2010年11月17日

電子戦のこと (2)

 前回、電子戦やその主たる対象となるレーダーのことについて、ご来訪の皆さんがどの様な刊行物や資料をお使いかをお訪ねしました。 が、考えてみれば実際にこれの実務に携わる専門家の方ならともかく、一般の研究家の方々がそう簡単に手の内を曝すはずがないわけで (^_^;

 そこで初心者の方を対象に少しご紹介を。 まずはレーダーの基礎について。


◎ 『改訂 レーダ技術』 (電子情報通信学会編)

book_radar_01_s.jpg

 現在出ておりますのは1996年の改訂版ですが、レーダーに関して日本語で書かれた数少ない入門書で、まともなものとしては唯一と言えるでしょう。 今のところまだ新刊で入手できます。

 非常に判りやすく書かれていますので、数式があまり得意でない方々にも理解し易いものです。 少々高い(4830円)ですが、これからレーダーを勉強される方にはまずお薦めの1冊です。

 私が現役時代に使っていたのは、これの初版です。 もし最新の情報に拘らなければ、レーダーの基礎ならばこれの古本を入手されても充分でしょう。

book_radar_08_s.jpg


◎ 『 Introduction to Radar Systems, 3rd Edition 』 (Merrill I. Skolnik)

book_radar_03_s.jpg

 2000年に第3版が出た、英語の入門書としてはベスト・セラーと言えるものでしょう。 上記 『レーダ技術』 のネタ本とも言えるもので、レーダーについて幅広い項目を網羅し、基礎から中級レベルまでの内容が判りやすく書かれています。

 専門用語を除けば中学・高校レベルの英語で充分読みこなせると思いますが、多少の電子工学の知識があればなおベターです。 普通の方でしたらこれ1冊あればまず充分かと。 

 新刊でハードカバーですと約1万5千円ですが、ペーパーバックですと約7千円くらいでアマゾンなどから入手可能です。

 私が現役時代に使っていたのは、これの第2版です。 同じくもし最新の情報に拘らなければ、これの古本を入手されても充分でしょう。

book_radar_07_s.jpg

 現在ではこの第2版の全文がネットで読めますが、解像度に少々難があるものの、これでも充分です。 興味のある方は探してみてください。 ただし、ファイル・トップの表紙画像が何故か第3版になっています(^_^;

book_radar_05_s.jpg


◎ 『 Radar Handbook, 3rd Edition』 (Merrill I. Skolnik)

book_radar_04_s.jpg

 同じく Skolnik の著で、レーダーについての各項目についての詳細な技術解説書です。 2008年に現在の第3版が出ております。

 まあ余程の人でない限りこの内容までは、とも思いますが ・・・・ それでも、それぞれの項目を眺めていくだけでもレーダーに興味がある方ならば、結構面白いものがあります。

 ハードカバーしか出ていませんが、アマゾンなどから新刊で約1万4千円で入手可能です。

 私が現役時代に使っていたのは、これの初版です。 これになるとやはり最新版が欲しいところですね (^_^)

book_radar_02_s.jpg

 で、この最新の第3版もフリー・オンラインで手に入りますので、必要な方は探してみてください


◎ 米海軍部内教育用テキスト

book_radar_06_s.jpg

 米海軍教育訓練コマンド (Navy Education and Training Command, NAVEDTRACOM) が出している米海軍における下士官兵用の基礎的な教育テキストで、レーダー関係では次のものなどがネットでも公開されています。

 普通の方々の勉強用としては、これらのものでも充分と思います。 これらも興味のある方は探してみてください。

  『 NAVEDTRA-14089 Electronics Technician, Volume 4 - Radar Systems 』
  『 NAVEDTRA-14092 Electronics Technician, Volume 7 - Antennas and Wave Propagation 』
  『 NAVEDTRA-14099 Fire Controlman, Volume 2 - Fire-Control Radar Fundamentals 』
  『 NAVEDTRA-14099 Introduction to Electronic Emissions, Tubes, and Power Supplies 』
  『 NAVEDTRA-14179 Introduction to Solid-State Devices and Power Supplies 』
  『 NAVEDTRA-14180 Introduction to Amplifiers 』
  『 NAVEDTRA-14181 Introduction to Wave-Generation and Wave-Shaping 』
  『 NAVEDTRA-14182 Introduction to Wave Propagation, Transmission Lines, and Antennas 』
  『 NAVEDTRA-14183 Microwave Principles 』
  『 NAVEDTRA-14184 Modulation 』
  『 NAVEDTRA-14186 Introduction to Microelectronics 』
  『 NAVEDTRA-14187 Introduction to Synchros, Servos, and Gyros 』
  『 NAVEDTRA-14190 Radar Principles 』


 以上の他、レーダーに関する専門書は、やはり英語のものが多数出ており、しかも良いものが沢山あります。 上記の入門及び基礎以外ものは、皆さんの必要性及び興味に応じて入手されると宜しいかと。
posted by 桜と錨 at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
◎ 『 Intruduction to Radar Systems, 3rd Edition 』 (Merrill I. Skolnik)
Intruduction は Introduction のミスですね。
Posted by KK at 2013年08月22日 20:28
KK さん

はい、そうですね。 ありがとうございました。
Posted by 桜と錨 at 2013年08月22日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41751059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック