2011年07月24日

「The Pacific」

 先週までとはうって変わって、今週は家内も娘たちも誰もいない、一人ぼっちの週末でした。 いや、一人とワンコ二匹の ・・・・ (^_^;

 で、ここでめげてはいけません。 折角買ったディジタルテレビ、普段は全然見せて貰えませんので、ここぞとばかりビールとつまみを買い込んでビデオ三昧です。

 あれこれ沢山みましたが、最も良かったのがこれ ↓ 「The Pacific」  まだご覧になっていない方々にはお薦めです。 (ただし1本目を見た限りは、ですが。)

thePacific_part02-01_s.jpg

 全10話で、各CD2話ずつ入った5本が棚に並んでいました。

 ガダルカナルに始まって沖縄まで、太平洋戦争に於ける島嶼争奪戦での米第1海兵師団にまつわる連続ものです。

 制作プロデューサーがトム・ハンクスとスティーブン・スピルバーグの二人ですから、まあ悪く転んでもそれ程酷いわけではないだろう、という気持ちで、取り敢えず最初の1本を借りてみました。

 しかし、当初の期待に反してなかなか面白いですし、大変よく出来ています。 最近見たものでは 「太平洋の奇跡」 や 「硫黄島云々」 などよりは、遥かにストーリーも演出も良い作品です。

 シリーズの公式サイトもありました。


 う〜ん、残りも続けて借りてきて見ることにしましょう。
posted by 桜と錨 at 18:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
インターネットで1話だけ無料配信されていたので、私も金曜日に見ました。
前作「Band of Brothers」が大好きなので今回も注目しているのですが、
今後の日本兵の描かれ方がどうなるのかと思うと少し複雑な心境です。
「硫黄島の手紙」でハリウッドの日本兵描写がトラウマになっているので・・・。
(栗林中将が母校の先輩という個人的思い入れがあるのも一因ですが)
Posted by よーいち at 2011年07月24日 20:01
よ〜いちさん

私もまだ第2話までですが、この第2話の終わり方もなかなか良いです。 こういう描き方は私の好みですね。
Posted by 桜と錨 at 2011年07月24日 22:07
そうですか。夏休みに入ったら2話以降も見てみます。
Posted by よ〜いち at 2011年07月24日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46933579
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック