2010年11月04日

ネット接続トラブル

 一昨日朝、突然私のパソコンがネットに繋がらなくなってしまいました。 家の中で繋がらないのは私のだけですので、LANの子機かパソコン本体が原因でしょう。

 元々私の机の上は2台をLANケーブルで繋いで使っています。 ですから、片方に無線LANの子機をUSB接続するとIPの問題で上手くいきません。 これも設定の方法によっては出来るのでしょうが、あれこれやってみて結局ダメでした。

 そこで、家の電気配線を利用するタイプを使って、これをLANのハブに接続していました。 これで今までは何とかいっていました。

 ところが、一昨日この子機が全く 「親機が見つかりません」 状態になってしまいました。 パソコンの電源を全て落とすと、何故か正常に。 そしてまたパソコンの電源を入れると接続できなくなります。

 したがって、どうも子機の異常では無いようです。 パソコン内から何かのノイズが電源系統に出ているのか・・・・?

 あれこれやってみましたが、私の知識レベルでは手に負えませんでしたし、予備のノート・パソコンや家族のものを使っていては不便ですので、本日家電ショップまで出掛けてきました。

 結局、手っ取り早い方法で無線LANの中継機を子機として使ってLANハブに繋ぐことに。 このため親機も指向性の強い最新式に切り替えることになりました。

 先程セットアップをしまして、無事ネットが使えるようになりましたが ・・・・ それにしても突然としてちょっと思わぬ余計な出費が (^_^;

 でも、電気配線利用のタイプ、親機と子機のセットが不要になってしまいました。 これの活用法は何かないのか、とちょっと悩むところです。
posted by 桜と錨 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年11月05日

たまにはノンビリBBQ

 ネット接続トラブル中での話しですが ・・・・ 久しぶりに家族全員が集まりましたので、例によって庭でBBQと相成りました。

 以前もお話ししましたが、我が家のBBQはわざわざその為に高級食材を揃えたりとかはせず、身近なもので各自の食べたいものを勝手に焼いて食べる、という方式です。

BBQ_h2211_01_s.jpg

 まあ一説には、冷蔵庫の中の在庫整理とも言いますが (^_^;

 もちろん、火を熾すのも焼くのも全て私の役目で、家内や子供たちはただ召し上がるだけ。 家内も夕食を作らなくてよいので、ホクホク顔でビールをグビグビ。

 コンロを2つに分けて、片方では網を使ってチマチマ焼きます。 キノコのホイル焼き、厚揚げ、ウィンナー、フランスパン、等々。 肉は少しだけ、タンとハツ。 これの熱々にカボスを絞ると最高のつまみで、ビールがすすみます。

 もう半分では、庭の木の剪定した枝を使って強火で、焼き芋、焼きリンゴ、焼きバナナです。

BBQ_h2211_02_s.jpg

 今回は焼き芋が最高の出来でした。 皮はパリパリ、中はふっくら。

BBQ_h2211_03_s.jpg

 我が家のワンコ達も残り物のご相伴にあずかり、満足気です。 年内寒くならない内にもう一度くらいできるでしょうか。

BBQ_h2211_04_s.jpg

posted by 桜と錨 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年11月10日

お出かけ


 月曜の早朝から一泊二日で出掛けておりました。 例によって静岡でしたが、今回はちょっと普段とは異なるものでしたので、朝早く家を出て、珍しく昼前から夕方までが忙しく、夕方以降はちょっと暇になり早々にホテルでノンビリ。

 で、夜小腹が空いたこともあり出てみましたが ・・・・ やっぱりキチンと調べなかったのが間違いかと (^_^;

 繁華街へ出るのが面倒くさかったもので、ホテルのすぐ近くの焼鳥屋さんに入りました。 お店の名前は敢えて伏せますが、カウンターが中心の、勤め帰りに一杯という雰囲気のところです。

odekake_h2211_02.jpg

 一通り注文してから、出来上がるまでの繋ぎにキャベツと枝豆を頼んで一杯やりましたが、これが出てきた瞬間に “失敗した” と直感。

odekake_h2211_03.jpg

 注文した後でしたので後の祭りでしたが ・・・・ う〜ん、中の下か、下の上というところ。

odekake_h2211_04.jpg

 ここのウリの一つと聞いていた手羽の唐揚げ。 カラッとしていませんし、何よりもタレが甘すぎます。

odekake_h2211_05.jpg

 口直しにスターバックスでコーヒーのトールサイズを買ってホテルへ戻りました。

 昨日の帰りは、静岡駅パルシェのいつもの 「魚がし鮨」 さんでちょっと摘んでから。 ここは何時行っても気軽に美味しいものを安心して食べられます。 今のところ、私のお気に入りの一つ。

odekake_h2211_06.jpg   odekake_h2211_07.jpg
( 左 : えんがわ   右 : さざえ )

odekake_h2211_08.jpg   odekake_h2211_09.jpg
( 左 : くじらの赤身   右 : いさき )

odekake_h2211_10.jpg   odekake_h2211_11.jpg
( 左 : 生白子   右 : 石垣鯛 )

odekake_h2211_12.jpg   odekake_h2211_13.jpg
( 左 : 生さば   右 : やがら )

 これで前日夜の分を取り戻した気分になれました。 そして帰りの富士山は雲一つないクッキリした勇姿。

odekake_h2211_01.jpg

posted by 桜と錨 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年11月20日

NHK 「坂の上の雲」 第1部 再放送

 ご存じとは思いますが、昨年放送分の第1部が本日より再放送されます。 予定は次のとおり。 昨年の放送をご覧になれなかった方は是非お見逃し無く。

<総合>
  2010年11月20日(土) 午後7時30分から    第1回
        11月27日(土) 午後8時から        第2回(前編)
        11月29日(月) 午後8時から        第2回(後編)
        11月30日(火) 午後8時から        第3回(前編)
        12月 1日(水) 午後8時から        第3回(後編)
        12月 2日(木) 午後8時から        第4回(前編)
        12月 3日(金) 午後8時から        第4回(後編)
        12月 4日(土) 午後7時30分から    第5回
   *第2回から第4回は分割して放送します
posted by 桜と錨 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年11月21日

昨日のちょっと一杯

 なんだかんだと3週間も居座っておりました子連れの娘がやっと帰りました。 孫の相手はこれはこれで楽しかったのですが、いなくなるとやはり家内共々 “お疲れお疲れ” となりましたので、昨夕は家内の慰労を兼ねて歩いて近くへちょっと一杯に出掛けました。

 しかし週末、大した繁華街はありませんので目指すところはどこも満員。 しかたなく新規開拓をすることに。

 う〜ん、こんなところにまともなお店があるのか、というような場所に 「魚・旨酒」 の看板を見つけましたので、「試しにちょっと寄ってみるか?」 と。

ippai_h2211_01.jpg

 小さなビルの急な階段を上って3階へ。 カウンター6席とテーブルが3つの小さなお店です。

ippai_h2211_02.jpg     ippai_h2211_04.jpg

 判りにくい、というか入りにくいためもあってか、先客は常連さんらしき中年のカップル一組のみ。 お店の雰囲気は落ち着いていて大変に良いです。 若者が集まって騒ぐようなところと違って、お酒と肴を楽しむグッと大人のムード。

 「二花あづま」 さん。 良いですね、こういうお店は。

ippai_h2211_03.jpg

 まずはお酒を。

 看板にするだけあって日本酒と焼酎はかなり “通” の銘柄が揃っておりました。 取り敢えず私は芋の 「吉兆宝山」、家内は冷酒で 「八海山」 (これは家内の大好きな銘柄)

ippai_h2211_05.jpg     ippai_h2211_06.jpg

 肴は本日のお薦めを中心に選びました。

ippai_h2211_07.jpg
( 黒鯛  私などには 「チヌ」 の方が通りがよいですね )

ippai_h2211_08.jpg
( 平目 )

ippai_h2211_09.jpg
( アジのなめろう )

ippai_h2211_10.jpg
( カマスの塩焼き )

ippai_h2211_11.jpg
( 岩のりとクリームチーズの和え物  ちょっと不思議な味、でもなかなか美味 )

ippai_h2211_12.jpg
( この季節の定番  ギンナンの塩焼き )

 どれも大変に美味しく、丘陵地の辺鄙な街でこれだけの物が食べられるならまずは合格点です。 そして器類にも凝っていて、楽しませてくれます。

 う〜ん、これからは時々はお邪魔することになりそうな ・・・・ ?

 お留守番の子供達へのお土産は31のアイス詰め合わせ。

ippai_h2211_14.jpg
( 某所 (^_^; から猛烈なブーイングの為、写真差し替え )

 家からの途中の旧道にあるお宅、毎年クリスマス・イルミネーションが飾られますが、年々派手になっていくような (^_^)  それでもパチンコ屋さんなどによくある下品なものではなく、なかなか良い感じです。

ippai_h2211_00.jpg

 今年ももうこういう季節なんですね〜
posted by 桜と錨 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年11月30日

NHK 「坂の上の雲」 打ち上げ!

 昨日NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 の打ち上げが都内の某ホテルにて行われました。

 これは先週函館での二〇三高地関連のロケが終わり、これでドラマ全ての撮影が終了したことに伴うものです。 (まだ実景撮影が少し残っているようですが、これは役者さん達が全く出ない単なる背景映像だけですので。)

 私も海軍考証・海軍演技指導に関わった者としてお呼びいただきましたので、喜んで出掛けてきました (^_^)

saka_h2211_01_s.jpg

 ご承知のとおり、このNHKスペシャルドラマは構想8年、撮影は3年に及ぶ長いものでした。 振り返れば私も既に2年9ヶ月にわたってお手伝いしていることになります。

 打ち上げは定刻に始まりましたが、この時刻には約400名ほど、最盛時には約500名の参加者で、広い会場もギュウギュウの一杯に。

役者さんはモックン (本木氏)、阿部寛氏、香川照之氏の主演3方を始め、高橋英樹氏、伊東四朗氏、菅野美穂さん、石原さとみさんなど多くの人が顔を見せていました。

 例によってNHK会長などの挨拶に始まりましたが、参加者は長い間一緒にやって来ただけに、先に参加した大河ドラマ 「龍馬伝」 の打ち上げ以上に和気藹々とした大変に楽しいものになりました。

 ところで、ご存じの方も多いと思いますが、このNHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 の昨年放送分の第1部がエミー賞テレビドラマ部門で最終選考の4作品の一つにノミネートされました。

 残念ながら惜しくも賞は逃しましたが、エミー賞ノミネートは日本の放送界では初めてのこととか。 今年の第2部、そして来年の第3部もそれぞれエントリーできますので、もしかしたら来年、あるいは再来年のエミー賞受賞が期待できるかもしれません。

 会の最中にエミー賞会場での模様のビデオと共に式に参加した第1部の柴田監督から最終ノミネートの賞状とメダルの紹介がありました。 ということで、私も賞状をお借りして記念撮影を (^_^;

saka_h2211_03_s.jpg   saka_h2211_04_s.jpg

 そして正規の打ち上げがお開きとなった後は二次会へ。 場所は貸し切りパーティールームで有名な渋谷の某所へ移動して行われました。 私ももちろん喜んで参加 (^_^)

saka_h2211_02_s.jpg

 約150名ほどですが、こちらはもうそれこそ本当に身内のざっくばらんな飲み会の雰囲気で、役者さん達もスタッフさん達もゴッチャになってのワイワイ。 途中でロケでの裏話披露は出るは、ビンゴ大会は始まるは、で大変に楽しかったです。

 特に役者さん達の思わぬ素顔が見られたのが良かったですね。 香川氏などはもうず〜っとノリノリで。

 ・・・・ で、会の最中にVFXチームの面々が揃って挨拶に来まして、何かと思ったら、

「先生、今日は撮影の打ち上げでVFXはまだ1年続きますから、これで終わったと思って逃げないでくださいよ!」

 でした (^_^;
posted by 桜と錨 at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年12月04日

二日続けて同じ場所で一杯

 一昨日、昨日と連チャン、しかも同じ場所で同じ時間に飲み会でした。

 お邪魔したのは登戸にある 『みとり庵』 さん。 ここは民宿の1階にあり、その食堂も兼ねたレストランで、店構えも中のテーブル・セットなども普通によくある “食堂” 風です。

noborito_h2212_01_s.jpg

 が、店内にはカウンターバーあり、カラオケセットあり、しかも奥にはグランドピアノまであって時々ライブがあるという、変わったと言うか、面白いお店です。

 ここはメインの売りはうどんすきと昼間のボリュームタップリの定食なんだそうですが、夜の宴会としてもおつまみ類も大変に美味しく、しかも非常に安かったです。

 駅から徒歩約5分で、繁華街にあるわけでもなく、メインの通りからはちょっと奥に入った場所なのですが、これで付近ではなかなかの評判の所とか。

 今回ここが選ばれたのは、両日共の主賓であった服飾研究家、特に海軍関係の軍装研究で有名な柳生悦子女史のご希望によるものだからです。

 一昨日は海軍関係の定例の集まりで、戸高一成氏や雨倉孝之氏、東京大学の鈴木淳准教授、変わったところでは (失礼 (^_^; ) 東京芸術大学の塚原康子教授など、海軍の話なら、という人達ばかりでそれこそワイワイ。

 しかもちょっと遅れて国立公文書館の若いお嬢さんお二人も合流して、賑やかなことこの上無しでした。

 そして昨日はNHK 『坂の上の雲』 の撮影終了に伴い、衣装関係のスタッフが中心となって服装考証のメインとなって活躍された柳生先生を囲んでの一杯でした。

 これに 『坂の上の雲』 の制作に関わった陸軍関係の佐山二郎氏、軍装コレクターで恐らく日本一の平山晋氏などが参加。 こちらも制作裏話などで大変に盛り上がりました。

 両日とも、それこそ話題は尽きず、本当にあっという間の楽しい2時間でした。

 主賓の柳生先生には2日連チャンでお付き合いいただき申し訳ない限りですが、気心知れた老若男女が集まって (回りから見ると不思議な集団) のワイワイですので、喜んでいただいたならば幸いと思います。

 ・・・・ 3日振りのブログ更新の言い訳ということで (^_^;
posted by 桜と錨 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 第2部放映!

 さて、いよいよ明日からNHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 の今年の第2部が総合テレビで放送になります。

      12月 5日 (日) 午後7時30分〜9時  第6回 「日英同盟」
      12月12日 (日) 午後7時30分〜9時  第7回 「子規、逝く」
      12月19日 (日) 午後7時30分〜9時  第8回 「日露開戦」
      12月26日 (日) 午後7時30分〜9時  第9回 「広瀬、死す」

 歴史、軍事が好きな方々にとって見れば、それこそ第1部以上に “突っ込みどころ” 満載です (^_^)

 いつも申し上げているように、これは司馬遼太郎氏の原作を元にした “人間ドラマ” です。  そしてそれを前提にして、かつ時間的、予算的、物理的な制約も併せ、NHKの制作意図が歴史解説やドキュメンタリーでは無いことは当初からハッキリしています。

 それを頭に置いて “素直に” ご覧いただければ、大変に面白い、良い作品であることがお判りいただけるでしょう。

 どうぞお楽しみに。

 とは言ってもまた2チャン雀さん達などが自分の知識をひけらかしたいのか、あちこちで騒ぐんでしょうねぇ。 まあ、それはそれで別な楽しみ方なんでしょうから、結構なことですが (^_^;
posted by 桜と錨 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年12月05日

A3スキャナー

 大量の紙資料が未だに段ボールに山積みになったままですので、これの整理を少しずつやっております。 何しろ狭い我が家ですから、家内や子供達から粗大ゴミ扱いの白い眼で見られていますので。

 残すべきものはスキャナーで読み込んでディジタル化した後、紙そのものは全て処分するつもりですが、やっと今1/3くらいが終わったところです。

 ところが困ったことに、ここ15年ほどのものはほとんどがA4なのですが、それより古い書類はB規格なのです。 B5ならまだそのまま普通のスキャナーにかけられるのですが、大量のB4と一部A3のものがあります。

 これらは時々コンビニに持ち込んでA4サイズに縮小コピーしてからスキャナーにかけていたのですが、その為に一々出掛けるのが面倒くさいですし、それよりもコピー代がバカになりません。

 そこでヤフオクで中古のA3スキャナーを格安でゲットしました。 ところが、届いたものはやはり “デカイ” (^_^)

scannar_A3_01_s.jpg

 古い食卓テーブルを机の横に置いて機器置き場として使っていますが、その半分近くを占領してしまいました。 写真の奥に映っているA4プリンターと比べていただくとその大きさがお判りいただけるかと。

 しかし、中古のオークションものとは言いながら、今のところ作動は非常に良好で、手が空いた時にセッセとスキャンを。 お陰で、この様な ↓ ものも縮小や分割をしなくて一度でスキャンすることができます。

haruna_01a_s.jpg   haruna_02a_s.jpg
haruna_01b_s.jpg   haruna_02b_s.jpg
( 「はるな」 艦内一般配置図   左 : 改装前、 右 : 改装後 )

 これは掘り出し物だったかも。

 ただ、これを見た家内がこれ幸いにと、自分の大型の楽譜を保存用にディジタル化とコピーしてくれとチョクチョク割り込んできますので ・・・・ (^_^;

posted by 桜と錨 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年12月08日

最近の艦船スケールモデル界

 ここに来て新しいスケールの1/350だけでなく、元の1/700も次々に新しいアイテムが出てきていますね。 それもリニューアルだけではなく、今まで無かった艦船まで。

 1/700と言えば、私の若かりし頃に誕生した静岡4社による 「ウォーターライン・シリーズ」 が始まりですが、これが今では世界標準と言えるほどにその地位を確立しました。

 昔は素組か、腕に覚えのある人達がプラ棒などを加工してディティール・アップをしていた程度だったのですが ・・・・ 今ではキットそのものの精度やディティールが格段に良くなり、加えてエッチング・パーツや様々な加工素材が豊富に揃う様になりまして、どんどん細部まで作り込むことが可能となってきました。

 ところが、細かな物といえば日本人の手先の器用さによる専売特許の様な感がありましたが、ここに来て、例えば私も交流のある台湾のグループではこの細部にこだわったオプション・パーツを専門にするところも出てきました。

 皆さんよくご存じと思いますが、最近この方面ではその精密な出来で評判になっている 「ベテラン・モデル」 というところです。 ここから出してる品々は、ちょっと日本人でもビックリするようなものが多いですね。

 この 「ベテラン・モデル」 からのものには、ごく最近では次のようなものさえあります。

haruna_dt_01_s.jpg

hiei_dt_01_s.jpg

haruna_gt_s.jpg   hiei_gt_s.jpg
( 使用画像は全て 「ライデン・モデル」 さんの許可を得たものです。 )

 う〜ん、この様なものまで、とちょっと驚きです。

 確かに、短8糎外筒砲やその架台などは、時期設定の仕方によっては欲しいし、あれば見栄えがグッと良くなることは確かです。 しかもここまで細かく再現されていますから。

 私のような大して腕のない隠れモデラーからすると、“本当にここまでやるの” という気がしないではないですが、その一方では、スケール・モデルの世界からすれば選択肢が広がることは嬉しいことに違いありません。

 自分の腕と好み (そしてお財布 (^_^; ) によって好きなように作り込めるというのは、大変に良いことだと思います。

 ところで、現在のところこの 「ベテラン・モデル」 のオプション・パーツ類は、国内では通販の 「フリート・ネット」 さんなどで手に入るようですが、最近この方面に進出してきたのが、「ライデン・モデル」 さんというところ。

「フリートネット」 さん
   https://www.fleetnet.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=10156

「ライデン・モデル」 さん
   http://raydenmodels.la.coocan.jp/veteran_002.html

 この 「ライデン・モデル」 さん、元々 「ベテラン・モデル」 を始め台湾のモデラーさん達とも個人的な交流のあるところですので、「ベテラン・モデル」 のものは安定して入荷するようです。

 そしてなによりも安い! 例えば 「フリートネット」 さんでは先の 「比叡」 オプション・パーツ・セットを2835円で販売していますが、この 「ライデン・モデル」 さんはこれが2310円です。 これができるのも人脈の故なんでしょうね。

 一時期に比べると模型に興味を示す若い人が少なくなってしまった、と言うより趣味として “自分で物を作る” 人達が少なくなってしまったようですが、かと言ってニーズはこの先も無くなるはずはありません。

 趣味として、何時でも気軽に必要なものが手に入る状態が維持される “業界” であって欲しいものです。 特に艦船のスケール・モデルの世界は。

 そしてそこからでも結構ですので、艦船に興味を持ってくれる人達が増えてくれると嬉しいですね。
posted by 桜と錨 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年12月25日

今日はクリスマス

 長女一家も来ることになっておりまして、久々に一家が揃うことになりました。 そして丁度タイミング良くマイミクさんがわざわざ送ってくれたものが届きました。 感謝!

Xmas_h22_02_s.jpg

 カニは家内も私も大好物なのですが、この長女もそれに負けずです。 ではその孫は? と思ったら、興味津々のようで ・・・・

Xmas_h22_04_s.jpg

 結局、婿殿は仕事で来れなくなってしまいましたので、孫も含めて男1人に女5人で平らげました。 婿殿、残念!

Xmas_h22_03_s.jpg

でもやっぱり孫娘はこちらの方がお気に入りのようです。

Xmas_h22_06a_s.jpg   Xmas_h22_06b_s.jpg

 お腹一杯で、しかも賑やかな我が家のクリスマスとなりました。

Xmas_h22_01_s.jpg


posted by 桜と錨 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2010年12月31日

良いお年をお迎えください

 いよいよあと数時間で新年を迎えることとなりました。 本年もこの 『桜と錨の気ままなブログ』 にご来訪いただきありがとうございました。

 一昨年の10月に本家サイト 『海軍砲術学校』 の付属として開設いたしまして2年が過ぎました。 最近では重複カウントなしで毎日平均370〜400名の方々にご来訪いただけるようになりました。 嬉しいことです。

 管理人としてましては、本年一年はNHKのスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 と大河ドラマ 「龍馬伝」 で慌ただしく過ぎ去ったと感じております。

 「坂の上の雲」 では、今年は特に5月の3週間にわたる加賀ロケは、昨年のマルタ・ロケと共に懐かしい思い出です。 このドラマに本当に深く関わらせていただいたと実感しています。

 また 「龍馬伝」 は、最初は黒船のところでちょっとお手伝いを、でしたがその後あれもこれもとなって、結局1年のお付き合いとなりました。 光栄なことです。

ryomaden_part1_cover_s.jpg     ryomaden_part2_cover_s.jpg
(  第 1 部  )              (  第 2 部  )

ryomaden_part3_cover_s.jpg     ryomaden_part4_cover_s.jpg
(  第 3 部  )              (  第 4 部  )

 来年は、本来の研究と執筆に少し力を入れたいと思っていますが、さてどうなることでしょうか (^_^)

 皆様もどうか良いお年をお迎えください。

 そして来年もまた本ブログをご愛顧いただけますようお願い申し上げます。
posted by 桜と錨 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年01月01日

酔って候

 新年明けましておめでとうございます。

 今年は、家内が昨年末にギックリ腰を起こしてしまい、ほとんど何も準備ができませんでしたので、極めてシンプルなお正月です。

 元旦の初詣も中止、元々我が家のお正月は来客はありませんので、家の中でゴロゴロ、ダラダラと朝から飲んでおります。

 まずは我が家恒例、裏返した七福神のお猪口から自分で好きなものを選んで今年の運勢占いでお屠蘇を。 私は福禄寿でした。

gantan_h23_02a_s.jpg   gantan_h23_02b_s.jpg

 おせち料理は、子供達がほとんど食べないので仕出しのものを。 ここ最近は某料理店のもので、よくある見た目ばかりの飾り物ではなく、食べて全部美味しいことを評価しています。

gantan_h23_06_s.jpg

 例年ですと、黒豆、数の子など数点は家内が作るのですが ・・・・ 今年はおせちと、家内が何とか作ってくれたお雑煮のみ (^_^;  でも家内のお雑煮はなかなか美味いんですよ、これが。

gantan_h23_05_s.jpg

 で、元旦から宅配便が届きました。 昨年末のクリスマスに仕事で来られなかった娘婿が4日に来ますので、その時に備えて頼んだものです。

gantan_h23_04_s.jpg

 本当は生が良いのでしょうが、我が家はカニ大好きが多いのと年末年始ですから、贅沢を言わずに量の多さで勝負の冷凍物 (^_^; 訳あり品がゴッソリです。

 あとは年賀状を見たり、パソコンを触ったりしながら、ダラダラとお酒を。 今年も親戚が送ってくれた 「秋とんぼ」 です。 フルーティーでなかなか。 それにビールとワイン。

gantan_h23_01_s.jpg

 酔っぱらっております、はい。
posted by 桜と錨 at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年01月08日

孫娘と一緒にお勉強

 年が明けてからまた娘一家が来ましたが、婿殿は仕事の都合で一泊のみでした。 年末年始もない職業は大変ですね。

 で、孫娘も段々と知恵が付いてきまして、その知的欲求を満たされるものに何かと興味が湧くようになりました。

 ・・・・ と言うことは、我が家のリビングの隣にある私の書斎がターゲットになり始めまして ・・・・ お絵かき、パソコンはもちろんのこと、ありとあらゆる物が遊び道具と化し始めました (^_^;

 何かにつけて、書斎に顔を出すようになりまして、年明けからは自分が座る子供椅子を食堂から運んでこいと催促があります。 私の横に座って、あれこれと楽しんでおります。

ma--go_h2301_01_s.jpg

 もっとも、娘も家内も、自分達が相手をするに飽きると直ぐに 「じ〜じのところが楽しいよ」 と言って孫娘を書斎に送り出すのですが ・・・・(^_^;

ma--go_h2301_02_s.jpg
( お気に入りのカニの爪形ボールペン )

 やっと帰って行きました。 しばらくは平穏な日々かと (^_^)
posted by 桜と錨 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年01月09日

酔って候 続

 連休中日の日曜日。 長女一家も帰りましたし、次女は大学の卒研の爲に学校の寮に泊まり込み。 三女と我ら夫婦のみ。

 家内と例によって “今日の夕御飯は何にする〜?” で、まあ冷蔵庫にあるもので軽く食べようということに。

 そこへ夕方になって、ピンポ〜ンと玄関のチャイムが。 クール宅急便にて義姉から牡蠣が届きました。 剥き身と殻付き。

 義姉は広島音戸の牡蠣の網元の家に嫁いでおりますので、毎年そこの新鮮な牡蠣を送ってくれます。 ここの牡蠣は格別です。

 で、家内が剥き身の半分を使ってオリーブ・オイル漬けを作り始めましたが ・・・・ 作りながらそれをレンジでチンして試食。

 美味しいからお父さんもどうぞ、ということで口にポイ。 美味い! これはお酒が要る、ということで ・・・・

 まずはオリーブ・オイル漬け、そしてカボスを搾った生の剥き身

yotte_h2301_01_s.jpg
( 左のオリーブ・オイル漬けは、1〜2日冷蔵庫に置いた方がもっと美味しいです )

 レンジでチンした殻付き ・・・・ もう止まらなくなってしまいました。

yotte_h2301_02_s.jpg

yotte_h2301_03_s.jpg
( 中のお汁ごとツルリと、う〜ん、たまりませ〜ん )

 結局、もう今日の夕御飯はこれでいいや、と (^_^)

 今日のお酒は 「剣菱黒松」 こういう肴にはピッタリかと。 そうそうに酔っぱらってしまい、もうこれで今日は仕事にはなりませ〜ん。
posted by 桜と錨 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年01月17日

16年前のあの日

 もう阪神淡路大震災から16年が過ぎました。 私にとっては未だにまるで昨日ことの様ですが ・・・・

 あの日の朝、呉の官舎で寝ていたところを横にいた家内に起こされました。

 「おと〜さん、いま地震があったよ。 かなり大きかったみたい。」

 私はぐっすり寝込んでいて全く気が付きませんでした。 5時50分前後です。 布団から出てテレビを点けると、速報表示が出始めていました。

 始めは滋賀や奈良方面を中心としたものが出ていましたが、段々と表示される数が増え、震度の数値も大きくなってきます。

 う〜ん、どちらにしても大阪よりは東か ・・・・、大きな地震だから陸自さんは出るのかな? もし海自にも災害派遣がかかるにしても横須賀地方隊の担当区域だし ・・・・

 ・・・・ その内表示される地域が徐々に西の方へ移動してきます。 ???? ホントの震源地はどこじゃいな ・・・・ ? 大阪以西なら呉地方隊の担当になるが ・・・・

 「ちょっと様子を見てくるわ。」

 っと、着替えて総監部に出掛けました。 確か、総監部に着いたのは6時15分頃だったと記憶しています。 家に戻ってきたのはそれから “48日後” になるとは、その時は思いもしませんでしたが。

 17日と18日で初動の対処を呉で済ませた後、19日地方総監の加藤武彦海将 (加藤寛治海軍大将の孫) 直率で総監部防衛部の主要幕僚共々神戸の阪神基地隊へ小松島航空隊のヘリコプターで移動。 直ちに海上自衛隊災害派遣部隊司令部を開設したのです。

 海自派遣部隊は、艦艇と航空機によって給水、輸送、医療、行方不明者捜索、非常用糧食、市民入浴支援、陸自支援などを実施しましたが、特にライフラインが全滅した神戸にあって、艦艇を活用した大阪からの真水輸送は重要な任務となりました。

hanshinawaji_h07_02_s.jpg
( 3週間が過ぎ、業務も軌道に乗って司令部一同にもやっと余裕の表情が
   前列中央、赤白の腕章が加藤呉総監、向かってその右が仲摩阪基司令 )

 海上自衛隊の災害派遣は、3月に大規模な支援を完了した後、以後細々と5月まで続きました。 この間、多くの市民から感謝と心温まる激励の言葉をいただきましたが、苦情などは一件もありませんでした。 これが全ての派遣隊員にとって最高の勲章です。

 ・・・・ この時のことはそのうち詳しくお話しする機会もあると思いますが、私の海自勤務の中で、いや今までの人生の中でも忘れられないものの一つです。

 改めて16年前の震災で亡くなられた方々のために 合掌

hanshinawaji_h07_01_s.jpg
( 災害派遣実施報告書の草稿を書いた時にコピーしておいた主な資料を
   後で整理して手製製本したもの  今では私の大切な宝物の一つです )

posted by 桜と錨 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年01月27日

牡蠣づくし

 昨日、家内の親しい友人であるHN 「ナナママ」 さんが今年も広島の牡蠣を送ってくれました。

 で、早速昨日と本日の夕食はこの牡蠣づくしで。

 まずは、前菜風4品。 オイスターシューターと言うのらしいですが、今回はウォッカとトマトジュースのカクテル風、いくら・鶉の卵と牡蠣のめんつゆ和え、そしてサルサ和えの3種。 これを一口でパクリと。 そしてオリーブオイルの浅漬け (というよりオリーブ・オイル和えか?)、というところです。

oyster_h2301_02_s.jpg

 続いて、チーズ焼き。 熱々をハフハフ。 なかなかいけます。

oyster_h2301_03_s.jpg

 牡蠣フライ。 これはもう揚げたての熱々に限ります。

oyster_h2301_04_s.jpg

 私の好物、殻付き焼き。 電子レンジでチンしただけですが、中の汁と一緒にツルリとやると最高です。 お酒がどんどん進みます。

oyster_h2301_06_s.jpg

 そして本日の〆は、牡蠣雑炊。 もういくらでも入ります。 この辺の味付けは、自分の家内ながら、なかなか美味いと思いますねぇ〜 (^_^)

oyster_h2301_05_s.jpg

 う〜ん、満足満足。 堪能しました。 それにしても、先日ご紹介した牡蠣とは同じ広島産でも、その採れる場所によって味が微妙に違うんですよねぇ。 これがまた面白いところです。 ナナママさん、またよろしくお願いしま〜す。

 因みに、お酒は偶々飲みかけだった 「茜・いずみ橋」  味の個性が強い牡蠣にはなかなかよく合います。

oyster_h2301_01_s.jpg

posted by 桜と錨 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年02月06日

本家サイトの今週の更新

 本家サイトの今週の更新は、『懐かしの艦影』 にて既に公開しております戦艦 「霧島」 の建造中の写真集 『軍艦霧島写真帳』 中の全ての写真を拡大表示可能としました。 これに伴い、既に公開しておりました一部の艦の拡大写真も新しい物とし、全て800x600ピクセルで統一しました。


 本写真集の拡大表示については、海外からのご来訪者で最もご要望の多かったものです。 サーバーに余裕ができましたので、やっと実現できました。

 これくらいのサイズになるとかなり見応えがあると思います。 どうかじっくりお楽しみください。

 なお例によって拡大表示には一人歩き防止のための透かしとロゴが入っておりますが、現在のネット環境としては致し方ないものとご了承ください。

 透かしは出来るだけ目立たない様にしましたが・・・・
posted by 桜と錨 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年02月12日

久々の劇場映画鑑賞

 今日はマイミクさんからお誘いがあり、急遽 “マイミク分遣隊” を編成して立川へ (^_^;

 主たる目的は映画鑑賞、劇場公開されたばかりの 『太平洋の奇跡』 です。

taiheiyonokiseki_poster_01_s.jpg
( 同映画のポスター画像より )

 感想は ・・・・ う〜ん、と言うところです。 娯楽映画として単純に楽しめば、それなりに面白いのですが、史実を元にしたとは言いながら、やはり私的にはちょっと物足りない。

 主演の竹野内豊氏が一生懸命やっているのは判りますが ・・・・ 役どころとしては少々演技力不足かと。 特に前半は。 後半はそんなものかと思って見てしまいますので (^_^;

 そしてストーリーも合作にしたためなのか、ちょっと中途半端。 なぜ米側から “フォックス” と呼ばれる様になったかの理由が薄弱ですし、1年半も山中で戦い抜いたその凄さや主役の大場大尉の指揮統率力も描き切れているとは言えません。

 全体の流れ・構成も物語としてやや説得力に欠けます。 考証的にはかなり工夫されているようですので、それだけにかえって残念なところです。

 ところで、私の見落としかもしれませんが、何故かエンドロールに日本側の軍事考証の名前が無かったような ・・・・ ? もしご存じの方がおられましたらご教示を。

 映画の後はそのままミニオフへ。 5名という小グループでもあり、かつ同好の士ですから、ワイワイやってあっという間の3時間でした。
posted by 桜と錨 at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2011年02月13日

今日もお出かけ

 昨日に引き続き、今日もお出かけでした。 スケールモデル系のメンバーが主体の集まりですが、今回はタイミングの関係で少なめの9名。 場所はいつもの秋葉原。

 お邪魔したのは 『ROSE&CROWN 秋葉原店』 さんです。


odekake_h2302_01_s.jpg

 外からはちょっと目に付きにくい店構えですが、中はなかなかの雰囲気。 お客さんもカップルや女性を含むグループがほとんどでした。

odekake_h2302_02_s.jpg

 奥に個室がありまして、完全な閉鎖ではなく半分仕切りの感じで、お店全体の雰囲気を味わいながら、かつグループでワイワイできる造りになっています。

odekake_h2302_03_s.jpg
( あっ、右のお嬢さんを狙ったわけではなく、個室側から見た様子ということで (^_^; )

 オーダーしたのはコース料理とハウスビールを含む飲み放題で、個室貸し切りは2時間です。

odekake_h2302_04_s.jpg   odekake_h2302_05_s.jpg
( 左 : ホタテのタルタルなど前菜3種  右 : フィッシュ&チップスとソーセージ )

odekake_h2302_06_s.jpg   odekake_h2302_08_s.jpg
( 左 : ポーク・シチュー     右 : シーザーサラダ )

odekake_h2302_07_s.jpg   odekake_h2302_09_s.jpg
( 左 : ローストビーフ     右 : 本日のパスタ )

odekake_h2302_10_s.jpg
( デザートのシュー・アイス )

  個々の料理のボリューム自体は女性向け設定なのかそれ程多くはありませんが、コースの内容と味、お店の雰囲気、そして値段、これなら少人数のグループでワイワイやるには悪くありません。 ハウスビールの “ローズビア” もなかなかいけます。 女性も一緒ならなお良いのですが、このメンバーでは ・・・・ (^_^;

 某同好会の展示会帰りの人、誕生日の人、海外赴任の人などで話題は尽きることなく、あっという間の2時間 (実際は粘って2時間半) でした。

 で、これで話しが終わりにはなりませんので、近くのコーヒーショップに全員で移動して、アルコール抜きにも係わらず更にワイワイ。 いつもの様に廻りのお客さん達に、一体何のグループなの? と不思議そうな顔をされながら (^_^;

odekake_h2302_11_s.jpg
posted by 桜と錨 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに