2016年04月04日

お花見、のはずが ・・・・


昨日からの雨も朝にはあがり、昼前からは陽も照ってきまして良い天候になりました。

全国の桜満開のニュースも次々に伝わってきますので、では我が家恒例のお花見に出かけるか、ということになりました。

近くのスーパーでおつまみやらノンアルコールを仕入れまして、では出発! ・・・・だったのですが、いざ現地に向かい初めて暫くしたら空が曇ってきまして、霧雨状態に。

まあ行くだけ行こうと現地に行ったのですが ・・・・ 小さな駐車場もガラガラで ・・・・ 取り敢えず中に入りましたが、誰〜れもおらず (^_^;

hanami_h280404_01.jpg

ベンチなど座るところはなく、草地のところも雨で濡れていましたので、楽しみにしていた老夫婦二人のささやかな宴会は残念ながら中止に。

hanami_h280404_02.jpg

そのかわり、傘をさしながらノンビリと桜並木を散策することができました。 まあ本来の “桜を愛でる” ということでは、これもお花見なんでしょうが (^_^;

hanami_h280404_03a.jpg

hanami_h280404_03b.jpg

ただ、ここの桜はまだ五分咲きですから、もしかしたら次の週末も期待できるかもしれません。 リベンジなるか!?

hanami_h280404_04.jpg

posted by 桜と錨 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年04月02日

観桜会


友人からお誘いをいただきましたので、昨夕は呉地方総監部の観桜会に行ってきました。

kanoukai_h280401_01.jpg

天候は昼過ぎまで小雨が続きましたので、予定会場がいつもの総監部裏庭から呉教育隊の体育館へ、そしてまた元の場所へと変わりましたので、設営準備にあたる現役の皆さん方はさぞ大変だったかと (^_^;

それでも開始前には何とか雨もあがり、予定どおりの外で桜を観ながらとなりました。

桜は七〜八分咲きで散り始める少し前ですので、観桜会としては一番良いタイミングでした。

kanoukai_h280401_03.jpg

ここは呉湾を望むちょっとした高台にありますので、また独特の雰囲気があります。

kanoukai_h280401_02.jpg

もちろん一般には開放されていない場所ですし、車や人通りからは離れた所にありますので、落ち着いて桜の下でお酒が楽しめます。

もっとも、桜を愛でるというよりは、顔見知り、仲間内でのお酒を飲みながらのお喋り会と言った方が適当かも (^_^;

東京を始めとする遠くからの遠征組のOBや企業の人も多く、地元の方々もそれなりの人ばかりですので、それもある意味致し方ないでしょう。 私も昔懐かしい多くの人に再会でき、久しぶりに思い出話などに花が咲きました。

ただ、照明設備がありませんので開催時間は夕方17時から日没直後までとなっていることです。 ここの夜桜もまたなかなか良いのですが、これはちょっと残念なところ。

引き揚げる時には、ライトアップされた総監部庁舎の背景はまだ夕暮れの残りが。

kanoukai_h280401_04.jpg

もちろん、ほろ酔い機嫌になってのお開きの時間が時間ですので、街中に繰り出せと言わんばかりで ・・・・ (^_^;

posted by 桜と錨 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月26日

週末の朝の散歩


今日は風がちょっと冷たかったですが、良いお天気ですので家内とちょっと散歩に。

近くの団地の中にあるカフェです。

sanpo_h280326_01.jpg

本当に普通の住宅が並ぶ中にありますので、一見さんにはちょっと判りにくい場所かと。

近所の奥さん方などの憩いの場になっているようで、ランチ・タイムはいつも予約で一杯になると聞いています。 庭にバラが沢山植えられていますので、その時期には予約も取り難いほどとか。

店内もちょっと洒落た雰囲気で、奥には広い和室もあります。 お昼にはちょっと早い時間でしたので、流石に他のお客さんはまだでした。

sanpo_h280326_02.jpg

sanpo_h280326_03.jpg

コーヒーとケーキは売りだけのことはあります。

sanpo_h280326_04.jpg

住宅地の中にポツンとある、隠れ家的なお店としては申し分ないのですが、ただ ・・・・
したがって今回はお店の名前はご紹介なしです (^_^;
posted by 桜と錨 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月24日

ウッド・デッキ修理


我が家のウッド・デッキ、晴れた日にはデッキ・チェアーを持ち出してコーヒーを飲みながらのノンビリ日向ぼっこに重宝しています。

しかし日頃から不精をして手入れもしていませんでしたので、ちょっと傷みが目立つようになりました。

知り合いの建築士さんに相談したところ、

「一番酷い2枚だけ替えましょう。」

とのことで、自ら材料を調達し、本日張り替えまで全てやってくれました。

wooddeck_h200324_01.jpg

で、作業が終わってから、

「最近は新建材になって材木の良いのがなかなか手に入り難くなりましたし、他のはまだ大丈夫ですから勿体ないです。」

「後は旦那さんが日曜大工で全体の塗装をやり直せばいいですよ。」

だそうです。

これから季節も良くなりますので、次は私の出番のようです (^_^;

posted by 桜と錨 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月20日

墓参り


今日はお彼岸の中日、朝から良い天気でポカポカ陽気です。

日頃から不精と言いますか、ご先祖に不義理をはたらいておりますので、たまにはお墓参りにと家内と二人で出かけてきました。

higan_h280320_01.jpg

だたこの辺は桜はまだと言うより、やっと梅がこの程度です。

higan_h280320_03.jpg

で、もちろんお約束の休憩も (^_^;

higan_h280320_02.jpg

posted by 桜と錨 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月18日

ピザ・ハウスへ行ってみた


次女が遊びにきましたので、昨夕は久々に4人で外で食事をと、前から気になっておりましたピザ・ハウスへ行ってみました。

お邪魔したのは、郊外型スーパーの広い駐車スペースの一角にあるピザと石窯料理のお店 「Naripo」 さん。

う〜ん? ナリポ? ナポリの洒落? というのはさておき (^_^;

20人ほどで一杯になるこぢんまりとした店構えです。

Nalipo_h280317_01.jpg

店内はいかにも庶民のピザ屋さんらしいという雰囲気。 厨房の片隅に石窯が置かれています。

Nalipo_h280317_02a.jpg

Nalipo_h280317_02b.jpg

Nalipo_h280317_02c.jpg

始めは皆でコースにしようかと思っていましたが、結局単品を色々選んで4人でシェアすることに。

Nalipo_h280317_03a.jpg  Nalipo_h280317_03b.jpg

Nalipo_h280317_03c.jpg  Nalipo_h280317_03d.jpg

Nalipo_h280317_03e.jpg

最後は石窯焼きのステーキを。

Nalipo_h280317_04.jpg

そして〆は三女のリクエストのデザート。 ピザ生地の上にアイスクリームがデンと乗り、蜂蜜がかかっています。

Nalipo_h280317_05.jpg
( 既に三女がかじった後 (^_^; )

ほとんど三女がペロリと食べてしまいました。 甘いものは別腹だそうです。

もちろん都心にでも出て高級店に入ればそれ相応の値段で美味しいものが食べられるのでしょうが、近場で家族でブラリと出掛けての食事は、こういうところが気兼ねなくて良いですね。

そして、表看板のピザはもちろん、ステーキも含めてなかなかの味。 ご馳走になりました。

posted by 桜と錨 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月13日

地球自転の影響 : 米海軍の場合


本家サイトの今週の更新として、艦砲射撃における地球自転の影響についての説明で残っていた米海軍の場合を追加しました。



jiten_usn_8in_tbl_01_s.jpg
( 8インチ砲水上射表での修正表の例 )

これにて海自、旧海軍及び米海軍の3つを終わり、当該項は取り敢えず完了です。

それにしても、我ながら実にマイナーなテーマの内容かと (^_^;

posted by 桜と錨 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月12日

昼下がりの散策


家内と久しぶりにドライブがてら土曜の午後の散策へ。

お目当てのお店は夕方から貸し切りの予約が入っていたのか既に閉店になっていました。 残念!

で、新規開拓ということでちょっと足を延ばして 「Union Square Cafe」 さんというところに行ってみました。

ここは大きな車の整備工場の広い駐車場の一角にあり、元々は車庫だったような建物の中にあります。

sanpo_h280312_01.jpg

広い建物内の半分はお店ですが、残りの半分は催しもの兼新車等の展示スペースとなっています。

sanpo_h280312_02.jpg

うわさではこのお店はランチ・タイムはいつも予約で一杯とのことでしたが、流石にこの時間ですとお客さんは他には誰もおらず。 二人でノンビリと珈琲とケーキを楽しみました。

sanpo_h280312_03.jpg

う〜ん、でもたまたまだったのかもしれませんが、珈琲はちょっとぬるかったな〜  やはり熱々でなければ (^_^;

posted by 桜と錨 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月06日

本家サイトの更新


本家サイトの今週の更新として、先程先週に引き続き艦砲射撃における地球自転の影響について、旧海軍における説明及び射撃の実際について追加しました。


「九八式射撃盤」 における修正機構については初めてのものと思います。

jiten_type98_RK_02_s.jpg

これは米海軍の射撃指揮装置にもないもので、旧海軍ではここまでやっていたのかと理解していただければと思います。

来週は続いてその米海軍の場合の予定です。

posted by 桜と錨 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月03日

お雛様


今日は桃の節句。 我が家ももう一人残っておりますので今年も飾ることに。

ohinasama_h280303_01.jpg

昔、家内と結婚前に京都でデートしたときに老舗の人形屋さんで見つけたもので、今では “家宝” となっております小さなお雛様です。

考えてみれば、まだ結婚するかどうかも決まっていない相手にこんなものが欲しいとねだるのかと (^_^;

もちろんその後無事に一緒になりましたので、30年後の現在でもここにあります。

posted by 桜と錨 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年03月01日

3月の雪


昨晩チラチラしているなと思っていましたら、早朝はこんな感じに。 屋根やデッキなどにうっすらと。

snow_H280301_01.jpg

でも気温はそれほど低くはありませんでしたので、9時頃には溶けてしまいました。

これで今年は終わりでしょうか。 もうすぐ桜の春ですね。

posted by 桜と錨 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年02月18日

「世界の艦船」 3月号増刊 (通刊833号)


本日海人社さんから出来たての見本誌をいただきましたのでまもなく書店に並ぶと思いますが、「世界の艦船」 の3月号増刊は同誌の新しいシリーズ 「傑作軍艦アーカイブ」 の第1集で、重巡 「妙高」 型と「高雄」 型を採り上げています。

SoW_No833_cover_s.jpg

私も本文記事の中で、両艦型についての 「メカニズム @ 兵装」 の項を受け持たせていただきました。

両艦型ともいわゆる条約型重巡であるため、船体・兵装に大きな制約が課せられたものであることから “理想的” とは言い難いものの、逆にそれだけに創意工夫が凝らされたものとなっています。

兵装についてもこれまでに様々な方が様々な記事を書いておられますが、どうしても従来は技術屋さん的視点のものが多い傾向にありました。

今回は私が担当させていただきましたので、用兵者の視点を強くしております。 したがって内容はこれまで出てきたものの総まとめ的な単なる焼き直しではなく、極力これまで無かった事項を加え、新しい紙面のものとすることを心掛けました。 お楽しみいただけましたら幸いです。

平賀ファンの方々にとっては少々辛口のものになりましたが (^_^;

もちろんこれは従来のものとどちらが正しい見方かということではなく、物事はいろいろな観点・視点から見て事実の全体を追求していく必要があるということです。


両艦型とも私の好きなタイプであるだけに、「世界の艦船」 増刊新シリーズの第1集として出され、そしてその一項を書かせていただいたことは大変に嬉しくかつ光栄なことです。

書店で見かけられた時には是非手にとってご覧ください。

posted by 桜と錨 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年02月14日

やっと復活!

ネット環境及びホームLANを全て再構築し直して、やっと活動を再開できるまでになりました。

これからまた本家サイト及び本ブログも徐々に更新をしていきたいと思います。

posted by 桜と錨 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年01月29日

蔵書の整理


「お宝?ガラクタ?」 シリーズの記事でもお話ししておりますように、現在家中の物を整理しているところです。

なにしろ今の二世帯に建て替える前の父の家の時代から溜まりに溜まった品々が家中のありとあらゆるところに置かれています。

そこで、これからも使うことや飾ることの無いと思われるものなどをこの際バッサリと処分して、すこしスリムにしたいと。 目標は現在の1/2〜1/3なのですが ・・・・

で、やはり家内からイの一番のやり玉に挙げられておりますのが、私の蔵書と資料です。

後者はこれまでにほとんどがディジタル化してきておりますので、元の紙のものは市の焼却場に運んで大量に処分しました。 残りはやっと本箱一つ分ほどに。

問題は蔵書です。 なにしろ私の小中学生の頃のものまであります。

二階の廊下一面に作り付けた本棚のほか、私の書斎や物置部屋に本箱10個分ほど。 これでも建て替えた時に随分処分したのですが ・・・・

家内に毎日お尻を叩かれながら、取り敢えず文庫本と古書などで今後必要が出た時に比較的手に入りやすいもの中心に1千余冊ほど処分しました。

wagaya_bs_01_s.jpg
(全ての棚が前後二重や積み重ねになっていましたので、少しはスッキリと)

う〜ん、中には私が好きなフジ出版の独ソ戦ものなども大量にあったのですが、陸戦ものはこの際スッキリと。

しかしながら、絶対に捨てられないのがこれ。 月刊誌 『世界の艦船』 です。

SoW_001_cover_S.jpg
(創刊号の表紙)

なにしろ創刊号から現在に至る800冊を越えるもの全てを揃えています。 これだけで本箱2つ分。 家内から何んと言われようとも、絶対に捨てられないものの一つです。

これが早く出版元で全部ディジタル化されたならば嬉しいのですが ・・・・ ダメですかねぇ、海人社さん (^_^)

posted by 桜と錨 at 13:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年01月22日

お宝? ガラクタ? (20)


これはもう私にとってはお宝中のお宝。 世界でたった1セットしかないワイン・ボトルです。

Otakara_020_01.jpg

私が 「きりしま」 艦長を離任する時に、副長の平田峰男二佐 (当時、のちの 「ちょうかい」 「こんごう」 艦長) と先任伍長の佐賀幾雄曹長 (のちの初代海上自衛隊先任伍長) が音頭をとってくれて乗員一同からプレゼントされたものです。

ワインのボトルに私と家内用のものを彫ってくれました。 思いもかけなかったものだけに、これは嬉しかったです。 まさに艦長冥利に尽きますね。

Otakara_020_02.jpg

時々は押し入れから出して飾ったりして楽しんでいますが、保存状態が悪いのでもう飲めないでしょうねぇ。 もちろんこのまま封を開けない方が私にとっては価値があります。


ついでにこれもご紹介。 当時 「きりしま」 では横須賀の業者さんにお願いしてワイン・ボトルにいろいろ彫ってもらうのが流行っていまして、就役五周年記念の時には乗員から希望を募って大量に作りました。

Otakara_020_03.jpg

私も知人へのプレゼントのために20本ぐらい購入しましたが、残っているのは私の手元用に置いてあったこの2本だけです。

そしてこの時に作ったもう一つの記念ボトル。

Otakara_020_04.jpg

こちらは通常よりは大きな瓶のものに彫ったこともあって、それ程本数は出なかったと思いますが、これもなかなかのデザインです。

私にとっては 「きりしま」 艦長の時の懐かしい、そして貴重な記念品です。

「きりしま」 実に良い艦、良い乗員でした。 こういう艦の艦長をやらせてもらえたことは実に幸せなことです。

posted by 桜と錨 at 09:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年01月19日

お宝? ガラクタ? (19)


続いて屋根裏から出てきたものですが、私自身 “こんなものをとってあったのか” と思わずには。

ベスビオ火山火口付近の石ころ。 まさに私以外にはガラクタです (^_^;

Otakara_019_01.jpg

40年以上も前、世界一周の遠洋練習航海でナポリに寄港しましたが、その時にイタリア空軍士官学校の候補生達が私達実習幹部の接待に当たってくれました。

知り合った数名の候補生から “ベスビオ火山に遊びに行こうよ” と。

翌日は自由上陸日でしたので、朝、車で迎えに来て貰ってこちらも数名で出掛けました。 七合目の駐車場まで車で上り、あとは歩いて。 そして火口の周りをグルリと。

Otakara_019_03.jpg
(当時の絵葉書から)

ところが私達は夏の白い半袖の制服に白靴ですから、それこそ彼等の制服と同じ灰色に (^_^;

懐かしい思い出の品です。


そして一緒に出てきたのが、この年の練習艦隊の 「かとり」 と 「あおくも」 の記念ペナント。 両艦も既に除籍されて久しいですね。

Otakara_019_02.jpg

(ペナントは2枚ずつありますので、もしご希望の方がおられましたら差し上げます。)

posted by 桜と錨 at 10:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年01月17日

あれから21年


阪神淡路大震災から21年が経ちました。 発災の2日後に海自災害派遣部隊司令部の一員として現地入りした時のあの悲惨・凄惨な光景は昨日のことのように瞼に焼き付いています。

48日間の災害派遣、私達も現地において一生懸命努力したつもりではありますが、もう少し何かできたのではないかと今でも悩んでおります。

hanshin_k-rd_shouhou_cover_ss.jpg


そして人間というのは自然の猛威の前には何と無力なものなのかとつくづく思わされずにはいられません。

このことは、その後の東日本大震災に遭われた方々、そして救援に携われた方々もおそらく同じ思いではないでしょうか。

神戸市街は今では見事に復興していますが、災害に遭われた方々の心の中ではあの時の光景は決して忘れることはできないでしょう。

震災で亡くなられた多くの方々のご冥福を改めてお祈りいたします。

posted by 桜と錨 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年01月11日

お宝? ガラクタ? (18)


続いて同じく屋根裏から出てきたものです。

一つ目は米海兵隊のマーク入りのアメニティ・グッズ。

otakara_018_02.jpg

昔現役の時に岩国基地の外来宿舎に1週間お邪魔したことがあります。 ここは空いていれば自衛官でも相応の宿泊費 (確か当時1泊10ドル位だったかと) で泊まることができました。

普通のホテルのようにメイドさんが毎日ベットメイキングと清掃に来てくれるのですが、その時部屋に置いてあったものを少しずつ頂戴してきたものです (^_^;

まあ物自体はどうということは無いものですが、海兵隊のマーク入りなのが珍しかったですね。 そして、こういう施設を基地内に維持できることが、我が自衛隊の状況と比べて何とも羨ましく思ったものです。 

次が、米海軍の部隊マーク入りジッポのライターなど。

otakara_018_01.jpg

私も一時2等海尉の頃に集め始めたのですが、米国留学中にワシントンの防衛駐在官のお宅にお邪魔した時に、そこのリビングに飾ってあったコレクションにショックを受けて止めてしまいました (^_^;  それは見事なものでしたね。

元々はもっと沢山あったのですが、その後何か機会があるごとに1つ、2つと譲ってしまい、今残っているのがこれだけです。

う〜ん、今思えば我ながら何かとつまらないものをいろいろと仕舞い込んでいたものと (^_^;


これらについては、もしご希望の方がおられましたら差し上げます。

posted by 桜と錨 at 21:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 気ままに

お宝? ガラクタ? (17)


我が家の屋根裏収納はまるでドラえもんの何とか袋のような (^_^)

残していたことを本人も忘れていたようなものがいろいろと出てきます。

これもその一つ、私の高校時代の制帽です。 う〜ん、こんなものを被って通学していた時があったのですね 〜

otakara_016_01.jpg

そしてこれも当時のものですが、私の机の上でいまだに文鎮として現役です。 在学中に創立60周年を迎えたときに生徒にも記念として配られたもの。

otakara_016_02a.jpg

otakara_016_02b.jpg

半世紀近い昔の思い出ですね。

posted by 桜と錨 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2016年01月04日

お宝? ガラクタ? (16)


久々にこのネタです (^_^)

今我が家に永年にわたって溜まりに溜まってきた雑多のものの大整理をしています。

現在の家は二世帯用に立て替えたものですが、その前の父の代の家にあったものも多数残っています。 そして娘達の小さい頃の品々はもちろん、私の現役時代の色々なものも。

そこでこれらのものも含めて、大ナタを振るって家中を少しスリムにしようということになりました。

で、やはり家内の目に真っ先に止まるものが私の “ガラクタ” 類のようです (^_^;

その第1弾が屋根裏部屋に置いてあったこれら。 昔遊んだボード・ゲームです。

garakuta_h280104_02.jpg

十数種類ありますし、これらをテーマにしたゲーム雑誌も。

garakuta_h280104_01.jpg

garakuta_h280104_03.jpg

う〜ん、私にしてみれば懐かしい思い出の “お宝” なんですが ・・・・

どなたか引き取っていただける方がおられましたらなら、全て差し上げますよ。

(1月8日追記) : 本記事の品物は、既に一括して全部貰っていただく先が決まりました。
posted by 桜と錨 at 18:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 気ままに