2013年10月13日

本家サイトの今週の更新

本家サイトの更新は1ヶ月ぶりとなってしまいました (^_^;

とは言っても、腰を落ち着けてのコンテンツ作りまでは余裕がありませんので、既にディジタル化してあったものからです。

『史料展示室』 コーナーにて1946年の 『米国戦略調査団 概要報告書 (太平洋戦争)』 (USSBS Summary Report (Pacific War)) の原文及び邦訳版を公開しました。


USSBS_Sum_Pac_E_cover_s.jpg   USSBS_Sum_Pac_J_cover_s.jpg

皆さんご存じのとおり、本史料は太平洋戦争史を研究する上では古典中の古典ですが、出版物としても、またネット上でもほとんど見かけませんので、ご紹介することにしたものです。

太平洋戦争史については今では様々な出版物も出されており、内容的には特段目新しいものはありませんが、米国側から見たものとしての基本史料の一つであることには変わりはありません。

ただ、本報告書はあくまでも 「戦略爆撃」 という観点に立脚したものであり、かつ調査団委員の意見であることを頭に置いておく必要があることは申し上げるまでもありません。

邦訳版は防衛大学校の創設期に戦史教育用のテキストとして作られたものですが、どなたが訳されたものかは記載がありませんので不明です。 残念ながら元々の印刷が悪いために大変見難いものですが、それでも十分にお読みいただけるでしょう。

なお、この邦訳版はかつて防大にいた時も見かけませんでした。 今では残されていないのではないかと思いますので、ここでディジタル化して残しておくことは意味があると思っています。

posted by 桜と錨 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78075502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック