2016年12月27日

発射弾数の記録


某所でこういう事が話題になっていました。

 実戦で発射弾数を記録するものでしょうか?

平時であろうと戦時であろうと各砲ごとその時に発射した弾数、弾種、装薬 (発射薬) 種は必ず記録します。

その理由は大きく3つあります。

1.砲身命数 (砲齢) の計算のため

特に大口径になればなるほど命数は小さいため、この計算は重要です。

2.故障や事故が生起した時の原因究明ためのデータの一つとして

例え小さな故障であろうとも、これによって人身事故や砲の毀損に繋がり兼ねませんので、その分析には発射の記録も重要なデータになります。

そしてこれらが正確に記録されているからこそ、これが砲の改良や操法 (操作法) の改善などに繋がっているのです。

3.射撃における指定された発射の確認のため

平時の訓練であろうと戦時における実際の砲戦であろうと、指定されたこれらの確認は、有効な射撃を実施するためには重要なことです。


特に1.及び2.については各砲1門ごとにその砲の経歴や構成などを記した 「海軍砲砲歴」 という帳簿が備えられており、その都度各種の記録が書き加えられてその砲の現状が更新されます。

そしてその中でも発射弾数は最も重要な記録であり、だからこそその記注についての注意までが艦政本部から出されているのです。

dansu_kichu_s.jpg


この発砲の記録は明治時代から行われており、ですから例えば日露戦争時に多発した筒発についても、各艦の戦闘詳報などにおいてどの砲が何時、何発目にどのような状況で撃ったときに生起したか、などが明らかにされているわけです。

“後々の戦闘への参考資料にでもした” などと言うようなそんな軽い話しのものではないことはお判りいただけるかと。

posted by 桜と錨 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2016年08月28日

「四十径安式十五拇砲」 について (後)


さてそこで、江田島に展示されている2基について少し考察してみましょう。

尾栓部上側に安社の刻印がなされていることから、元はこの砲そのものも安社製のものであったことは確かでしょう。

40cal_6in_photo_02a_s.jpg

そして確かに尾栓の形状も安式であることが確認できます。

40cal_6in_photo_02_s.jpg

40cal_6in_02_s.jpg

ただし、砲身そのものは2基とも次により二号砲であることは明らかです。

1.砲身の形状
2.尾栓部後面の3層構造
3.尾栓環下の駐退機取り付け部の位置

40cal_6in_03_s.jpg

尾栓部上側の安社の刻印と合わせて楕円形の刻印がありますが、これを詳細に見ればおそらく英国製か呉で製造された砲身かが判るのではないかと思います。

これについては次ぎに訪問する機会があれば詳しく調べてみたいと思います。


そして、照準器はこの砲の採用当時の照準桿形式のものではなく、後で旧海軍によって改造された照準望遠鏡付きのものであることが判ります。

40cal_6in_photo_04_s.jpg

40cal_6in_04_s.jpg

その他色々とオリジナルのものからの変更があると考えられますが、多くの部品が失われてしまっていることもあり、詳細については今のところ不明です。


なお、本砲の詳細な要目については、本家サイトの次の頁で解説しておりますのでご参照下さい。



それにしても、

 特徴は、砲弾を砲身の後方から装てんする 「後装式」 を採用したことで、「前装式」 が主流であった 当時の 砲に比べて、装てん時間は約1/10に短縮された。

って、一体何時の時代のことを言っているのかと (^_^;

旧海軍でさえ、前装砲が中心であったのは明治初期の創設期の話しであり、明治10年代に入ると既に克 (クルップ) 式を始めとする後装砲が主体となります。

更には20年代には機砲や47粍速射砲、そして三景艦以降は12糎以上の中口径砲でも速射砲となっているのに、です。


以上のことから、砲術科や研究部、参考館などを抱える第1術科学校の掲示物の内容として、これではちょっと恥ずかしいかと。 少なくとも掲示板の前半部分は、タイトルも含め早急に改める必要があるでしょう。

(本項終わり)

-------------------------------------------------------------

「四十径安式十五拇砲」 について (前) :

posted by 桜と錨 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

「四十径安式十五拇砲」 について (前)


2年ほど前に江田島の海上自衛隊第1術科学校に当該砲が2基移設されまして、現在教育参考館脇と陸奥砲塔脇に展示されていることは、先の記事でご紹介したとおりです。

40cal_6in_photo_03_s.jpg

ただ、同砲の横に置かれている案内板の説明は、後半の由来についてはさておくとして、前半の当該砲の説明文がかなり間違っております。

案内板の説明文前半 :


安式四十口径六吋砲

 「安式四十口径六吋砲」 は、日露戦争 (明治37年〜38年) に備えて、日本海軍が英国アームストロング社 (安社) から艦載砲として輸入した砲で、当初は戦艦 「三笠」 を始めとして数多くの戦艦・巡洋艦の副砲として搭載され、明治41年以降は日本製鋼所室蘭工場で国産化された。 (制式名 : 四一式四十口径十五糎砲)
 特徴は、砲弾を砲身の後方から装てんする 「後装式」 を採用したことで、「前装式」 が主流であった当時の砲に比べて、装てん時間は約1/10に短縮された。


そもそも旧海軍には 「安式四十口径六吋砲」 や 「四一式四十口径十五糎砲」 という名称そのものがありません (^_^;

そこで、良い機会ですので、この砲について少しご説明したいと思います。


本砲を最初に搭載したのは、明治22度計画の巡洋艦 「秋津洲」 で、当初は 「安式四十口径十五拇砲」 又は単に 「安式十五拇砲」 と言いました。

40cal_6in_01_s.jpg

その後旧海軍における砲熕の呼称法を統一する必要から、本砲は制式に 「四十口径安式十五拇速射砲」 と呼ばれるようになりました。

もっとも、「秋津洲」 は途中で設計変更が行われたため就役が遅れて明治27年となり、24年度計画により英国で建造した同砲搭載の巡洋艦 「吉野」 の竣工の明治26年より後になってしまいました。

以後、同砲は多くの戦艦の副砲、並びに 巡洋艦の主砲又は副砲 として搭載されることになります。

40cal_6in_photo_01_s.jpg
( 装甲巡洋艦 「常盤」 の安式十五拇砲 )

ただし、戦艦の副砲の多くは砲廓砲 (当時は 「中甲板砲」 と呼びました) で、江田島に展示されているような露天甲板砲とは砲盾や砲架が異なりますので注意が必要です。

また明治19年に竣工した巡洋艦 「浪速」 型も、日清戦争での戦訓により明治33年には主砲を当初の35口径克 (クルップ) 式26糎砲から本砲に換装しています。

つまり “日露戦争に備えて輸入した” わけではありません。 日清戦争前から既に海軍力増強の一つとして採用され導入が始まっているのです。


そして当該説明文の起案者が最も勘違いしているのは、 「四一式」 という名称についてです。

ご存じの方も多いと思いますが、旧海軍における砲熕の名称付与法で言う 「××式」 というのは尾栓の形式のことで、砲身そのもののことではありません。

つまり 「四一式」 というのは、有坂造兵中監が考案して明治41年に兵器採用になった尾栓形式のもののことを言います。 したがって、「四十口径四一式六吋砲」 は砲身や砲架、砲盾は安式と同じですが、尾栓が異なる別の砲のことです。

しかも尾栓の形式名称としてではなく、この形式の尾栓を装備する 「四一式」 という制式な砲熕名称が定められたのは明治43年のことです。

安式四十口径十五拇砲、つまり安社式の尾栓を有する40口径15糎砲は、前述の通り明治22年度計画艦から採用が始まり、そして明治30年には40口径安式12糎砲に続いて、「仮呉兵器製造所」 から名称変更となった 「呉造兵廠」 (後の 「呉海軍工廠造兵部」) において国産化が始まっております。 明治41年の四一式からではありません。

もちろん当初は砲身素材などは英国からの輸入ですが、日露戦争までに既に最初の層成砲たる一号砲から、鋼線砲である二号及び三号砲までを製造しています。


これらの砲は、明治41年に 『砲熕ニ関スル名称中改正ノ件』 (内令兵5号) によって 「四十口径安式一号 (二号、三号) 六吋砲」 となります。

そして更に大正6年には 『砲術長主管兵器中名称改正の件』 (内令兵17号) によって 「四十口径安式十五糎砲」 に変更され、この名称が太平洋戦争終戦まで使われます。 この時には一号〜三号の名称区別はありません。

したがって、江田島の案内板のタイトルは、この砲の採用時の制式名称とするなら 「四十口径安式十五拇速射砲」 であり、太平洋戦争時を採るならば 「四十口径安式十五糎砲」 とするべきでしょう。

「六吋砲」 という呼び方は途中の9年間のみであり、そもそも旧海軍の砲熕呼称付与法からして 「安式四十口径六吋砲」 という呼び方はなく、誤りです。

(続く)

-------------------------------------------------------------

「四十径安式十五拇砲」 について (後) :

posted by 桜と錨 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2016年06月19日

砲身長と砲弾威力


本家サイトの掲示板にてHN 「キャプ専クック」 さんから次のようなお尋ねをいただきました。

同じ16吋砲でも45口径や50口径があり、この場合は50口径の砲が砲弾の威力が増すということは知っていますが、それは同じ砲弾や炸薬を使ってのことでしょうか。それとも50口径の砲弾は炸薬をより強力に出来るとかの違いがあるのですか。


以前に黒色火薬と無煙火薬について 『砲術の話題あれこれ 第7話』 として説明しました。

要するに黒色火薬対する無煙火薬の利点は、砲煙の過多はもちろんですが、発射薬(装薬)として “燃焼時間を制御可能” ということに尽きると言っても過言ではないでしょう。

近代火砲の発展はまさにこの無煙火薬の発明によるところ大です。 つまり黒色火薬に比べて発射薬を徐々に燃やすができるため、砲弾が筒内をかなり進んだところに最大筒圧点を設定でき、かつその最大筒圧を下げることができますので、その結果として砲身も細身の長いものとすることが可能となりました。

この火砲の発展については同じく 『砲術の話題 第1話 01』 でお話ししてあるとおりです。


この筒圧曲線と砲身強度との関係について、ごく一般的なものとして表すと下図のようになります。

Gun_press_strength_curve_01_s.jpg
(クリックすると大きなサイズで表示します)


そこでお尋ねいただいた砲身長の長短による砲弾の砲口威力の問題ですが、一般論としては同一の装薬と砲弾を使用した場合、長砲身の方が弾底に燃焼ガスの圧力を受ける時間が長くなりますので、砲口初速が早くなることになります。

これはつまり砲口威力が大きくなり、かつ射程も長くなると言うことです。 また、砲口初速を同じ程度にするならば、より重い砲弾とすることができるということになります。

では実際のケースではどうしているのでしょうか?

例えば、米海軍の16インチ砲では 「アイオワ」 型に搭載した50口径砲は下図のようにそれまでの45口径砲用の装薬及び弾丸と併せ、これに前述の長砲身の利点を生かした装薬と重量弾も使用しています。

USN_16in_comp_proj_01_s.jpg
(クリックで大きなサイズで表示します)

もちろん45口径砲用の同一の装薬と弾丸を使用した場合には、当然ながら砲口初速も最大射程も大きくなっています。

ただしこの砲の場合は、45口径砲用のものを使うことを前提に設計されているからであって、ある意味特殊な例と言えるでしょう。

即ち、通常は新砲を設計・開発するときにはその砲身長に併せた筒圧曲線の装薬や砲弾も新たに造るのが一般的です。 でないと折角の砲身長を長くしたメリットが十分に活かせません。

旧海軍での例で言えば、重巡用に開発された50口径20糎 (20.0センチ、通称 「一号砲」) を改良した二号砲 (8インチ砲) の場合、当然ながら従来の45口径安式/毘式20糎砲 (8インチ砲) 用の装薬及び弾丸を使用することは前提とはしていません。 全て二号砲用に新たに開発したものです。

「艦砲・弾火薬組合せ一覧」 :

posted by 桜と錨 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2016年06月05日

加減乗除などの計算メカ


本家サイトの 『砲術講堂』 コーナー中で 『射撃指揮装置機構概要』 の解説を進めており、現在射撃盤のところまで行っております。


ここで出てくる各種のメカニズムはそのほとんどが加減乗除や微分積分といった基本的な計算のものの組合せやその応用です。

addsub_01a.jpg
(加減計算機構の一例)

そこでやはりこれらについても説明があった方が判りやすいと思いますので、それらの説明を追加し、各頁の当該用語をクリックすると別ウィンドウで表示するようにリンクを張りました。

市販の機構学などの出版物にもありますが、やはり私のサイトらしく旧海軍の各種史料から纏めております。 このため図などは原本が手書きでありかつ印刷があまり良くありませんのでちょっと見難いところがありますが、これはこれで価値のあるものと思っております。

現在のようなディジタル・コンピューターなどなかった当時、こんな方法でやっていたのかとお楽しみいただければと思います。

posted by 桜と錨 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2016年05月22日

今週の本家サイトの更新


先週に引き続き先週に引き続き 『射撃指揮装置機構概要』 コーナーを更新し 『各種変化率計出機構』 の頁を追加 しました。


rk_draw_13.jpg

変距率などをどのような機構でアナログ計算していたのかの解説ですが、もしメカ関係をあまり得意とされなければ、ざっと流し読みされて “ふ〜ん、こんなふうだったのか” をご理解いただければ十分でしょう。

posted by 桜と錨 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2016年05月15日

本家サイトの久々更新


やっと少し時間がとれるようになりましたので、本家サイトは久々の更新です。

1月で止まっておりました 『旧海軍の砲術』 コーナーの 『射撃指揮装置機構概要』 に新しいコンテンツを追加しました。

今回は測的方式のことと、射撃盤のメカニズムについての第1回目です。


rk_draw_08_s.jpg

当時の射撃指揮装置がどの様な理論と方法で計算を行っていたのかを具体例を挙げながらの説明ですので、ちょっとマニアックな内容ですが、こんなことは一般の出版物やネットにはありませんので旧海軍の砲術に関してキチンと残していきたいと思っています。

メカが苦手な方々も、“ふ〜ん、こんなことになっていたんだ” 程度の読み流しで結構ですので、是非一度ご覧下さい。

でも私などからすると、こういう事を知らないままでは、本来なら太平洋戦争における日米両海軍の射撃指揮装置の優劣がどうのこうのなどは語れないと思うのですが ・・・・

posted by 桜と錨 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2016年02月28日

地球自転の影響


久々の本家サイトの更新です、というより実は本年初なんですが (^_^;

『砲術の話題あれこれ』 にその第7話として 『地球自転の影響について』 を新設し、取り敢えず海上自衛隊においてこの問題をどの様に説明しているかを公開しました。 この後、続けて旧海軍及び米海軍での説明を追加していく予定です。


ネット環境など身の回りの再構築でバタバタする直前にメールにてご質問いただいたものですが、とても十分なお答えを纏める余裕はありませんでしたので、その時には簡単なお返事をしただけでしたので、この度ちょっと本格的に纏めてみました。

jiten_kaiji_01.jpg

本来ですと 『射撃理論概説 上級編』 でお話しする内容になりますが、当該項目はまだ未開説ですので、取り敢えずこのコーナーで。

この地球自転の影響については、小中口径砲ならまだしもですが、大口径砲となると水上射撃では無視できない問題となります。

しかしながらこれについてはこれまで書籍でもネットでも十分に説明されてきませんでした。 非常にマイナーなテーマではありますが、やはり私のサイトとして採り上げる価値があるものと思っています。

艦砲射撃では “あ〜、そこまで考慮する必要があるんだ” “そんなことまできちんとやっていたんだ” と理解していただけたら幸いです。

posted by 桜と錨 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年12月27日

本家サイトの今週の更新


先ほど本家サイトの更新をしまして、先週公開を始めた 『射撃指揮装置機構概説』 の項にコンテンツの追加で、方位盤の頁をUPしました。

fcs_mech_draw_01_s.jpg

しかしながらいざ具体的な話に入ってみると、旧海軍の射撃指揮装置の全体がどのような形のものなのか、写真や図などからすんなりイメージできないと、少々難しいかもしれません。

それに、やはり加減乗除の四則演算や簡単な関数などをメカとしてどのように実現するのかの機構学的な基礎のところも必要なのかと。

あるいは、この射撃指揮装置の機構的なことは米海軍のものと比較しながらですと、これはこれでそれぞれの海軍が同じ目的のためにどの様な解決をしているのかも面白いのですが ・・・・

う〜ん、この後どのように展開していきましょうか ・・・・ ちょっと悩むところです (^_^;

posted by 桜と錨 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年12月20日

旧海軍の射撃指揮装置のこと


本家サイトの更新は1ヶ月半以上間が開いてしまいましたが、久々に新規のコンテンツを追加ました。

これから少しずつ専門的なものと思いまして、まず旧海軍の射撃指揮装置の中身についてお話しをしていこうと考えております。

「射撃指揮装置機構概説」 :

その第1回目は旧海軍の射撃指揮装置が機構的・構造的な面からどのような型式(タイプ)に分類されていたのかについてです。

fcs_mech_type-01_s.jpg

もちろんこれは現在の射撃指揮装置の技術的な面からするものではなく、当時 (太平洋戦争後期) の旧海軍がどの様に考えていたかということです。

この型式分類から実際に実用化された旧海軍の射撃指揮装置を見る時、あ〜そうなのか、と思われることがあるのではないかと思います。

続いてこの型式分類に基づき、それぞれの機構がどの様になっていたのか、どの様な方法で目標の測的や射撃計算がなされていたのか、などの具体的なことに入っていく予定です。

posted by 桜と錨 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年10月22日

『世界の艦船』 12月号


まもなく 『世界の艦船』 12月号が発売となります。

SoW_No826_cover_s.jpg

今日、打ち合わせて海人社さんにお邪魔した際、印刷所から出来上がって届いたばかりでしたので、その初物を一冊いただいてきました (^_^)

特集は 『ビッグ7 条約時代最強の日米英7大戦艦』 で、私も 『徹底比較! 「ビッグ7」 のメカニズム』 中の一つ 「B 兵装」 の項を受け持たせていたところです。

兵装とはいっても、水雷兵装などは紙幅の都合で省略し、戦艦としてのメインである砲熕兵装に絞っています。 また、弾火薬などについてもほとんど省かざるをえませんでした。

それに弾火薬庫やそれ関連などや、艦全体における砲熕兵装の位置付けなどについても、他の方の記事を参照していただくことにしております。

とはいっても、砲熕兵装だけでも主砲及び砲塔、副砲、対空砲装、そして射撃指揮装置など大変幅広い内容になりますので、あれもこれもと詰め込んだ盛りだくさんのものとなっております。

このため全体としてちょっと取り留めもない記事になってしまいましたが、それでも従来のような技術屋さんの眼ではなく、用兵者たる鉄砲屋の眼による今までに無かったものであると自負しております。

書店に並びましたら、是非手にとってご覧いただければ幸いです。

posted by 桜と錨 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年10月02日

『丸』 11月号


既に書店に並んでいると思いますが、月刊誌 「丸」 の11月号の特集は 「レイテ沖海戦」 です。

Maru_h2711_cover_s.jpg

私も一つ、次の記事を受け持たせていただきました。

「サマール沖海戦の栗田艦隊砲戦実力」

従来からこのサマール沖海戦での栗田艦隊の射撃結果については、戦史・戦記でもあまり芳しい評価を得ておりません。

確かに、スコールや巧みな煙幕展張の中を必死に逃げまどう米護衛空母群に対するものであったこともあり、一見その様に感じられるでしょう。

しかし本当にそうなんでしょうか?

実は、この時の栗田艦隊の射撃術力としては、平時の射撃訓練ではなく戦時における実戦であることを考えると、決して悪いものでは無かったのです。

では何故あれだけの戦果で終わってしまったのか、それは栗田艦隊の戦闘指揮の拙さに帰結するのです。

・・・・ ということを書いてみました。 射撃データの分析からという、従来に無かった切り口と思います。


なお、今回の特集の中で次のものが掲載されています。

「 『栗田艦隊反転のナゾ』 に迫る」

桐原敏平氏の記事ですが、栗田健男論としてなかなか鋭い視点の良い内容と思います (^_^)


書店に寄られた時には是非手にとってみて下さい。

posted by 桜と錨 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年08月11日

「ビスマルク」 の対空射撃 −2


バタバタしている内にあれこれ宿題も溜まっています。 私のブログらしく気ままに少しずつ (^_^;

さて、某掲示板で出ていました 「ビスマルク」 の対空射撃についての質問の件です。


この質問に対する回答としては、まずハードウェア面から一つ一つ潰していく必要があるでしょう。

その最初が、質問内容に謳われている “時限信管が対応できなかった” という文言です。

これについては、ご来訪いただいている皆さんなら特に説明は要しないものと思います。

即ち、時限信管は発射された後に調定された信管分画 (信管秒時) で作動するものですから、この信管の作動そのものは目標の速力、というより変距率とは全く無関係です。 したがって、これが原因であることはあり得ません。

当該掲示板における回答としては、まず真っ先にこのことを明確にする必要があったでしょう。

ご参考までに、大戦時におけるドイツの88mm及び105mm高角砲用の代表的な時限信管の一つである 「Zt. Z. S/30」 の構造イラストをご紹介します。

German_MTF_Zt-Z-S30_s.jpg


(この項続く)

posted by 桜と錨 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年07月21日

「苗頭」 の単位


本家サイトの掲示板にて、旧海軍の砲術で使用する苗頭の単位である 「千分の一単位」 と 「密位 (ミリイ)」 が話題になりました。

元々の投稿者の方がこの後者の 「ミリイ」 と 「ミリラジアン」 とを勘違いされていたことはともかくとして ・・・・

本家サイトの 『艦砲射撃用語集』 中の 『6.単位』 のページで説明しておりますように、旧海軍では昭和12年の 『艦砲射撃教範』 改訂時に、苗頭の単位として従来使っていた 「千分の一単位」 から 「密位 (ミリイ)」 を使用することに変えました。


それでは、旧海軍においてこの両者の違いをどのように取り扱っていたのか、ということですが、これについてご参考までに海軍砲術学校の教科書にあるものをご紹介します。

密位-1_mod_s.jpg
密位-2_mod_s2.jpg

すなわち、厳密に言えば両者は異なるものですが、現実の射撃においては同等なものとして取り扱って差し支えない、と教えていました。

実際のところ、頭の中で考えるのには 「ミリイ」 よりは 「千分の一単位」 の方が直感的でイメージしやすく、また射撃号令としての苗頭は例えば 「右へ20」 などと言うように単位がついておりませんので、現場においては何ら問題を生じることはなかったのです。

posted by 桜と錨 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年07月17日

「ビスマルク」 の対空射撃


ちょっと前に某巨大掲示板にて次の様な質問が出ていました。

第二次大戦時の戦艦ビスマルクの高射砲について

雷撃機ソードフィッシュを迎撃しようとしてもあまりにもソードフィッシュが遅すぎて時限信管が対応できなかった

とのことですが、では当時のドイツ軍の高射砲が対応可能な最低速度は時速何キロになるのでしょうか?


“この件は海外の議論ボードで様々な意見が出ている” 云々、のレスが付いておりましたが、結局キチンとした答えは出ていないようです。

さて、ご来訪の皆さんならこの質問にどのようにお答えになるでしょうか?

posted by 桜と錨 at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年05月17日

本家サイトの修正


今週は本家サイトの新たなコンテンツの追加はありませんが、既存の 「射撃理論」 の 「超入門編」 及び 「初級編」 の手直しをいたしました。 主な修正点は次の3つです。

1.ブラウザーの互換性の問題
2.フレーム形式の取りやめ
3.一部図表サイズの大型化

同様の問題は、あと大きなところではまだ 「射法」 の項が残っておりますが ・・・・ う〜ん、面倒ですね (^_^;

posted by 桜と錨 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年05月12日

47ミリ重速射砲 (追)


先の 「47ミリ重速射砲 (続2)」 の記事で、HN 「八坂八郎」 氏のブログで紹介された同砲の写真について、

> 尾栓部右側にあるはずの閉鎖機ボックス (機筐) と、これと駐退装置を繋ぐ連接桿がはっきりしない、というか見当たりません。

> これらの部分が整備などの理由で外されているのか ・・・・
> ちょっと不思議な写真です。

と申し上げたところです。

4353f5fc_mod.jpg
( 八坂氏のブログで紹介された当該写真より (注)

「47ミリ重速射砲 (続2)」 :


で、その後色々な調べものをしている時に、『海軍操砲程式』 の当該砲の操法で戦闘配置に就く場合の措置の中で次の様に書かれていることに気付きました。

yamanouchi_47mm_manual_01.jpg
(明治30年版の例)

尾栓を開くに当り間々其の位置を保たざる装置あり。 斯くの如き砲に在ては(二)は回螺挺を以て閉鎖器留螺旋を凡そ5回程螺出す可し。 然れども 自動器機を取外したるときは 閉鎖器留螺旋は堅く螺入すべきものとす。

この規定を見ると、当該ボックスはそれなりの頻度で取り外すことがあったと考えられます。

これは日常行われる砲のメインテナンスや閉鎖発條などのバネ類の保護に伴うことのためです。

そしてこのボックスが取り外されていても、例えば緊急時の場合などにおいては、写真のように転把 (尾栓開閉レバー) を取り付けていれば、従来の保式砲と同様にして射撃は可能です。

また、空砲を発射する場合、即ち礼砲としての使用や実弾発射を伴わない演習での射撃実施の合図としての使用など、においては元々この自動開閉機構は機能しませんので、取り外していても問題はありません。

したがって山内式の47ミリ速射砲において、八坂氏紹介のようにこのボックスが取り外された写真があったとしても、不思議ではないということになります。

これで疑問が一つ解決しました (^_^)

-------------------------------------------------------------

(注):ブログ 『軍艦三笠 考証の記録』 よりの写真の転載・引用は、管理人のHN 「八坂八郎」 氏より許可をいただいております。
posted by 桜と錨 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年05月09日

主砲射撃中の 「武蔵」 の写真について


「武蔵」 の初代砲術長であった故永橋為茂氏 (兵49期) のアルバムに、同艦の主砲である46糎砲の射撃中の写真が残されていることが報じられました。


故永橋氏が生前遺族に “「武蔵」 の写真” と語っていたとされることから、まずその 「武蔵」 であることは間違いないものと考えられます。

とすると、これは何時撮られたものなのでしょうか?


1.就役後の状況

「武蔵」 は昭和17年8月5日に就役、翌18年1月18日にトラックへ向け出港するまでの間、残工事を実施しつつ柱島錨地をベースとして就役 (慣熟) 訓練に従事しました。

就役訓練とは、就役直後に初代乗員が各種の基礎的・基本的訓練を行って艦の運用に習熟し、少なくとも最低限の能力が発揮できるようにするためのものです。

柱島から出港して伊予灘などで訓練を行う 「出動訓練」 を計24回行ったことが記録されていますが、どの様な行動・訓練内容であったのかの詳細については不明です。

戦闘訓練などは重要な項目ですので、当然ながらこれらが頻繁に行われたことは推定されますし、また教練射撃も含まれていたのかもしれません。

ただし、トラック進出以降は射撃訓練は行われたかもしれませんが、このような状況を撮影できるような可能性はなかったものと考えられます。


2.訓練射撃

艦艇は就役しますと、『艦砲射撃訓練規則』 に則って訓練射撃を実施します。 これは 「教練射撃」 と 「戦闘射撃」 に区分されます。 (特定の目的をもって行う 「研究射撃」 と言うのもありますが、通常の訓練射撃ではありませんので省略します。)

教練射撃は砲戦関係員の習熟のための比較的基礎的なもの、戦闘射撃はその年度の総仕上げとして実戦に近似した状況下での高度なものです。

通常は教練射撃では減装薬を、戦闘射撃では常装薬を使用します。 砲齢が僅か百数十発の大口径砲にあっては、教練射撃と言えどもそうそう頻繁に実施できるものではありません。

そこで今回の写真を見てみると、明らかに常装薬での発射です。 したがって、これは教練射撃ではありませんし、また就役直後の訓練とすると戦闘射撃でもありません。

また、教練射撃も戦闘射撃も、曳船が曳く水上標的に対して射撃艦も運動しながらのものですから、写真のようなほとんど動いていないような状況はあり得ません。


3.写真の状況

公開されたのは小さな写真ですし、発射の砲煙に照らされて艦体はシルエット状になっておりますので、細部が判らないのが残念ですが ・・・・

a.前檣楼トップの15m測距儀がほぼ射線方向を向いていると思われることから、砲が射撃指揮装置を使用した発砲諸元に追従しているかどうかはともかく、少なくとも射撃指揮装置では目標を照準・測的していると考えられます。

b.海面に航跡がほとんど見えません。 風や海流に対して体勢を保持する、即ち針路を維持できるだけの速力 (微速以下) であると判断されます。

これは、曳航される標的に対しての、航行しながらの教練射撃でも戦闘射撃でもないことを示しています。

c.訓練射撃時に後続艦がこのような位置にいることは通常ありませんので、この 「武蔵」 の射撃を観測するための何か特別な理由があったと考えられます。 即ち、一般的な訓練射撃などではないことを意味しています。

また、建造中の公試の項目として主砲の射撃試験を行っておりますので、就役直後に改めて何かの砲熕試験を行うことも考えられません。

d.非常に穏やかな海面状況で、内海あるいは環礁内と思われますが、昭和18年のトラック進出以降でのこととは状況的に考えられません。

e.発射の衝撃による水面の波紋、そしてはっきり見えませんが1番及び2番主砲塔の砲身が見えないこと、砲煙の状況からとても9門の斉発には見えないこと、などを勘案すると、どうも3番主砲塔のみの発射と考えられます。

f.3番主砲塔の各砲の仰角は20〜25度程度と思われます。


以上のことを総合すると、この写真は 昭和17年7月26日に伊予灘で行われた 第3回公試における 「装備発射」、またはその3日後の29日に行われた第5回公試における 「方位盤発射」 の時のもの とするのが一番自然であると判断されます。

因みに、「装備発射」 というのは、備え付けた砲熕武器がそれぞれ正常に作動して発砲でき、武器やその取り付けた船体などに異常を生じないかを試験するものです。

通常は目標を狙わずに、一定の砲旋回角及び砲仰角に固定してそれぞれ砲台ごと単独に発射するものですが、46糎砲のように射程が長い場合には、砲側照準などを行ってある程度弾着位置の範囲を絞ることも行なわれます。

また 「方位盤発射」 は砲と射撃指揮装置と組み合わせたシステムとしての試験で、この時は徳山沖に設置された標的に対して、射距離3万mを基準として行われています。

46糎砲の射表がありませんので正確な値はでませんが、この射距離3万mでの砲仰角は約23度程度ですので、写真ではほぼ妥当なところと判断されます。

ただし、装備発射と方位盤発射のどちらの時のものかは、残念ながら今回公開された写真からだけではこれ以上の判別は難しいでしょう。


いずれにしましても、初代砲術長であった故永橋氏が、職務上この公試時の記録写真を入手されたとしても不思議なことではないと言えます。

また、新聞記事に出てくる 「ウサギ云々」 はこの砲熕公試でのことですが、当然ながら故永橋氏はこの話しを聞き知っていたはずです。

(5月10日追記) : HN 「黒猫ザザ」 からコメントをいただきまして、再確認した結果により手直しをいたしました。 黒猫ザザさん、ありがとうございます。

posted by 桜と錨 at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年05月04日

装薬について


先日コメント欄にて次の様なご質問をいただきました。

戦艦の主砲の発射薬は同じ容量のものを距離に応じて1〜6個装填する、と思っていましたが、最近、日露戦争頃の三笠や敷島の12インチ主砲には、強薬や弱薬があったと聞きました。
これは、毎回詰める発射薬は1個だけで、射距離に応じて詰め分けていた、と言うことですか?
それとも、複数個装填するけれども、より細かい様々なバリエーションを選び得たのでしょうか?
また、射距離に無関係に毎回発射薬を目一杯詰めるのは弾道の曲率が減って命中率向上に良いこと、ではないのですか?

取り急ぎ同コメント欄で簡単なお答をいたしましたが、ご来訪いただく方々にもご参考になると思いますので、これを機会に旧海軍の装薬について初歩的なところから少しお話しをしたいと思います。


まずは基本事項のお復習いからです。

「装薬」 というのは一般では馴染みのない言葉の一つですが、例えば、「広辞苑」第6版では次の様に説明されています。

銃砲の弾丸を発射するため、銃砲の薬室内に火薬を装填すること。また、その火薬。発射薬。

旧海軍では明治期初期には艦砲用の火薬を爆発薬 (Explosives) と呼び、その用途により装薬 (Propulsives) と炸薬 (Disruptives) に分けています。

装薬 : 銃砲の弾丸を発射し其の目的点に達せしめんとする者
炸薬 : 発射されたる弾丸を破裂せしてめ其の破壊の効力を増大せしめんとする者

そして大正期に入り、旧海軍ではこの艦砲用の火薬を更に次のように細分化して定義しています。

装薬 : 薬室に装填し弾丸の発射に用いるもの
炸薬 : 弾丸内に装填し弾丸目標に衝撃したる後之を爆発せしむるもの
伝火薬 : 装薬の点火を容易ならしむる為装薬に添加し使用するもの
起爆薬 : 火管亦は信管に装填しその爆発に依り他の火薬の爆発を誘起せしむるもの


さて、その 「装薬」 です。

装薬には、弾薬の形式により分離弾薬で使用する 「薬嚢式装薬」 と、固定弾薬及び半固定弾薬で使用する 「薬莢式装薬」 があります。

通常は前者を単に 「装薬」、後者を 「装薬包」 と呼びますが、火薬が詰められた薬嚢一つ一つも 「装薬包」 と言うことがあります。 また、薬嚢式と薬莢式の両者を合わせて一般的に 「装薬」 と言う場合もあります。

なお、弾丸と薬莢式装薬とが一体となった固定弾薬は、これを 「弾薬包」 と呼びます。

更には 「薬嚢式装薬」 のことを単に 「薬嚢」 と言っている場合があります。 正しくは薬嚢は発射薬を詰める “袋” のことですから厳密には区別する必要がありますが、艦砲の弾火薬を語る場合には通常は空の袋だけを云々することはまずありませんので、混同することはないでしょう。

本項では、以後特に断らない限り 「装薬」 「薬嚢」 はこの一般的な意味としてお話しいたします。

( 弾薬の形式については、本家サイトの 『砲術講堂』 コーナーにある 『艦砲概説』 中の 『弾火薬概説』 の頁をご参照下さい。)



施条 (ライフル) が施された旋条砲が普及する前の滑腔砲 (スムース・ボア・ガン)の時代、砲弾には敵艦の舷側を突き破るため炸薬の入っていない円形の実弾と、人員殺傷を目的とした霰弾などいくつかの種類がありました。 そしてこれらはその種類によって砲弾の重量が異なっていました。

old_shots_illust_s.jpg
( 滑腔砲時代の各種砲弾例 )

実弾などはその威力を高めるためには出来るだけ弾速が早い方が好ましいわけですし、場合によっては2弾装填なども行われました。

それに対して、霰弾などはそれ程高い弾速は必要ありませんし、逆に高すぎると発射時に壊れてしまうおそれもあります。 これらのため砲弾の種類によって発射する火薬の量を変える必要があったわけです。

しかしながら、戦闘が始まってから艦内奥深くにある火薬庫で火薬の樽から一々袋に詰めるのでは間に合いませんので、それぞれ決められた火薬の量だけ詰めたものをある程度の数量ずつ準備しておくことになります。 これが今日の装薬の分類の始まりです。

これは、滑腔砲から旋条砲へ、そして前装砲から後装砲へ進歩した初期においても、砲弾の種類、即ち用途と重量によって火薬の量を変える方法が続きました。

火薬庫の棚には、各砲種、弾種、用途ごとに数種類ずつの装薬が整然と並べられていたのです。

old_powder_room_draw_01_s.jpg
( 18世紀後半〜19世紀初め頃の火薬庫内配置例。 この例では、遠達量、全量、減量の3タイプの用語で示されています。)

しかしながら、艦砲の進歩に伴って次第に砲戦距離が遠くなってきますと、正確な射撃のためには詳しい 「射表」 が必要になってきますが、これまでのように火薬の量を細かく変えていたのではこの射表の作成が面倒になります。

このため、1つの砲で使用する砲弾の重量はその弾種による違いなく極力同じものとすることが求められるようになった訳です。

その結果、日露戦争期直前までに砲種にかかわらず装薬の種類を次のように整理・統一するようになりました。

強装薬・弱装薬 : 一種の砲に於いて二種の装薬を用いる時其の重の多寡に由て区別された名称にして、即ち其の量の多き者を強装薬と言い、少なき者を弱装薬と言う。 強装薬は主に穿甲弾を発射するに用い、弱装薬は通常榴弾以下の弾丸を発射するに用う。
常装薬 : 装薬を強弱の2種に区別することなき砲に於いて実用に供する装薬を言う
減装薬 : 費用と大砲の摩損を減ぜんが為め演習弾を発射する際に用うる装薬を言う。其の量常装薬の二分の一なるを常とす (特に定められたる例外の砲を除く)。 ただし紐状火薬 (無煙火薬) を用うる砲に在りては砲火薬 (黒色・褐色火薬) を用う。
空放装薬 : 砲種に応じ特に定められたる少量の装薬にして礼砲号砲諸発火演習等に用う。

つまり通常は、主として旧式砲では強弱2種類の装薬を、新しい砲では常装薬1種のみを全ての弾種で使うようになってきました。

これには砲弾の進化もありまして、それまでの様々な弾種を整理し、特に近距離戦用の砲弾は廃止し、残った弾種も極力重量を同じになるようにした結果でもあります。

例えば 「三笠」 などの戦艦に搭載された四十口径安式十二吋砲においても、当初は 「穿甲弾」 には1発につき装薬包4個を 「強装薬」 として、そして 「通常榴弾」 には装薬包3個を 「弱装薬」 としていました。

これが日露戦争期までに徹甲弾系の 「徹甲榴弾」 と榴弾弾系の 「鍛鋼榴弾」 の砲弾重量を同じとし、戦闘時にはどちらも1発につき装薬包4個を 「常装薬」 として使用するようになりました。

これによって十二インチ砲の装薬は、下の図のような戦闘用の 「常装薬包」 と訓練・演習用の 「減装薬包」 との2つになったのです。

powder_12in_40cal_draw_01_s.jpg
( 左 : 常装薬包  右 : 減装薬包 )

ついで、日露戦争期以降になると、徹甲榴弾 (後の徹甲弾) を標準にして、その常用の装薬を 「常装薬」 とし、これを基準に強装薬、弱装薬、減装薬が定められることとなりました。 例えば次の様にです。


そして昭和期に入ると、装薬の種類は次の様に分類され、再定義されました。

強装薬 : 砲の造修試験等に使用し、薬量は常装の二割増を普通とす
常装薬 : 戦闘の際使用するものにして、造修試験又は年度射撃等にも使用す
弱装薬 : 薬量は常装の四分の三にして造修試験又は年度射撃等に用う
減装薬 : 薬量は常装の約四割にして用途は弱装に同じ
特減装薬 : 薬量は減装より尚少量を使用し、至近距離の戦闘又は実験用に使用す
空放装薬 : 演習信号又は礼砲に用う

そして常装薬以外においてそれとは別の種類の発射薬を使う場合には、その勢力が常装薬用の発射薬と同じになるように換算した薬量としています。

具体的な装薬包数の例は次の通りです。

砲  種常装薬弱装薬減装薬
  四十糎砲
  三十六糎砲
  二十糎砲

なお、昭和期の装薬については、現在のところ40糎砲、36糎砲及び25糎砲用の3つの詳細データを本家サイトの次のページにて公開しておりますので、ご参考にしてください。


-------------------------------------------------------------

頂きましたご質問の最後にある

毎回発射薬を目一杯詰めるのは弾道の曲率が減って命中率向上に良いことでは

ということですが、

ご存じのように砲身の強度というのは設計上の最大筒圧に安全係数をかけたもの使用します。

滑腔砲の時代には発射薬は黒色火薬でしたので、これは既に別記事にてお話ししましたように、燃焼速度をコントロールできませんでした。

黒色火薬と無煙火薬 (続) :

したがって、砲身は構造上薬室部分の強度が極めて高くなるように作られています。

typical_smooth_bore_gun_draw_01_s.jpg
( 30ポンド・カロネード砲の例 )

これによって、当時の強装薬よりも更に無理をした目一杯の発射薬を使用することも、必要に応じてある程度可能だった訳です。 (もちろんその為の砲身毀損事故は結構発生したわけですが)

旋条砲の時代になってもこの考え方からはなかなか抜けることが出来ず、2弾装填などの無茶もやっています。

barrel_old_gun_double_shell_draw_01_s.jpg
( 初期の施条砲における2弾装填の例 )

ところが、無煙火薬が発明されたことによりこの燃焼速度を精密にコントロールできるようになりました。

これはその最大の特徴である緩燃性を活かして、発射薬を徐々に燃焼させて効率的に砲弾を加速させ、かつ最大筒圧を低く抑えることが可能となったことを意味します。

これによって、砲身が細く長いもとなり、かつ高い初速が得られる近代艦砲へと進歩したのです。

barrel_6in_draw_01_s.jpg
(40口径安式6吋速射砲の砲身構造の例)

したがって、薬室に余裕があると言えば言えますが、砲身強度は低く押さえられておりますので、常装薬が “目一杯” であり、強装薬は前述のように砲身のテストなど特種な場合でしか使われないことになりました。

なお、黒色火薬・褐色火薬から無煙火薬への発射薬の進歩と造砲技術の発展による筒圧曲線の変化については、艦砲射撃の変遷を語る上では重要な事項になりますので、機会があれば別記事にして詳しくお話したいと思います。
posted by 桜と錨 at 19:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2015年04月26日

四十七粍速射砲の話題


先に当ブログで四十七粍重速射砲及び同軽速射砲について話題にしましたが、ブログという性格上時間が経つと流れてしまいます。

つきましては、本家サイトの今週の更新として、少々纏め直したものを 『砲術の話題あれこれ』 の第6話として掲載いたしました。


06_47mm_draw_04.jpg

それにしても、山内万寿治氏の考案は実に素晴らしいものですね。 これが明治23年のことであったことを考えると尚更と思います。

posted by 桜と錨 at 11:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 砲術の話し