2010年09月17日

続々・大連訪問記 (6) − 食べ物編その1

 さて、いつもの食べ物編です。 これが出なければ私のブログではない? (^_^;

海鮮料理 「万宝海鮮舫」

 ここは2回目の7月の時にも夕食会を持ったところです。


 今回は6階の個室でした。 廊下の造りはどの階も同じ?

dalian_h2209_35_s.jpg

 ただ、この階のエレベーター・ホールの壁には水槽がありました。 このお魚さん、流石に単なる観賞用でしょうねぇ。 まさか食用では。

dalian_h2209_36_s.jpg

 個室は前回とはまた趣きの異なった内装です。 各階毎で異なるのか、全ての部屋毎に異なるのかは判りませんが、何れにしてもド派手です。

dalian_h2209_37_s.jpg

 料理は、一部の定番メニュー(茹海老、ピーナッツ、餃子など)を除くと、前回とは異なったものでした。 これは中国側の配慮?

 ただ、段々と中国側の人達とも顔なじみになってきますと、お喋りとお酒の注ぎ合いに忙しく、ついつい料理の写真を取り忘れてしまいます (^_^;

dalian_h2209_38a_s.jpg   dalian_h2209_38b_s.jpg

dalian_h2209_38c_s.jpg   dalian_h2209_38d_s.jpg

dalian_h2209_38e_s.jpg   dalian_h2209_38f_s.jpg

dalian_h2209_38g_s.jpg   dalian_h2209_38h_s.jpg

dalian_h2209_38i_s.jpg   dalian_h2209_38l_s.jpg

dalian_h2209_38j_s.jpg   dalian_h2209_38m_s.jpg

dalian_h2209_38k_s.jpg
( 豚の耳などの燻製  大変に美味しかったです  お酒のつまみに最高 )

 1階のエントランス・ホールは相変わらずのド派手です。

dalian_h2209_33_s.jpg

 1階のテーブル席はこんな感じです。 奥の生け簀で自分の食べたいものとその調理法をオーダーします。 こちらは少人数の場合は楽しいかも。

dalian_h2209_34_s.jpg

 建物の派手さはともかくとして、今回もどの料理も大変に美味しかったです。 大連で現地の人が最も好む海鮮料理店だけのことはあります。 ( まだ有名な 「天天漁港」 には行っていないのですが ・・・・ )
(続く)
posted by 桜と錨 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 大連訪問記(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40773403
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック