2012年12月24日

拙稿もう1本 『丸』 2月号別冊

実は2月号ではもう一本書かせて貰いました。

この2月号には別冊付録として 『海自護衛艦ハンドブック』 というのが付いています。

Maru_h2502_add_cover_s.jpg

その巻頭として私の持論を書かせて貰いました。

『現代の海自護衛艦論』

基本は、これからの護衛艦はどうあるべきか、なのですが、創設期から今日までの流れを無視するわけにはいきませんので、今までの経緯と現状を概観し、最後に今後の護衛艦のあり方について述べております。

もちろん紙幅の関係がありますので、詳しく論ずる訳にはいきませんでホンのさわりですが、皆さん方がこのテーマについてお考えになる時の何某かの参考としていただければと思います。

そして私らしく少し辛口の論評も加えて (^_^;

こちらも、書店で見かけた時には是非一度手にとってご笑覧下さい。

posted by 桜と錨 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60995862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック