2010年10月07日

回想録 『第12震洋隊物語』 − (16)

著 : 辰巳 保夫

 横須賀での外出

 日曜日に外出が許された。 久し振りであったためか、心の中は日頃になくそわそわしていた。 特別訓練中に日曜の数が何回かはあったが、今はこの時のことだけしかよく覚えていない。 他の日曜には外出しなかったようである。

 19期は九州、四国、近畿地方および中部地方 (石川県の付近) の出身者であったため関東地方の地理には疎く、また横須賀の町についてはほとんど知らなかった。 とにかく19期は揃って、東郷元帥のご遺徳を偲ぶためもあり、まず軍艦 「三笠」 を見学することにした。

 艦内には数多くの陳列品があり、日本海海戦における日本海軍の奮闘の勇姿を目の当たりに見ているようであった。 私自身は特に旅順港閉塞隊の当時の様子、並びに広瀬中佐のことなどを前々から知っておきたかった。 三笠の最後部にあった長官室などは見事なものであった。 この日の午前中は艦内の見学で大半の時間を過したようであった。

 引率しての外出は1回もなかった。 それでもあれば、この時繁華街の方に行ったであろうが、三笠からストレート、横須賀海軍下士官集会所 (現在のEMクラブ) (現在の横須賀芸術劇場や旧プリンスホテルがある 「横須賀ベイスクエア」 の所にあった) に足の先が向いてしまった。

 まだ皆は酒も飲まず、そして女遊びをする年ではなかった。 むしろ食い気一方である。 私は海軍時代月の手当をいくらぐらい貰ったのかあまり記憶がない。 2等飛行兵 (入隊してすぐの頃) 当時は1円2、30銭ぐらいではなかったろうか。 田浦に来てからの手当もおいておやである。 案外呑気なものだったのであろう。 何しろ三重空時代とは違い大分多く貰ったことは事実である。

 集会所の2階では催し物をやっていたようであり、舞台衣裳を着たおばはん連が何かと忙しそうな足どりで廊下を往き来していたのを覚えている。 別に大劇場の劇など見る気はしなかった。

 それよりも何か食べるべえと皆で1階にある兵隊さん用の食堂に行った。 まだ食べ物は売ってなく、料金前払い制、12時15分から販売すると書いた半紙大の紙が貼りつけてあり、調理室の壁、いわゆる料金払い口のすぐ上に、“鉄火丼” とあと一つ何か変った名の2品しかなかった。

 「“てつびどんぶり” とはなんかいね。」

 と私は側にいた九州育ちに尋ねた。 するとどちらも首を横に振った。 後にいたのが 「ワッハハハハッ」 と笑って 「鉄火とはマグロたいね」 と教えてくれた。 「マグロか」  私は鉄火丼に決めた。 変った名のはあまり食べんことにしていた。 食って 「うへえ!」 では・・・・。

 まだ販売時間まで間がある。 列に並んで順番を待たなければならなかった。 ちょっと下士官専用の食堂をのぞきに行ったりした。 下士官の方では燗壜 (かんびん) を並べ、猪口でちびりちびりやっている下士官連がいた。

 もうその頃、私達は正規の軍服 (7つ釦) は返納して第3種軍装 (国防色の木綿服) だけであった。 階級は飛行兵長であり、20期は上等飛行兵であった。

 列に並んで販売時間を待っているとなかなかおもしろい。 並んでいる列に平気で割り込むのが現れる。 それも販売時間になるとやたら多くなってくる。 不法侵入である。

 海軍では古参がやたらと幅を効かす風習があった。 1日でも先に入隊したとか、同じ階級であれば1日でも早く進級した者が俗に先任者である。 先任者に対し後任者は敬礼はもちろんのこと、彼等の命令には絶対服従しなければならなかった。 不服なことがあり、口答えなどしたときにはびんたが飛んできた。

 この時の不法侵入者がこの古参連中なのである。
(続く)
この記事へのコメント
桜と錨さん、お疲れ様です!

一つ質問なんですが…

戦艦「大和」の公試時の主砲射撃試験ですが、戦後の書籍や近年のものでも、徳山沖で射撃試験を行った記述が多々ありますが、これは事実でしょうか?

内海での巨砲射撃試験というのが何とも腑に落ちないのと、元乗組員で故人も含め、徳山沖での主砲射撃試験など有り得ないという意見があります。

昭和16年10月末日、宿毛沖標柱間にて公試運転を行い、その後、日向灘にて初の主砲射撃試験を実施したという話も聞きました。
その際、射撃開始寸前に近海をノルウェー船籍の貨物船が通り、射撃を中止し、互いの航海の安全を伝え、この船が水平線上から消えるまで射撃試験を中止し、その後改めて行ったそうです。
この時の射撃試験が初めてだと言われる方もいます。
果たして真相はどうなのでしょう?
Posted by GAIYA at 2010年10月07日 17:17
GAIYAさん>
 横から失礼します。
 アップされた記事と無関係の質問はなるべく管理人さんが別に設けられているHPの談話室(http://6623.teacup.com/navgunschl/bbs)にてされた方がよろしいかと思います。老婆心にて・・・
Posted by みほり at 2010年10月07日 17:44
みほり様、御指摘有り難うございます!

申し訳ない事に、そちらにアクセス出来ない環境にあり、やむなく…

おっしゃる通りで御座います。

桜と錨さんへも重ねて申し上げます。
Posted by GAIYA at 2010年10月07日 18:24
>GAIYA さん

 間違いなく徳山沖で砲熕公試を行っております。 で、これだけで終わってしまっては私のブログになりませんので、こちら ↓ を。

     http://navgunschl.sblo.jp/article/41180931.html

 何れにしましてもこの情報化時代、近い将来どうなるかはともかくとして、現状としてはインターネット環境を整えられることをお薦めします。

>みほりさん

 ありがとうございます。 基本的にはその方向でお願いしておりますが ・・・・ それに掲示板の方は双方で画像が使えて便利ですので。
Posted by 桜と錨 at 2010年10月08日 15:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41161400
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック