されていることは言うまでもありませんが、艦長の伊地知彦治郎大佐 (海兵7期) は元々が水雷畑出身であり、ナンバー2の副長は38年1月7日付けで交代し、前任の秀島七三郎中佐 (13期) は水雷屋、後任の松村龍雄中佐 (海兵14期) は航海屋であることから、本戦策の策定に当たっては砲術長加藤寛治の意見がほぼ全面的に反映されていることは確かだからです。

 それでは、加藤寛治の砲術について、2つ目の根拠文書である 『三笠戦策』 の全文を頭から順にご紹介していくことにします。

  戦策 (八月十日海戦に鑑み増補改正す)
                      三笠艦長 伊地知彦次郎

 艦長は緒戦に於て能く其の指揮を掌握するを得ると雖も砲火一度開始せんが戦闘の変化は極まりなく種々の状態を現出すると共に混乱蝟集し往々是れが容易ならざる者あるを信ず 依て本職は茲に本職の採らんとする戦闘法を示し且つ戦闘の際下す可き号令命令等を成る可く簡単明瞭ならしめんと欲す

 本職は向後の戦闘を予想すると共に現長官の意志を考察するに最近五千内外の距離に在て交戦するを主とせらるるを相察し一意砲熕の力に信頼して勝敗を決せんとし水雷を以て第二に置き機宜に依り之を使用せんとす 本職は六尹砲を各砲種の基本とし終始是れが指揮を艦橋に掌握すると雖も其他は各部の長の技能に信頼し以て十全なる効果を発揚せん事を期す

 まず書き出しは、この戦策の策定目的と全般方針です。

 ここで注意していただきたいのは、「6インチ砲を各種砲の基本とし」 と言っておりますが、これは主砲よりも6インチ砲の方を重視することを意味するものではない、と言うことです。

 つまり、既にご説明してきました様に、各砲台長による射撃指揮を基本としていた当時の砲術にあって、艦長・砲術長が艦橋において一艦の全砲火を指揮するためには6インチ砲を基本に据えるのが最も簡単で都合がよい、ということなのです。

 即ち、複雑で面倒な主砲のことはその砲台長に任せておけばよい、ということで、決して主砲たる12インチ砲の能力・威力そのものを軽視したものではありません。 これは間違えない様にしてください。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 13:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月06日

加藤寛治の砲術 (5)

四、砲台区分
   新式艦砲操式に拠る

 明治36年版 『海軍艦砲操式』 に基づく砲台区分は、「三笠」 では前部主砲、後部主砲、前部右舷6インチ砲、同左舷、後部右舷6インチ砲、同左舷で、後は補助砲の砲台です。 そして各砲台の砲台長が自己の各砲を指揮します。

 更に、既に 「距離通報器について (2)」 でご説明しました下図のとおり、明治36年の通信装置改善工事後においても、前部主砲〜後部主砲間、及び6インチ前部砲台〜同後部砲台間の通信装置 (伝声管など) が無いことにも注意してください。

mikasa_commline_01_s.jpg
( 元画像 : 防衛省防衛研究所所蔵史料より )

 したがって、主砲、6インチ砲共に、先任の砲台長が他の砲台の指揮を採ることはできません。 つまり、砲台長では、全主砲又は片舷全部の6インチ砲の射撃指揮ができず、艦橋・司令塔からそれぞれの砲台へ号令等を発する以外にはない、ということです。

五、砲火の指揮法

  一、艦長は発砲開始に先ち彼我の速力を令し射撃すべき目標を示す


  一、砲術長は射距離、風向、風力、敵の針路角に対し射角正横に於ける六尹砲苗頭を算定し基準苗頭として之を砲台に令す


  一、砲台長砲台附は六尹砲に対しては射角の改正を施し十二听砲及び十二尹砲に対しては艦橋より令せられたる基準苗頭と本艦固有苗頭との対照差を施し各砲に復令す(対照表は別表に示す) (別表は省略)


  一、試射の方法 左の如し (主として同航の場合に適用す)

甲、六尹砲射程以外の砲戦
 一、前砲塔二門の斉射を以て行う 但し独立打方の要領に従い砲塔長及び砲塔次長をして別個に照準発射の機会を持たしめ砲塔士官の令にて一斉に発射す 此の場合に用ゆる射距離及び苗頭は全て艦橋より令する所に従う

乙、六尹射程以内の砲戦
 一、六尹砲台全部若は六尹前砲台の一舷砲を以て行う
 一、号令
  右 (左) 舷六尹砲或は六尹前砲台一斉に試し打方 某目標何浬右 (左) 苗頭何千何百
(距離及び苗頭は試砲にあらざるものと雖も戦側の諸砲は総て之を照尺に整う)
  砲台長は之を復令す 但し射角正横にあらざるときは之に対する修正を行う 各砲は砲台長より令せられたる苗頭及び距離に照尺を整え令されたる目標を照準し発砲の令を待つ
  試砲発射用意 打てー (電気通報器亦は言令を用ゆ)
  砲台長は之を復令し命ぜられたる各砲は努めて一斉に発射し迅速に装填し再び次の号令を待つ 砲術長は上檣楼の報告及び自己の観測に依り弾着点を推断し射距離及び苗頭適当ならざるときは之が修正を行い再び同一の試射を繰返し 「打方始めー」 の号音を以て諸砲台の砲火を開始す


(備考) 艦橋より令する苗頭は常に各砲の射角に対する改正の外一斉に諸元を修正したるものとす
本試射法は努めて多数の弾丸を某点に集中し以て弾着点の識別を容易ならしめ如斯落弾の集束を前後左右し結局此を以て目標を掩うに至らしむるを修正の極度となすにあるが故に各艦砲は艦橋より令する所の射距離及び苗頭を厳守し已知修正率 (例ば射角及び号令伝達に要する秒時内距離の変率) の外毫も任意の加減を許さず


 最も重要な射撃指揮に関する規定です。

 まず注意していただきたいのは 「基準砲」 という考え方についてです。

 既にご説明しました様に、砲術長は全砲種どころか、6インチ砲でさえもその総てを一括指揮することが出来ません。 したがって、砲術長が令する射距離、苗頭はその6インチ砲の内の特定の1門に対するものであり、それしか出来ない、ということです。

 即ちこれが 「基準砲」 という考え方で、この基準砲においては砲術長から令された射距離と苗頭をそのまま照準器に調定するものの、その他の砲においては、この基準となる射距離と苗頭に対して各砲ごと予め規定された方法による固有の修正を加える必要がある、と言うことです。

 つまり、ここに砲台長や各砲射手による判断が入る余地があります。 例えば、射撃をしながら自己の砲・砲台の弾着を見て射距離や苗頭を微妙に修正する、伝達所要秒時を変えて射距離を修正する、等々です。 それは上の最後の条項にも規定されているとおり、砲台長や各砲にある程度の自由裁量・任意修正が認められていたことからも明らかです。

 したがって、これがあると言うことは、射法としての 「一斉打方」 は出来ないと言うことになります。

 また、前部主砲による試射にも注意してください。 砲塔長に右砲、砲塔次長に左砲をそれぞれ照準させて斉射を行います。 これは “わざと” 散布を作るためです。 これにより決定距離を得やすくなりますが、しかし逆にそれによる修正は、砲塔長、砲塔次長のどちらの照準による弾着に合わせたのか判りません。

 したがって、以後の主砲の本射は砲塔長の照準による斉射ではない、できない、ということになります。 これは一斉打方の基本からも外れます。

 次に注意していただきたいのは、試射に続く本射のやり方についてです。

 確かに試射を6インチ砲で実施する場合には、前部砲台の3〜4門又は片舷全砲の7門をもって斉射を行うこととしていますが、それによって適正照尺 (決定距離) を得て本射に移行した後は、発砲の管制は各砲台長が実施するということです。

 つまり各砲台ごとの射撃であって、主砲、6インチ砲それぞれの全門をもってする一斉打方ではありません。

 当然のことながら、射法としての 「一斉打方」 とは試射だけのことではありませんから、上記の試射の方法をもって 『別宮暖朗本』 の著者が言う “斉射法を行った” などには勿論なりません。

 以上のことからも、加藤寛治が当時 「一斉打方」 を全く考えていなかったことが明らかです。

六、砲戦中の守則

  一、遠戦中射程以外の砲員は努て防禦部内に存在せしむべし


  一、砲台長は非戦側砲員中より若干の伝令を手裡に存し艦橋との連絡を確保すべし
(附記) 四七 「ミリ」 砲員を使用するを適当とす


  一、砲台将校及び伝令は必ず黒板と白墨を携帯し一切の号令を復令伝令したる後更に筆記して各砲に指示するの方法を執るべし


  一、砲員にして指揮将校を失い号令途絶するときは必ず艦橋に来りて必要なる射撃諸元を知り迅速発砲に従事すべし


七、艦隊戦闘に於ける目標距離の通信

  一、艦隊戦闘に在りては右の如くにして得たる決定距離及び苗頭を目標と共に旗艦若は殿艦より総艦に信号す
(例) (図は省略)


  一、旗艦及び殿艦の外は本信号掲揚さるる迄は戦機の許す限り発砲開始を待つものとす


  一、艦隊戦闘に於ては豫め目標変換の時機及び各艦其の最近艦を射撃すべき命令等の信号を定め置くを要す 八月十日の海戦は各艦の射撃目標余り個々に分散され過ぎたるやの嫌あり 亦二月九日の旅順砲撃の際は之に反し必要なる砲火の区分を実行されざりし


(了)

 この最後の2項目については、前半の教訓部分とも併せてお考えいただけば十分お判りいただけると思いますので、更に追加してご説明を要するものはないでしょう。

 これにて 『八月十日の海戦に於て砲火の指揮に関し得たる実験要領』 の全文のご説明は終了ですが、加藤寛治の砲術についてはまだ続きます。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月04日

加藤寛治の砲術 (4)

 続いて 『八月十日の海戦に於て砲火の指揮に関し得たる実験要領』 の後半で、前半の教訓事項に基づき加藤寛治が今後の 「三笠」 の砲戦のあり方についてその一方策を改善提起したものです。

 その全文を頭から順にご紹介し、ご説明します。

 以上の結論に基づき戦艦砲火の指揮に関する内規を試定せば左の如し

一、砲火の指揮系統
艦長 ―― 砲術長 ―― 伝令 (伝令管配置の将校及び下士卒)
                 砲台長 ― 砲台附 (中少尉候補生若は准士官下士)
                 砲術長従属
                 距離測定者


二、指揮者の位置
艦長             司令塔
砲術長           距離通報器の側
砲術長従属 (中少尉)    前上檣楼弾着観測
砲台長           上甲板前後六尹砲郭及び前後十二尹砲塔
砲台附           各六尹砲郭に一名宛必ず之を要す
                (但し砲台長所在の砲郭には之を置かざることを得)
                十二听砲以下は一分隊一砲台に一名宛
伝令             司令塔、斥候塔及び各伝令管に適宜


 この指揮系統・組織は先の 「斉射のやり方 (5)」 でご説明したものと同じです。 「三笠」 は開戦時からほぼこの形で実施してきましたが、変わったのは砲台附1名を6インチ砲の各砲廓ごとに置くことです。 その理由はこの後で出てきます。

 さて、「発令所」 もない、「号令官」 もいない、これで一体どうやったら砲術長の指揮の下に主砲、6インチ砲、補助砲の各砲種ごとの一斉打方ができるのでしょうか?

 つまり、黄海海戦においても、そしてその戦訓を得た後の日本海海戦においても、一斉打方はやっていないし、できなかった、ということです。

三、砲員
現在の定員にて配員するは当分の内左の標準に依る

一、六尹砲     砲郭 七名(内一名は照準器改装手となし伝令管員は射舷砲
             の七番より補う)
             露天 六名 (新式艦砲操式に依り射舷砲より補う)
一、十二听砲        三名 (朝日の如きは引揚員を二名宛とす)
一、二听半砲    檣楼 二名
   三听砲      上甲板 一舷二門に五名
一、十二尹砲    現在定員の六番若はなし得れば更に一名の怜悧なる砲手を
             加え照準器改装手となすことを絶対的に必要なり


(備考) 以上の砲員を配置するに当り要するときは探海燈員を発射管員兼務となすことを得 (朝日の如し)


 「射舷砲」 とありますが、おそらく 「対舷砲」 の書き写し間違いです。 でないと意味が通じませんので。

 それはともかく、“艦橋より令する射距離は各砲台・各砲で勝手に変えるな” というのであるならば、それは刻々と射撃計算済みの照尺距離を砲台に伝え、これを直ちに砲側照準器に調定していくことが必要になります。

 しかしながら、明治36年の 『海軍艦砲操式』 では、6インチ砲ではこの照準器の改調は8番砲手が行うことになっていますが、何故か 「三笠」 では砲廓砲で7名しか配員がありません。 これは 「三笠」 の乗組定員上の問題・制約から来るものと考えられます。

 したがって、1名をこの8番に、しかも照準器の操作専用に充てるには人員不足であり、更に伝声管の伝令が1名必要になりますから、あと2名は反対舷 (非戦闘舷) の砲などからの増援が必要と言うことになります。

 また、主砲では照尺改調は左右各砲の射手である砲塔長及び砲塔次長自らが行うことになっておりますので、各砲の6番砲手 (主として3番が行う揚弾・揚薬の補助) をこれに充てるか、別の照尺改調の専従員が必要であることを言っています。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年02月02日

加藤寛治の砲術 (3)

一、遠戦に於ては一時に艦隊全艦砲火を開始せざるべからざる時期多からず 故に艦隊戦闘に於て発砲開始の初期は特令なき限り旗艦及び殿艦のみ先ず射撃し二艦各別個の目標 (最近) を選定して試発数回の後決定距離を発見し本信号を以て目標及び射距離を全隊に報じ然る後全線の砲火を開始するの方法を講ずる必要あり 然らざれば僚艦の弾着相混交して彼此の識別に難く全く射距離の修正を不可能ならしむ


 試射により適正照尺 (当時は 「決定距離」 という用語を使っています) を把握するまでは、弾着錯綜を避けるために旗艦又は殿艦の1艦のみが射撃し、その把握した適正照尺を他の艦に伝達通報した後に全艦の射撃を開始するべきである、と言っています。

 これもつまり裏返せば、黄海海戦時にはその様なことにはなっていなかった、ということです。

 この僚艦に対する射距離の通報については、日本海海戦の直前の4月18日になって 『戦闘及戦闘射撃中射距離信号法』 (聯隊法令38年20号) として定められました。

rng_flag_01_s.jpg
( 同法令の1頁目   防衛省防衛研究所所蔵史料より )

 しかし、この時でも試射は旗艦又は殿艦のみとはされず、しかもこれに基づき僚艦に射距離を通報するのは海戦初頭の試射の時であり、かつ状況による任意規定に過ぎませんでした。

 因みに、日本海海戦における初頭の砲戦開始時に 「三笠」 がこの方式で2番艦の 「敷島」 に通報したのかどうかは、両艦の戦闘詳報及び戦訓にも記載がありませんので不明です。 しかし、対勢からすると 「三笠」 と 「敷島」 では射距離が異なりますので、おそらく実施していないものと考えられますし、また実施したとしても 「敷島」 にとっては役に立たないデータです。 

一、反航中の射撃は近距離の外命中は殆んど僥倖に属す


 先にご説明した 「発令所」 の組織がなかったどころか、「変距率盤」 や 「距離時計」 さえもまだ無かった当時においては、当然のことといえば当然のことです。

 つまりこれは、急激な距離の変化となりますので、測的誤差と大きな変距とにより、当時としては適正照尺を得ることが極めて困難だからです。

一、音声を用ゆる砲火の指揮は全く実用に適せず 出来得る丈け目視法に依り諸令伝達を図らざる可らず (本艦に於ては黒板を各伝令に携帯せしめ必要の号令及び射距離等を記入し砲台を回らしむるの手段を取れり)


一、「バー」 式距離通報器は発砲及び敵弾命中の激動に依り用を為さざりしもの多し


一、一連の本管より各砲郭に枝管を設けて号令を通ずる各戦艦新装置の伝令管は如斯枝管を以て相連絡する諸砲郭の音響を混通し囂々として伝令を妨げ毫も欲する所の某砲に伝声すること能わず 故に発令点より各砲郭に独立の伝令管を設くるの必要あり


 砲戦指揮装置・要具に関する事項ですが、それぞれの内容についてはともかくとして、一体こういう状況・状態でどのようにしたら一斉打方による斉射の管制が可能になるのでしょうか?

 もちろん申し上げるまでもなく、既出のように 『別宮暖朗本』 の著者が言う

 元来、艦砲の狙いとは左右 (Bearing) と高低 (Elevation) でしかない。 そして、これは機械の目盛りで決定される。 ・・・・ (中略) ・・・・ 艦砲で敵艦に狙いをつけるというのは、旋回手 (Trainer) と俯仰手 (Layman) の機械操作でしかなく、いずれもポイントを目盛りのどこにあてるかだけが課題である。 (p63) (p67) 

 などと言うことには、絶対になり得ない、にも関わらずです。

一、同航の場合なれば四千米突内外と雖も照準点を要する区画に導くこと容易なり


一、上甲板最前部六尹砲は最も熟練なる砲手を以て一番となすを要す


 各砲の射手による砲側照準・砲側発射であれば当然の帰結で、しかも1艦の主砲・6インチ砲・補助砲の全てについて、「基準砲」 として指定した6インチ砲を中心に据えた射撃を実施する (せざるを得ない) のであれば、その6インチ砲の基準砲 (即ち、左右舷前部砲台の砲台長が位置する3番砲及び4番砲) の射手の重要性は明らかです。


 前半の教訓事項は以上ですが、さて、何処をどう採ったら 『別宮暖朗本』 の著者の勝手な造語である 「斉射法 (パターン射撃)」 「完全な斉射法」 なるものを実施したことになるのでしょうか?
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年01月31日

加藤寛治の砲術 (2)

一、一砲門の弾着を以て射距離を修正するは遠戦に於て甚だ不確実なり 十日第二期交戦の半ばに於ける如き 「スウエル」 ある場合に於ては殊に甚しとす


一、距離決定は最遠距離にあらざる限り六尹砲台の斉射を以て三門以上の弾着に依り定むるを最良とす


 これはつまり、黄海海戦の第1期砲戦では1万〜7千メートルという遠距離であったため、初めは主砲1門をもって試射を行い、それ以降機会があれば6インチ砲3〜4門による試射もやった (可能性がある)、ということです。 ですからこの教訓が出てくるわけで。

 したがってこれを裏返せば、射法としての 「一斉打方」 による試射はやっていないと言うことです。

 この試射の要領については、この後の砲戦策改善案に出てきますし、実際に日本海海戦時にはこの方法で行っていることは 「三笠戦闘詳報」 に記されているとおりです。

一、艦橋より諸砲台の砲火を管掌し得るは発砲の初期 (決定距離を発見し全砲台の砲火を開始するに至る迄) に止り砲戦酣なるに及んでは諸砲台殆んど独断専行の必要に迫らるること多し 故に少なくも六尹砲郭に各一名宛の将校若は准士官を置くこと絶対的急務なり


一、故に戦闘の状況自ら此を不可能ならしめざる限り艦橋に於て絶対的に六尹砲台の砲火を掌握し自余の諸砲台は此の基準に従て固有の諸元を定め射撃するを良しとす


一、六尹砲台の射距離以外に於ては十二尹砲塔の射撃も亦艦橋に於て掌握すること勿論なり


 最も重要な射撃指揮に関する事項です。 ここでは 「砲台長」 というものの位置付けが明確になっています。 つまり、各砲台の射撃の実施は基本的に砲台長により実施され、砲術長はそれを全般統制、つまりオーバーライドするということです。

 これは明治36年版 『海軍艦砲操式』 の規定に従ったものです。 例えばその一例として、次のとおりです。

gunnery_cmd_02_m36_s.jpg

 したがって、特に本文書においては 「指揮する」 ではなくて 「指揮を掌握する」 と言っていることに注意してください。 軍事組織においては 「指揮する」 とそれを 「掌握する」 では全く意味が異なります。 本文書やその他のものでも、この2つはキチンと使い分けられています。

 しかも、主砲と6インチ砲とが同時に射撃を行う様な場合には、その掌握でさえ砲術長は6インチ砲のみであり、主砲の指揮に至っては砲台長に全面委任せざるを得ないと言っています。

 そして更に、砲戦最盛期にはその6インチ砲台でさえ、砲台長は自己の各砲廓砲を完全には指揮できないとまで言っているのです。 このため、各砲台にその分掌指揮をするための将校又は下士官を配置することが必要だとしています。

 つまり、一斉打方など全くの論外、と言うことです。

一、然りと雖も出来得る丈け全砲火の指揮を艦橋に於て掌握するは動ずべからざる原則となすを得べし 此れ艦橋は射撃諸元の推算及び弾着観測に最良の地位たればなり 然かも決定距離の発見に最も緊要なる発砲開始の初期に於ては之を実行すること容易にして亦欠くべからず


 艦橋から令する射距離は砲台において変更するべきではない、ということは開戦前から言われていることです。 しかしながら、当時の艦長訓示でも再三にわたり指摘しているとおり、なかなかこれが守られてきませんでした。

 その理由は明治36年版 『海軍艦砲操式』では、射距離の最終決定及び射弾の修正は砲台長の職務とされているからです。 これは例えば、同操式の第486項では次のとおり規定されていることによります。

gunnery_cmd_01_m36_s.jpg

 これを言い換えれば、先の 「斉射のやり方 (1) 〜 (5)」 でご説明したとおり、もし 「一斉打方」 による斉射が行われていたとするならば、このような教訓は絶対に出てくるはずもないことです。 射法としての 「一斉打方」 が基本として成り立たないからです。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年01月30日

加藤寛治の砲術 (1)

 明治37年8月10日の黄海海戦において、 「三笠」 砲術長であった加藤寛治がどのような射撃指揮法を採っていたかをご紹介することにしましょう。

 ただし、本項をお読みいただくためには、既に連載してまいりました 『別宮暖朗本のウソと誤り』 の 「カテゴリー:砲術の話し」 に掲げるすべての項をご理解いただいていることが前提です。


 皆さんご承知のとおり、加藤寛治は 「三笠」 砲術長として明治37年3月から38年2月まで在任しております。

 もう少し詳しく書きますと、37年3月5日付で開戦時に砲術長であった和田幸次郎少佐 (海兵17期) は 「朝日」 砲術長へ転出し、相互交代の形で同日付 「朝日」 砲術長の加藤寛治少佐 (海兵18期) が 「三笠」 砲術長へ補職替えで、共に3月8日に離着任しました。

 この交代の理由については不明でが、加藤寛治の 「朝日」 砲術長補職 (正確には少佐昇任直前の大尉ですので砲術長心得) が36年7月7日ですので、僅か8ヶ月で、しかも開戦直後に連合艦隊旗艦砲術長へ横滑りですから、大抜擢と言えばそのとおりです。

 そして、加藤寛治は37年8月10日の黄海海戦に参加し、その時の経験から砲術についての戦訓を残しています。 これが今回最初にご紹介する 『八月十日の海戦に於て砲火の指揮に関し得たる実験要領』 です。

katou_gunnery_M3708_01_s.jpg
( 同文書の1頁目 )

 この文書は、同海戦における 「三笠戦闘詳報」 (三十七年八月十日日露艦隊海戦第三回詳報) 中の射撃に関する事項中心にして改めて纏め直したもので、連合艦隊司令部に提出され、そしてその後東郷長官より全軍に対して紹介されたとされています。

 ただし、加藤寛治が実際に何時書き上げたものなのか、正確な日付は不明です。 「三笠機密第205号」 として連合艦隊司令部に提出されており、全軍へは9月1日の 『聯隊告示第126号』 と共に配布されたか、あるいは9月27日の 「黄海海戦及び蔚山沖海戦における戦闘参考」 (聯隊機密第1134号) に基づく追加として配布されたかの何れかと推測されます。

 書かれている内容は、前半にその教訓事項が列挙され、後半がその教訓に基づき今後の 「三笠」 の砲戦要領 (砲戦策) の一案を具申しています。

 それでは本文書に基づき、内容ごとに纏めてご紹介します。

(注) : 各項目の順序は、説明の都合上幾つかを同種項目に集め直しましたので、原典のものとは多少異なりますことをお断りします。


 八月十日の海戦に於て砲火の指揮に関し得たる実験要領
                                 加藤三笠砲術長提出

一、弾着点の識別は最も困難なり 砲郭の如き低位置より観測は殆んど不可能に属す 此が為め最良の位置は前上檣楼とす


 加藤寛治の書き出しの第1項目が弾着観測についてです。 元々開戦前から 「三笠」 では弾着観測として檣楼上に将校及び候補生などを配置しており、開戦直後の旅順港への間接射撃などの際には、ここからの観測が活用されました。

 その一方で、海戦では当時の砲戦距離の予想が6千メートル以内でしたので、この檣楼上の配置は艦橋又は司令塔に位置する砲術長の補助的な役割と考えられておりました。

 しかし、黄海海戦ではその6千メートルを上回る射距離で砲戦が開始されたことから、当然の帰結と言えばそのとおりと言えます。

 そして、射弾の修正についても、従来は各砲台長がこれを行うこととなっていましたが、その様なバラバラでの実施ではなく、最も正確な弾着観測が可能な所での観測結果を共通して使用することが適当とされました。

 これがこの後に出てくる射距離の問題にも繋がるわけです。

 問題は、この弾着観測についてが本文書の第1項目目であって、射法に関するものではないということです。 もし明治36年に全面改訂された 『海軍艦砲操式』 の規定、というよりそれまでの旧海軍の砲術と大きく異なることを実施したのであれば、先ずそれが第1項に来なければなりません。

 ということは、射法に関することについてはそれから大きく外れてはいない、即ち射撃指揮法として 「一斉打方」 や 「交互打方」 による斉射はやっていないと言うことを意味します。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年01月23日

本家サイトの今週の更新

 本家サイトの方で先程今週の更新をしました。 今週は久々に砲術のコンテンツの追加で、『旧海軍の砲術』 中の 『射法の理論』 に 『水上射撃の射法』 の項を新設し公開を始めました。 今回はその第1回で 「試射の要領」 です。

 水上射撃の射法は、旧海軍の砲術の中核をなすもので、まさにその神髄中の神髄です。 したがって、かなり難しいです。 できるだけ簡単にしたつもりですが、それでも限界があります。 ですからこの方面への初心者の方々にはこれでもなかなか一度ではご理解いただけないかも知れません。

 とはいえ、この内容は出版物も含めて今まで一般では全く語られたことのないものですので、これをキチンと後世に残していくことが本家サイトの役目の一つと思っています。

 どうか、旧海軍が日夜心血を注いで作り上げてきた砲術の素晴らしさを、是非じっくり味わってみてください。
posted by 桜と錨 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年01月22日

斉射のやり方 (5)

2.射撃の指揮組織

 それでは、前回まででご説明した射撃の手順に従い、「一斉打方」 や 「交互打方」 において斉射をやろうとすると、これらの手順を “何処で誰がどの様に” 実施するのか、という射撃指揮組織、射撃指揮系統のお話しです。

 次の図は、大正9年に昼間砲戦における射撃幹部の組織を規定したものです。 「射撃幹部」 というのは、艦長・砲術長の下でその射撃指揮に関わる者を言います。

Gun_Org_T09_01_s.jpg

 そしてその時の主砲の射撃幹部の配員表です。

Gun_Org_T09_02_s.jpg

Gun_Org_T09_03_s.jpg

 大正9年と言えば、既に大正6年の 「扶桑」 「金剛」 型に続いて順次方位盤が制式装備され、これに伴い大正2年に制定された 『艦砲射撃教範』 が前年の8年に改正されて、昭和期へと続く近代射法がほぼ確立してきた段階です。

 したがって本表にはこの方位盤の関係員が示されていますし、また測距儀も4.5メートル及び3.5メートルの大型のものが既に導入されていますので、その要員も多くなっています。

 しかしながらそれらの点を除けば、主砲だけでさえこれを管制して 「一斉打方」 や 「交互打方」 で斉射を実施するためには、これだけの組織と人員が必要になる、ということをご理解いただけると思います。

 そして、これらの組織・系統を結ぶ通報器や電話、伝声管などの通信装置の内、射撃指揮所と方位盤、測的所、発令所を結ぶものを 「射撃幹部通信」、発令所と各砲塔・砲廓砲を結ぶものを 「砲側通信」 と言います。

 「射撃幹部通信」 と 「砲側通信」 とでどの様なものが必要になるのかは、近代射法が誕生した直後の明治45年当時のものを 『距離通報器について (3)』 でご紹介しておりますので、そちらをご覧ください。


 当然ながら、副砲での射撃のためには同じ様な組織・人員・機器設備が全て “別に” 必要になりますし、分火 (主砲又は副砲を2群に分けてそれぞれが別の目標を射撃すること) を必要とするなら更に増えることになります。

 そして、上の図表をご覧いただけば、前4回の 「射撃の手順」 でご説明した、その射撃手順に従ったそれぞれの段階での機能分担が組織上も明確になっていることがお判りいただけると思います。


(1) 射撃指揮所

 「射撃指揮所」 は艦長の戦闘・砲戦指揮の下で、射撃指揮官が射撃指揮をする所です。 即ち目標の選択・指示を始めとする射撃全体の指揮の場であり、加えて先の射撃手順の (5) 及び (6) を行う場所でもあります。

 主砲を指揮する砲術長が位置するのが 「主砲射撃指揮所」、副砲を指揮するのが 「副砲射撃指揮所」 であり、また通常それぞれには通常主用・副用 としての 「前部」 と 「後部」 の2箇所があり、更には予備用があります。 特に分火の場合には、主・副の両方を同時に使用する必要があります。


(2) 測的所

 「測的所」 は先の射撃手順の (1) を実施するところで、主として測距儀と測的盤を運用します。 主砲と副砲とで同一目標を射撃する場合は一箇所でもよいですが、それぞれ別の目標を射撃したり、主砲や副砲をそれぞれ分火するためにはそれぞれ用の測的所が必要になります。


(3) 発令所

 「発令所」 (初期には 「下部発令所」 と呼んでいました) は射撃計算と発砲の管制、並びに射撃指揮官の命令指示を砲側へ伝達し、砲側の状況を射撃指揮官に報告するところです。

 先の射撃手順で言えば (2) (3) (5)、及び (7) の射撃指揮官が令した射弾修正を (3) に加えるところです。

 当然ながら主砲と副砲用、そしてそれぞれの 「前部」 と 「後部」 があります。 この発令所を所掌するのが 「発令所長」 であり、また発砲を管制するのが 「号令官」 です。 当然ながら、分火をする場合にはそれぞれの発令所が機能しなければなりません。


 皆さんお判りと思いますが、実はこの 「発令所」 の有無が近代射法実施上の重要な “カギ” の一つです。 即ち、射撃指揮系統・組織の中にこの発令所の機能がない、ということは 「一斉打方」 や 「交互打方」 での斉射はやっていない、出来ない、という事なのです。

 以上お話ししてきた組織とそれに必要な指揮・通信用機器・設備を定めたのが、先にお話しした明治45年に始めて制定された 『戦艦及一等巡洋艦砲火指揮装置制式』 です。

 そしてこれは砲術とその装備の発展と共に、大正4年 『戦闘通信装置制式』、大正12年 『砲戦指揮装置制式草案』、昭和7年 『砲戦指揮装置制式』 と順次改訂されていきます。


 それでは、日露戦争期のこの射撃幹部に相当する指揮組織・系統はどうだったのでしょうか?

 次に示しますのは、日本海海戦時 (正確には黄海海戦の戦訓により修正した時) の 「三笠」 のものです。

Gun_Org_M37_01_s.jpg        Gun_Org_M37_02_s.jpg

 さて、これでどうやったら 「一斉打方」 や 「交互打方」 による斉射が実施できるでしょうか?

 必要な人や物も、そしてその組織もまだありません。 これでは絶対に出来るわけがないことは、これまでのご説明でもう皆さん十分にお判りになると思います。


 さて次回は、37年8月の黄海海戦時に 「三笠」 砲術長であった加藤寛治自身が 「一斉打方」 「交互打方」 による斉射を “やっていない” と言っている証拠について、ご紹介したいと思います。
(この項終わり)

(注) : 上記でご紹介した大正9年の史料は本家サイト所蔵のものから、「三笠」 のものは防衛省防衛研究所が所蔵・管理する史料からです。

posted by 桜と錨 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年01月20日

斉射のやり方 (4)

1.射撃の手順 (承前)

(6) 弾着観測

 「一斉打方」 や 「交互打方」 における斉射では、その斉射弾の弾着観測を実施する方法は、大きく分けて2つあります。 「距間観測」 と 「比例観測」 です。

 前者は弾着の散布界の中心 (射撃中心、射心) と目標位置の中心 (標心) との距離を観測する方法で、これは4〜6千メートル程度の射距離であれば、檣楼上から何とか判定できる場合があります。 第1次大戦頃まではこの方法も各国海軍で一部用いられていました。

 後者はその名の通りで、目標と弾着点との距離に関係なく、目標の前後にそれぞれ何発ずつ弾着したかを観測する方法です。 例えば、「全遠」 「全近」 「夾叉 (2近4遠)」 などと言うようにです。

 斉射における弾着観測については、詳しくお話ししますとこれまた大変に長くなりますので、また別の機会にさせていただきますが ・・・・

 何れにしても、正確な弾着観測を実施するためには、弾着観測を実施する者に、その砲種の発砲と弾着のそれぞれの時期 (瞬間)、そして発砲 (弾着) のその都度の弾数が伝わらなければなりません。 (斉射とはいっても、必ずしも毎回準備門数の全門が発砲する (できる) わけではありませんので。)

 したがって、「時計射撃 (変距射法)」 や 「測距儀射撃 (測距射法)」 という近代射法において、「一斉打方」 や 「交互打方」 によって斉射を行おうとするならば、異なる砲種の弾着観測を一人 (砲術長又はその補助者) で実施できるわけがありません。


(7) 射弾修正

 いかに正確な測的をし(実際にはこれの誤差が大きいのです)、正確な射撃計算をし、正確な照準に基づく発砲をしても、現実には必ず誤差が生じます。 ですから艦砲射撃というのはなかなか当たらないものなのですが (^_^;

 例えば風一つとってみてもお判りいただけるでしょう。 射撃計算に使用した風向・風速はある時点で自艦で測定したものです。 風は “息” をしますし、ましてや自艦海面と目標 (敵艦) 海面のそれぞれで同じ風が吹いているとは限りませんし、更には海面と上空の風とは異なります。

 ですから、実際に打ってみて、計算と実際の弾着の差を修正し、「適正照尺」 「適正苗頭」 を把握しなければなりません。 これが試射を必要とする理由です。 これは射撃指揮装置が発達した現在でも同じことです。

 したがって、(6) の弾着観測に基づきそれを修正していくことになりますが、ここで注意しなければならないことは、その修正値は (1) や (2) では加味されないということです。 つまり最新の測的データに基づいて通常の射撃計算を行った(2)の後に、その都度その時の射弾修正値を加える必要があります。

 これは、砲戦実施中は誰かが常に現在の修正値を把握し、射撃計算に付け加えていかなければならない、と言うことです。 しかもそれは各砲種ごと別個に。


 以上簡単にお話ししましたが、これら全てのことが 「一斉打方」 や 「交互打方」 で斉射をやろうとすると必要になってきます。

 そしてこれらは機械・装置によって全自動的に実施し得ない限り、誰かがやらなければなりません。

 では誰がやるのか? もちろん砲術長自身が一人でこれら全てのことをやっている余裕など無いことは、皆さんも十分にお判りいただけると思います。

 したがって当然のこととして、そのための人員配置や機器・設備が必要になってきます。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年01月18日

斉射のやり方 (3)

1.射撃の手順 (承前)

(5) 発砲

 斉射における発砲は、単に 「発射よ〜い (用意)」 「て〜 (打て)」 の号令をかけ、それに併せて射手が引金を引けばよい、という単純なものではありません。

 そうです、斉射は1回だけでは無いからです。 そこで問題となるのが 「斉射間隔」 です。 射距離、射法、砲機の能力、関係員の練度 (更には風向きや海象) などによって適切な斉射間隔で発砲して行かなければなりません。

 射撃計算には必ず色々な誤差が存在しますから、例え夾叉弾を得て適正照尺・苗頭を把握したといっても、時間の経過と共にその誤差の累積によって弾着が段々ずれてきます。

 したがって、この微妙な誤差は正確な斉射間隔による弾着観測によって把握し、射弾を修正していかなければなりません。 これは近代射法の基礎です。

 またこれによって、目標 (敵艦) の僅かな変針・変速も迅速・確実に看破することができます。

 適切な斉射間隔というものについては、機会があればまた別に詳しくお話しすることにしますが、簡単には、例えば飛行秒時30秒の射距離の時に30秒間隔で発砲していたのでは弾着と発砲時期が一緒になりますから、発砲の振動と砲煙で弾着を観測することができません。

 弾着観測が正しくできて、それによる射弾修正が迅速に行われる。 これができなければ射法そのものが成り立たないのです。

 したがって、発砲が弾着の前か後のいずれかに適度な秒時離れるような斉射間隔を設定しなければなりません。 それも同航・同速の場合のように射距離が常に一定ならまだ良いですが、そうでない場合には射距離 (=飛行秒時) の変化に応じて変えていく必要があります。

 特に、射距離が遠い場合や元々の砲種の発射速度が高い場合には、打ち方によっては、前 (あるいは2斉射前) の斉射弾が弾着する前に次の斉射弾を発砲する (これを 「空中弾がある」 と言います) ことになります。 すると、発砲時期と弾着時期が非常に錯綜してきますので、この 「適切な斉射間隔」 というのが重要になってきます。

( 因みに、近代射法が確立した以降では、「急斉射」 というのは空中弾があるような間隔で斉射を行うこと、「緩斉射」 というのは空中弾が無い、つまり前の斉射弾が弾着してそれを観測してから次の斉射弾を発砲することを言います。)

 しかも、射撃指揮官による射弾修正が加えられなくとも、(1) に基づき時間経過と共に新たな (2) の結果が (3) 及び (4) として行われ、次の発砲の時には指定全砲が最新の射撃諸元 (当然ながら発砲瞬時までの見越・費消時が加えられたもの) に調定されていなければなりません。

 そして、この斉射間隔は “砲種によって異なる” のは当然のことですから、「一斉打方」 や 「交互打方」 で斉射を行おうとするなら、それぞれの砲種ごと別個にこれを管制する者 (と設備) が必要になります。
(この項続く)

==================================

 ところで、既に 「連装砲塔の発射法」 などのところで、日露戦争期における発射速度による打ち方の区分として 「徐射 (緩射)」 「並射 (常射)」 「急射」 というものをお話ししました。

 これは発射速度を、砲手の (装填速度の) 体力や射手の照準の程度 (善し悪しのレベル)、射撃の効果などにより区分したものです。 日露戦争期の黄海海戦でも、また日本海海戦でも、この明治36年に全面改訂された 『海軍艦砲操式』 に従って射撃指揮を行っていたことは間違いありません。 例えば、日本海海戦における 「三笠戦闘詳報」 の砲銃の部の冒頭です。

mikasa_SOJ_gunnery_01_s.jpg
( 元画像 : 防衛省防衛研究所所蔵資料より )

 では、この3つの射撃速度区分と、一斉打方や交互打方における斉射での 「斉射間隔」 との関係はどうなるのでしょう?

 そうです。 相容れないのです。

 一斉打方や交互打方における斉射では、上でご説明した条件にしたがって1箇所 (一人) で準備門数全門の発砲を管制します。 したがって、砲手の体力や照準の善し悪しなどによって、各射手がそれぞれ自分で自分の砲の発砲時期を決めるものではありません。

 また、適切な斉射間隔というのは発砲時と弾着時との兼ね合いでもあるとご説明しましたが、これは即ち弾着観測及び射弾修正を行う射撃指揮官自らが決める必要があるということです。 「徐 (しずか) に打て」 などと令するだけで斉射間隔の決定を他の者に任せる、などと言うことは出来ないことなのです。

 したがって、日本海海戦時にこの発射速度による射撃指揮を行っていたということは即ち、「一斉打方」 や 「交互打方」 による斉射は実施していないという証明でもあるのです。
posted by 桜と錨 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2011年01月16日

斉射のやり方 (2)

1.射撃の手順 (承前)

(3) 各砲台へ発砲諸元の伝達
(4) 砲台における調定と照準


 これらについては射撃指揮というよりは、主として艦の砲戦関係機器・設備に関係してきますが、既に 『連装砲の発射法』、『距離通報器について』、『艦砲射撃の基本中の基本 − 照準について』 などでご説明しておりますので詳しくはそちらをご覧ください。


 ここで再度強調しておかなければならないことは、日露戦争期においては、艦橋から各砲台への距離号令通報器でさえ主砲、副砲、補助砲併せて1艦で1系統しかなく、後は伝声管、電話、メガホン、伝令、示数盤、黒板などによって伝達していた状況であったということです。

 したがって、『別宮暖朗本』 の著者が言う

 砲術長は、主砲、左右舷側の6インチ砲といった4つ程度のグループに分け、計算結果を連絡し、それをうけたグループは全砲門をそれに従わせ、斉射をおこなった。 これが中央管制(Central Fire Control)といわれるものである。 ・・・・ (中略) ・・・・ 中央管制は斉射法と表裏をなすものである。 つまり砲術将校 (=分隊長) を砲ごとにおくのは現実的ではない。 (p66) (p70)

 射撃のタイミングについていえば、帝国海軍の艦艇には砲手のそばにブザーがあり、2回ブッブーとなると 「準備」、ブーと鳴ると 「撃てー」 を意味した。 そして旋回手や俯仰手は、「準備」 の前に砲弾を装填した砲身を苗頭の指示をうけ、修正しなければならない。 引き金を引く砲手は、単にブザーに合わせるだけだ。 そして 「撃てー」 の合図で、どちらかの舷側の6インチ砲は一斉に射撃した。 (p66) (p70〜71)

 近代砲術の世界では大中口径砲手の腕や目や神経は、命中率とは関係がない。 いくら砲手を訓練したところで事故を防ぐことはできるが、命中率をあげることはできない。 6インチ砲や主砲を命中させることができるのは、砲術長、すなわち安保清種なのである。 (p269) (p278)

 大口径主砲の砲手は、目盛り操作と弾丸装填のみに集中しており、敵艦をみるチャンスはない。 またみえたとしても目標は砲術長が決定するのが原則である。
(p270) (p279)

 など絶対になるわけがない 、全くのウソと誤りだと言うことです。

 仮に 「一斉打方」 や 「交互打方」 をやりたかったとしても、当時は物理的 “にも” 出来なかったのですから。
(この項続く)
posted by 桜と錨 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し