2011年03月30日

『艦船乗員の伝統精神』 − (6)

著 : 坂部省三 (元海軍少将、海兵37期)

  第一章 海上勤務の特殊性 (承前)

    第四節 綿密と大胆

 事を為すに当り綿密に計画することは大切な要件なるも、海上に於ては天象気象の変化其の他種々状況の推移に依り、切角の計画も予測に反し屡々以外の経路を辿ることがある。

 斯る場合、如何なる変転万化にも直に応じ得る準備と覚悟は船乗にとりて最も必要のこととされて居る。 先輩は次の様に教えて居る。

 「計画は細心にして実行は大胆なるべく、所謂尽人事俟天命の心境に在るべし」

 即ち、船を操縦する場合には、あらゆる計器の善用に務め、風潮其の他に対しても綿密に計画を立つるも、いざ実行となれば目先に応じて大胆にやれと言うことにして、唯漫然と根據なき感に支配されてやるのは大胆ではなく、無精と言うものにして、船乗には禁物であると言うことを戒められたものと思う。

 大谷中将は 『運用漫談』 に斯う説かれておる。

 船を毀したり坐礁させたりする原因は、
    (1) 事前にぼんやりしていること。
    (2) 危険に臨んで泡を喰うこと。
    (3) 事の起るや狼狽して如何に之に応ずべきかを知らざること。

 錨作業又は曵船、被曵船等の作業に於ても、事前に綿密なる計画と準備なき時は順当に行って居る間はよいが、一旦予想外の事が起こると狼狽して為すことを知らざると言うことになる。

 又知らざるは大胆とか言い、危険に瀕して居っても気が付かず、平気で行なっているものもある。 之は無鉄砲と言うべきである。
(続く)
posted by 桜と錨 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦船乗員伝統精神(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44050503
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック