2019年05月18日

全日本カッター競技大会 防大3連覇 !


本日、第63回となる全日本カッター競技大会が海上保安大学校主催で行われましたので、短艇委員会 (カッター部) のOB・元顧問として後輩の応援に行ってきました。

今日の呉港は時々小雨が混じる曇り空でしたが、波、風ともほとんど無く、気温も暑くも寒くもなく、またタイミング的にも競技海面近くを横切るフェリーや一般商船もほとんど無く海面は静かで、絶好の競技日和であったと言えます。

Cutter_All_Japan_R010518_m_06.JPG
( 海上保安大学校岸壁から見た今日の呉湾 )

今年の大会は、常連の11校にオープン参加の都立大島海洋国際高校を加えて12校、女子の部は正式には初参加となる防衛大学校女子クルーを加えて9校 (!) でした。

防大は過去の昭和42〜47年に全日本大会不倒の6連覇の記録を打ち立てて以来、その後何度か2連覇はありましたが3連覇はありませんでので、今年はその3連覇を賭けての挑戦です。

結果は見事な力漕を発揮して優勝、3連覇を達成しました。 この3連覇の記録でも全日本大会としては初となります。

Cutter_All_Japan_R010518_m_02.JPG
( スタート・ダッシュ )

Cutter_All_Japan_R010518_m_03.JPG
( ゴール寸前 )

Cutter_All_Japan_R010518_m_01.jpg
( 決勝レースの結果 )

Cutter_All_Japan_R010518_m_04.JPG
( ゴール後、艇指揮のキャップテン以下4学年のクルー達は感極まって大泣き )

Cutter_All_Japan_R010518_m_05.JPG
( 決勝レース最終艇のゴールを見届けて、優勝者のみに許される勝利の櫂立て )

4学年クルーにしてみれば、まさに今日のこの瞬間だけのために、防大での約3年半、この奴隷船 (^_^) を毎日毎日ひたすら漕ぎ続けてきましたので、それは嬉しいものであることは判ります。

防大短艇委員会はこの全日本大会をもって4年生は引退します。 そして3学年以下のメンバーにとっては、まさに今日から来年の全日本に向けての努力が始まります。

目指せ、4連覇 !


で、女子の部は、ですか?

残念ながら今回初参加の防大女子クルーは予選で敗退 (ミスにより失格) でした。

でもタイムももちろんですが、既にこれまで参加してきた海上保安大などには経験も実力も大きな差があることは確かです。

防大女子もこれから頑張ってもらって、来年とはいかずとも数年後には是非男女揃って優勝して貰いたいものです。

posted by 桜と錨 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年05月14日

ポカポカ陽気と共に


今日は朝から良く晴れ渡ったポカポカ陽気となりまして、この陽気に誘われて先週に続いてまた江田島へ。

ただし、先週は赤煉レンガなどのいわゆる表側でしたが、今日はちょっと裏手へ。

ここは通常の一般見学ルートには入っておりませんので、ここまで来たことのある方はそう多くはないと思います。

そして何やかんやで暗くなるまで。 こんな夜の写真はちょっと珍しいのではと。

Suikoukan_R010514_01.jpg

えっ、そんな時間まで一体何をしていたのか、って? これもまた後日と言うことに (^_^)

posted by 桜と錨 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年05月12日

宮崎駿氏原作 『最貧前線』 舞台演劇


既に水戸芸術劇場さんなどからネットで案内されていますので、ご存じの方もおられると思います。

『最貧前線』 公式サイト :

Official_HP_R0105_01_m.jpg
( 公式サイトより引用 )

宮崎駿氏の 『宮崎駿の雑想ノート』 の中で第13話 『最貧前線』 として掲載されております短編漫画を元に舞台演劇化したものです。

8月27日の初演を目指して現在鋭意準備が進められているところですが、公式パンフレットができまして、また私達も公開のOKがやっと出ました (^_^)

Pamph_01_C_m.jpg
( 表側 )

Pamph_02_C_m.jpg
( 裏側 )

(公式パンフレットはA3版両面二つ折りです。 もしご希望の方がおられましたらご連絡ください。)

私も少しだけ関わらせていただいておりますが、これまでテレビや映画が多かったので、舞台演劇に台本の段階から本格的に参画させていただくのは始めてです。

完成稿_cover_m.jpg
( 最新版の台本カバー )

ご存じのとおり、舞台演劇というのは大変に難しい面があります。

テレビや映画でしたら、撮影したものを元に纏めあげますので、見栄えの良いようにいくらでも編集ができます。

しかし舞台では役者さん達にとっては毎回毎回がいわゆる “一発勝負” でやり直しが利きませんし、ご来場された観覧者の方々にセリフや一つ一つの動きなどの意味をその場で直に理解していただかなければなりません。

出演される役者さん達は申し上げるまでもないことですが、演出を担当される一色さん ( NHK 『坂の上の雲』 の時にお手伝いさせていただきました )、今度は舞台、大変だろうな〜 と思う次第です。

原作はもちろんですが、今度のこの舞台化したものも、私達からしても大変に興味深い、面白い話しになっていると思っています。

間もなく舞台用の大道具などを使っての本格的な稽古も始まるようです。 私としても実際にどの様な舞台になるのか、拝見するのが今から楽しみです。

posted by 桜と錨 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年05月09日

今日のお昼はお肉 〜


ちょっと野暮用が出来ましたので、家内と一緒に広島に出ました。

で、その用事が終わってから何か昼食を、と思いましたら ・・・・ 家内がまだ 「いきなりステーキ」 に行ったことがないと言いますので、丁度サラリーマンさん達のお昼休みが終わった時間でしたのでお邪魔してみました。 待たずに椅子席に。

二人ともステーキは赤肉が好きですので、フィレを家内が 200g、私が 300g をミディアム・レアで。

Niku_R010509_01.jpg

まあ、お金を出せばもっと上質なものを食べられるところはいくらでもあるのでしょうが、貧乏人としてはこれはこれで文句はありません。

驚いたのは、普段は小食な家内ですが、200g ならペロリと (^_^)

支払いはもちろん私ですので、これなら奢り甲斐があるというものです。
posted by 桜と錨 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

独り言


こういう独りよがりが一番やっかいですね。

皆様は、船舶の機関部等が発生する音と原子炉の運転や制御に関する知識を完全に欠いていらっしゃる様ですね。但し、私は潜水艦に乗ったことはありません。また、ソナー等を用いての潜水艦の探知についても、専門家ではありません。しかし、音、船舶の機関および原子炉に関しては専門家の心算です。


ご存じのとおり、東日本大震災の時の某首相の例などはまさにこれの典型でしたね。

海上自衛隊でも、これまで射撃指揮装置の国産開発に当たり、その専門家を自称するメーカーの技術者が海の上のことを全く知らず、知ろうとせず、現場からこれではダメだからキチンと海上のデータを取ってそれを反映しろ、と指摘したにもかかわらず、自己が理解しえた机上の理論・理屈をもって “これで良いはずだ” と言い張りました。

案の定、射撃指揮装置の1型も、2型も、そして3型も、何ら反省無く同じ問題を繰り返して上手く行かず、開発に長期間と多額の費用 (予算) を要することになりました。

そして結局、防衛省・技術研究本部としてもお役人の世界ですから、自ら関与して開発に手間暇を掛けたことから中止、不採用に出来ず、最後は中途半端 (不完全) なままで制式採用とし、“現場で運用しながら使用実績を得つつ改善していく” という美名を採ったのです。

少なくともそれなりの使い物になるまでに、更にどれだけの費用と時間がかかり、現場が苦労してきたことか。

posted by 桜と錨 at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年05月07日

春風に誘われて


旧海軍の伝統と船乗りとしての躾けなどについて書いてきましたら、何か春風に誘われたような気がしましたので、今日は私にとっての原点である江田島に行ってきました。

久々に人が一人も写っていない赤煉瓦の正面です。

akarenga_R010507_01_m.jpg

この江田島、正門を入った時から何か身が引き締まる思いがして、自然と背筋が伸びてくるから不思議です。

幹部候補生として入校したのはもう46年前の事。 ここでの1年間の色々なことは、つい先日のように思われるのですが ・・・・


で、一体何しに行ったのか、って ? それはまた後日と言うことに (^_^)

posted by 桜と錨 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年05月04日

電子レンジが


世の中GW10連休の最中ですが、平成から令和に替わって早速突然として電子レンジが壊れてしまいました (^_^;

調理をオンにすると “ジジジジ〜” っと音がします。 ネットでも調べましたら要修理だとのこですが、修理に出すくらいなら買い換えた方が早くて安上がりとも。

もう10年以上使いましたので寿命と言えば寿命なのですが、やはり無いと不便です。

早速ネットや家電店で色々調べました結果、通販よりは直接家電店で買った方が良いとのことになりましたので、数店近くのところへ出かけて見たのですが ・・・・

これと思ったのはGWセールの広告品にも関わらず在庫が無くて取り寄せになるとか、展示品の処分品だったりして ・・・・ う〜ん

で、家内が車で15分ほどの熊野にある家電店でそれなりのものを見つけました。 これなら在庫がありますし、今のを手数料千円で引き取ってくれるとのことで、早速出かけてきました。

まあ、最近流行のあれこれ沢山機能が付いた高級品は必要ありませんので、安くて単純なもので十分です。

それに、この熊野のお店は従業員の方々が皆丁寧で親切ですし、広い店内に色々な家電の品揃えも思った以上に豊富です。

いわゆる “ど” が付くくらいの田舎 (失礼) にありますすが 、これは意外で思わぬ発見でした (^_^)


ついでに帰りにお昼を。 これも家内がネット検索で見つけた家電店近くのラーメン店に入ってみることに。

トンコツ醤油が一番のお勧めだったのですが ・・・・ 残念ながら私的にはスープがちょっとドロッとして、少々甘過ぎでした。

Kumano_Lunch_h310503_01.jpg

家内が注文したもやしラーメンの方がスープもあっさりして美味しかったですね。

Kumano_Lunch_h310503_02.jpg

posted by 桜と錨 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月29日

今日はお刺身


GWに入り漁も市場もほぼお休み状態、いつもの小さなお魚屋さんは今日と明日のみ予約分だけ受付で、店先は閉まっています。

折角皆が帰ってきますから、美味しいお魚をと思って先週中に頼んでおきましたので、昼に取りに行ってきました。

Osashimi_h310429_01.JPG

注文内容は、5人前で6 ・7種くらいとだけお願いし、後は目利きの若大将が市場で選んだものでお任せ。

なかなかバラエティーに富んで、しかもいつもどおり新鮮で大変に美味しかったです。 それに驚くほど安い。

ここのお刺身を食べると、もうちょっと他のところでは食べる気にならない程です。

今回はこのお刺身盛り合わせの他に、天然の大きな真鯛一匹を捌いてもらって明日・明後日で色々な料理に使えるように。 もちろん大きなアラも一匹分。 孫娘もお手伝いをしてくれるようで、楽しみです。 

良いお店を見つけたと本当に嬉しい限りですね。

posted by 桜と錨 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月28日

え〜っ、バーベキュー?


GWが始まりまして、新幹線で来る孫娘は昨夕来襲しましたが、車で来る孫は途中で一泊して今夕来襲することに。

ところが天気予報は今のところ明日未明から3日間は雨模様です。

で、今日は曇り空ですが何とか一日保ちそうで、朝から “庭でバーベキュー、バーベキュー” と騒ぐのが一人おりました (^_^;

家内もただ焼くだけで良いのでそれにしようと、孫娘の三人で買い出しに出かけまして、午後から庭で準備。 そして孫達ももうすぐ来るだろうとまだ明るい内に先に食べ始めたのですが ・・・・

GW_BBQ_h310428_01.JPG

残念ながら案の定途中で渋滞に巻き込まれたようで、着いたのは夜になってからでした。 孫のための鯉のぼりやデッキのマットなども用意していたのですが、今日はちょっと間に合わず。

GW_BBQ_h310428_03b.JPG

GW_BBQ_h310428_02.JPG
( 晴れの日にはと、マットはこの倍の広さ分あるのですが ・・・・ )

もう私や孫娘達は既にお腹一杯になっておりましたので、改めてコンロに火を継ぎ足して二女夫婦の分を。

GW_BBQ_h310428_05.JPG

GW_BBQ_h310428_04.JPG

でもこの季節なのに何故か寒いんです。 私などは真冬用の防寒ジャンバーを持ち出して着込みました (^_^;

数日間ですが、久しぶりにまた賑やかな我が家になりました。 嬉しいことです。

posted by 桜と錨 at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月24日

豆台風来襲の前に


御代替わりによって初の10連休となるGWですが、前半に孫娘と孫達が揃って来ることになり、狭いウサギ小屋の我が家の家中を大あわてで片付け中です。

特に孫は、ハイハイを始めて活発に動き回るようになったようですので、あちこちその対策もしなければなりません。

ついでに、ベランダに出て遊べるように、近くのホームセンターへ行ってマットも準備。

でその帰りに、一息つくためにバタバタ ・アタフタしている家内と一緒に近くのランチへ。

Lunch_h310424_01.jpg


昨夕からの雨はもうすぐ止みそうです。 明日は何とか晴れそうですので、5人分の寝具一式をどっさりと干して日に当てなければなりません。

posted by 桜と錨 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月22日

呉水交会懇親会


昨日は呉水交会の懇親会で、私も案内をいただきましたので参加してきました。

Kure_Suikoukai_h310421_01.jpg

年次総会とそれに続く講演の後に行われましたが、私は懇親会のみで (^_^;

約2時間でしたが、出席者の多くは顔見知りばかりですので、これはこれで楽しい一時でした。


ところで、この懇親会初めの乾杯の時に、発唱の音頭は来呉した水交会本部の赤星現理事長だったのですが、その発唱の前に一言 ・・・・ 水交会の会員数が本年遂に5千名を切った とのこと。 そして、その内の約3千名が海自OBで、しかも年々減少の傾向にある ようです。


水交会のあり方については以前に本ブログでも書いたことがありますが、海自OB会であった 「海上桜美会」 との合併の話しが出た時、海幕副長をされた佐伯聖二元海将が “ツケを将来の海自OB達に回すな” と言って反対されましたが、まさしくそのことが現実となって現れているわけです。

「OB会が無い海上自衛隊」 :

「再 ・ 「水交会」 は海自OB会ではありません」 :


「水交会」 は海自OB会ではありませんし、またあり得ません。 主旨が全く異なる別物だからです。

当然ながら、海自OBだからといって水交会に入らなければならない理由などは全くありません。 水交会の主旨に賛同する者が個人の自由意志で入れば良いだけのものです。

その一方で、海自にはOB会が無い (無くしてしまった)。 会社・学校・官公庁など一般的な組織であるならばあるのが普通であり、むしろ当然のことが、海自ではそれが無いというおかしな現状が続いています。

しかも、歴代の元海幕長経験者が順番でたらい回し式に理事長に就任し、元海将・将補クラスが本部の役員の多くを占めることが当たり前になっていますが、理事長以下その当事者達はこのおかしな現状を改革・改善するつもりは全く無いようです。

その上、現理事長曰く、「政府・防衛省に対する政策提言を行ってきており、水交会の存在感を高めている」 ???

そんなものは 「水交会」 としてではなく、単に元海将連中が好きなように集まって、退職後の暇つぶしとして好きなようにやれば良い話しでしょう。

そんなことが普通の海自OBにとって水交会に入りたいと思う動機になるとでも? 年会費5千円を払ってまで?

う〜ん、ちょっとですよね (^_^;


水交会呉支部などは、これまでのところ 「呉水交会」 として本部の運営とは一線を画して きており、また年会費3千円の 呉水交会会員という独自の制度 も設けています。

そして、一般市民の会員が様々な行事において活発に参加する一方で、OB会が本来機能すべきOB間の交流・親睦もまた色濃く持っています。

もちろんこれは、呉地方という比較的狭い範囲での活動が中心であり、かつその地域に居住する人達が中心だからともいえるでしょうが。

これもあって、「水交会」 の会員減少傾向の中にあって、「呉水交会」 はこのところ現状維持、あるいは微増の状態が続いてきております。

この状況を見ても、今の 「水交会」 本部の体質・運営方法のままでは、そのあり方の抜本的な改革・改善が必要であることは明白です。


まずなすべき事は 海自OB会を再興する こと。 そして その上で本来あるべき 「水交会」 というものを、海自OB会がどのように支えていくかを考える こと。

これに尽きるのではないでしょうか?

posted by 桜と錨 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月18日

午後のコーヒー


会議の事前打ち合わせがあるので出た方が良いよと言うことで昼に出かけたのですが ・・・・ 結局何かの行き違いで私が出る必要はありませんでした (^_^;

で、我が家に戻って家内と午後のコーヒーに出かけることに。 いつものところで (というより近くには他に選択肢が無いので) 

Coffee_h310418_01.JPG


先日お話しした我が家の庭のボタンは、今が半分の5つが満開に。 ちょっと樹の大きさに似合わない程の大輪です。

Coffee_h310418_02.JPG

そして放りっぱなしの庭の至る所にこの白い花が咲いています。 ほとんどが数株ずつですが、中には群れているところも。

Coffee_h310418_03.JPG

ネットでは最も近いのが 「アマナ」 というのがヒットするのですが、似ているけどちょっと違うような気も ・・・・ ?

(19日 追記) : 本家サイトの談話室でいつもお世話になっているHN 「脇」 さんから、「アマナ」 ではなくて 「ハナニラ」 とご教示いただきました。 流石は自然とお友達ですね。 ありがとうございました。

花弁が 「アマナ」のようには細くないな〜と思ったのですが、ネット上の写真をちょっと見したところでは 「ハナニラ」 とも色も形も少し違うように感じたんですよね。

でも 「ハナニラ」 も別名は 「セイヨウアマナ」 と言うんだそうで、何ともややこしい話しです。 素人には花々は難しいですね (^_^;


Hamanira_h310419_01.JPG


もう少し紫っぽいのですが、安物のデジカメで腕も悪い性か、生の色がなかなか上手く出ません m(_ _)m

posted by 桜と錨 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月15日

マレーシア海軍艦艇来日


マレーシア海軍のフリゲイト 「レキウ」 (FFGH-30 KD Lekiu) が本日午後、呉のEバースに入港しましたので見に行ってきました。 マレーシア海軍艦艇としては実に17年ぶりの来日だとか。

Lekiu_h310415_01.JPG

それにしてもこの 「レキウ」、基準排水量 1,845 トンのフリゲートですが、僚艦の 「ジェパッド」 と共に同国海軍最大の戦闘艦艇であるだけに、昨年のリムパック参加などを含めて、かなり酷使をされているようです。

Lekiu_h310415_05.jpg

そして1999年の就役ですから艦令20年、したがって装備自体は最新とは言い難いところもありますが、海自艦艇のほぼ同じサイズの 「あぶくま」 型に比べて相当な重装備です。 しかも欧州系の定評のあるものを選りすぐっており、なかなか強力です。

船体の色は海自艦艇に比べると少し水色がかった明るい灰色です。

Lekiu_h310415_04.JPG
( 最近国内では見かけなくなった 「ラット・ガード」 も )

入港歓迎行事の後、一般参加者の特別艦内公開がありましたので一緒に (^_^)

重装備の反面、艦内は通路も含めそれほど窮屈という訳ではありません。 また、欧州系らしく甲板への主要出入り口などには木製の内扉が装備されており、また机などにも木製家具が多用されています。

士官室は艦の大きさに比べればゆったりした広さで、質素ながら英国海軍系の内装が施されています。 

Lekiu_h310415_03.jpg

Lekiu_h310415_02.jpg
( コーヒーと紅茶のサービスつき (^_^) )

もちろん英国式ですから士官室の長は少佐の副長で、中佐の艦長がこの士官室へ入るには副長の了解が必要となります。

士官は艦長以下18名が定員とされていますが、本日見た限りではもう少し多く、かつ少佐クラスが多いのが目立ちました。 長期の行動のために特別な配員なのか ・・・・ ?

見学が終わって帰る時には既に後部の飛行甲板ではレセプションの準備が始まっていました。 面白いのは、甲板上の主要部には 「+」 字のネットが張られておりました。 転落・落下防止のためなのか、一部は乗員の脱柵防止のためなのか (^_^)

Lekiu_h310415_06a.jpg
( 舷梯の飾り付け )

Lekiu_h310415_07.jpg
( 入港歓迎行事が終わると直ぐにレセプションの準備に )

水兵さん達はやはり東南アジア系だけあって皆陽気で、こちらも私服でしたので話しかけてもニコニコしながら皆気楽に応じてくれます。

帰りがけには岸壁で作業をしていた水兵さん達が若い女性陣も一緒だったのを見つけて彼等の方から 「一緒に記念写真を」 と。 積極的ですなあ (^_^)

Lekiu_h310415_08.jpg


えっ、肝心な入港歓迎行事はどうなったのか、ってですか? 敢えてご紹介するほどのものではなく、ごくありきたりのものですので省略いたします。 それに、広報やマスコミに出るでしょうから (^_^;


それにしても、先の 「しょうりゅう」 や練習艦隊などでもそうでしたが、またまた今回も何故か午後の入港行事です。

OB連と話しをしても皆揃って “昔から午前の早い時間と言うのが当たり前だったのに” と。 広報係にそれとなく聞いてみましたが、言葉を濁しておりました。

それぞれでそれぞれなりの理由や事情があるのでしょうが、とはいえそこをキチンと調整して伝統を守ることが重要ではないかと。

特に最近、何か大事な “船乗りの躾け” が一つ一つなし崩しになってきているように感じますね。 決して良くはない傾向と思います。

posted by 桜と錨 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月13日

立てば芍薬、座れば


我が家の庭に1本あるボタンの樹に、今年も10個ほどの蕾がついていまして、段々と大きくなってきました。

2〜3日すると、一つずつ順に大輪の花が開くものと思います。

Botan_h310413_01.jpg

Botan_h310413_02.jpg

自然というのは凄いですね。 放ったらかしにしてあっても、こうして毎年ちゃんと綺麗な花を咲かせて楽しませてくれます。

posted by 桜と錨 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年04月08日

平成最後のお花見


こちらではやっとこの週末が満開になりました。

近くの水源地ですが、普段は一般市民は入れませんが流石にこの時期だけは昼間のみ開放されます。

片田舎とはいえやはり人出がそれなりにあると思いましたので、今日、老夫婦二人で平成最後となるお花見に。

予想どおり平日でのこともありほとんど人はおらず、数組が池の周りの散歩やシートを広げてのお弁当の最中でした。

Hanami_h310408_03.jpg

Hanami_h310408_04.jpg

昔キャンプ用に揃えたデッキ・チェアと折りたたみのテーブルを持って。 周りに人がおりませんので、散り始めた桜の木の下に広げてノンビリと。

Hanami_h310408_05.jpg

ここは指定駐車場から離れておりますので、多くの人達はその駐車場から直ぐの公園として整備された場所に行くようです。

臨時開放の通用口近くに5〜6台の駐車スペースがりますが、ほとんど知られていないこともあって、車に荷物を積んでの花見としてはちょっとした穴場かも (^_^)

この水源地は周りより少し高くなっており、反対側は川に沿った斜面です。 ここも桜は綺麗なのですが 、ちょっと景色が ・・・・

Hanami_h310408_06.jpg

例によって毎年恒例、近くのスーパーで適当に見繕ったものと、ノンアルコール・ビールで。 ただ、焼き鳥の美味しいところが無いのが残念です。

Hanami_h310408_01.jpg

Hanami_h310408_02.jpg

実はこの水源地、本来はこちらの方が有名で、日本のダム湖百選にも選ばれているほどですが、桜は少なく花見向きではありません。

Hanami_h310408_07.jpg

Hanami_h310408_08.jpg


来年は令和での花見。 いや〜、日本人に、そして日本に生まれて本当に良かったと思います。

posted by 桜と錨 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年03月28日

今日は一人で


ぎっくり腰も大分良くなってきましたので、今日は家内のサポート無しに一人で車を運転して市中まで。

で、昼食はお気に入りのラーメンの一つ 「呉らぁめん」 を。

Lunch_h310328_01.JPG

魚介の出汁で鶏ガラを煮たスープに、牡蠣醤油とレモン汁を合わせたものです。 早い話、レモン・ラーメンと言った方がむしろ通りが良いのではと思ったりします。

レモンの酸っぱさが適度で、なかなか面白い味です。 ただ難点は他のメニューの豚骨などよりは少々高いこと (^_^)

でも、この当たりの他の有名どころのラーメン店のものよりは、私的にはこれの方が好みですね。

あっ、ただし酔っぱらった後の〆としての名物屋台のものは別ですが。

posted by 桜と錨 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年03月27日

今日のランチ


ギックリ腰はあともう一歩というところまで回復しましたが、やはりどこへ行くにも用心をして家内の送り迎え付きです。

でまあ、タクシー代と思ってお昼のランチは (家内にすれば当然のごとく) 私のおごりで (^_^)

今日は近くの居酒屋さんで。

Lunch_h310327_01.JPG

ここのランチは定食ものがメインですが、メニューは色々ある中でこのお昼御前が一番CPも良くて時々利用します。

とはいっても、我が家から近くはお店の選択肢が少ないんですよね〜 住みやすい土地柄ではありますが、それがちょっと難点ですね (^_^;

posted by 桜と錨 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年03月16日

独り言

歳をとってくると呟きが多くなりますね (^_^)

艤装員というのは、旧海軍時代と現在の海上自衛隊とでは、基本的というか、根本的なところに大きな違いがありますね。

したがって、艤装員が何をするのかの前に、その点を明確にしないと。

う〜ん、旧海軍と海上自衛隊では艦船の建造 (=調達) の方法が異なりますので、したがって艤装員の権限が異なります。 この点を踏まえなければ ・・・・

あっ、独り言です。

posted by 桜と錨 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年03月15日

ギックリ腰 〜

またやってしまいました、痛い 〜

四日前の夕方に灯油のポリタンクを動かそうとしてギクッとして、あっやってしまったな、と。 いまだにまだほとんど寝ているか、高めの椅子に座っているかですが、立ち上がろうとすると痛くて、痛くて。

整骨院に毎日通っておりますので少しずつは良くなってはおり、一度立てば何とか少しは歩けるようには ・・・・

とは言っても、延ばし延ばししていた確定申告は今日が最終日。 家内に税務署まで送り迎えをして貰って、何とか行ってきました。

最終日だからなのか申告の人はほとんどおらず、直ぐに対応してくれてパソコン入力。 係の若い女性スタッフさんも気の毒がって入力はほとんどやってくれました。

で、タクシーで往復したと思って家内にランチをご馳走。 今日はチリメンジャコのパスタでしたが、何故か今日はいつもより大変にグッド。 シェフのその日の気分なんでしょうか (^_^)

Lunch_h310315_01.JPG


実は、私は防大の学生の時に腰を痛めてその時からずっと腰痛持ちで、通常の学生生活や訓練などには支障は無い程度なのですが、整形外科や神経外科などに度々通ったものの結局原因不明のままで直らず。

ところが結婚して暫くして、家内の両親の知人で柔道の先生が整体をやっていてこれがなかなか上手いということで、お願いしてポキポキっと。

そしたらあら不思議、2・3度やっても貰ったらすっかり直ってしまいました。 長いこと苦しんだあれは一体何だったのかと (^_^)

で、安心していましたら、今度は40歳近くになって一度酷いギックリ腰をやってしまいました。 それ以来今日まで時々何かの拍子で出てきます。

しかしながら、これ程酷いのは我ながら久しぶりです。

でもこの痛さ、経験のない人には判らないでしょうね ・・・・ (^_^;

posted by 桜と錨 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年03月09日

ランチへ


お昼も14時近くなりまして、例によって昼食を作る様子が一向に見られない家内に

私  : 「 お昼だけど、どこか食べに出る? 」
家内 : 「 いいけど、近くは選択肢が少ないものねえ 」
私  : 「 ランチ・タイムはどこももう終わりじゃろ? 」
家内 : 「 あそこならランチ・タイムでなくても単品が食べられるよ 」

ということで、車で5分ほどのところへ。

ランチ・タイムを丁度過ぎたところでしたが、ウェイトレスさんが 「聞いてきますね」 と厨房へ。 そして 「シェフが今日はまだ大丈夫と言ってます」 と。

で、二人ともパスタ・ランチを注文。 前菜とメインの5種のパスタの中から選択した一品。 これにスープ、コーヒーとデザートが付きます。

lunch_h310309_01.JPG
( 世羅の野菜を使った前菜 )

lunch_h310309_02.JPG
( 私のチョイスした生ウニのソースを絡めたパスタ )

ここは、まあメインのパスタはそれなりなんですが (^_^)、前菜の野菜類は世羅の農家のものを使っており、これがいつも新鮮でなかなか美味しいのです。

これのサラダ・ボールの単品があれば、それだけでも十分なのですが、残念ながらやっていないそうです。

う〜ん、十分売れると思いますけどねえ。 でも、ここは近くの主婦連の社交場なのでそれではダメか (^_^;

私達が食べている間に、大勢いたそのランチ目当ての主婦連グループは全て帰ってしまい、広いフロアーに私達二人だけポツンと。 お陰でノンビリしたランチになりました 。

あっ、ただし支払いはもちろん私です (^_^)

posted by 桜と錨 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに