2010年09月15日

続々・大連訪問記 (4) − やっと1日自由行動 ・ 前編

 前2回の大連訪問では、第1回目の時に4時間で旅順まで往復して二〇三高地だけは見てきましたが、それ以外の自由行動というのはお土産買いの短時間の他はほとんどありませんでした。

 今回は幸いにも調印式翌日の3日目は、日中担当者のごく内輪の夕食会まで朝から一日自由行動となりました。 しかも嬉しいことに、調印式後の昼食会で中国側から、私達の市内見学などのためにマイクロバス1台とガイド兼通訳さんを用意するとの申し出がありました。

 ところが、です。 ホテルに帰ってから市内観光の希望を確認したところ、既に他に予定が決まっている数名、急遽商談の入ったグループ、その他食べ物が合わなかったのか体調不良の人、ゆっくりホテルでノンビリしたいという人もおりまして ・・・・ 何だかんだで結局市内見物に出たいというのは私だけに。

 で、流石に一人でマイクロバスは勿体ないのでキャンセルしましたが、中国語が全く出来ないので通訳さんは甘えてお願いすることにしました。

 翌朝はゆっくり起きて、ホテル内のビュッフェ・レストラン 「i・カフェ」 でノンビリと朝食。 そして身支度をしてからロビーに降りて、10時に通訳さんと待ち合わせです。

 ここでビックリ、現れたのはいや〜何とも可愛い通訳さんです。 このお嬢さんと夕方まで二人でデート! ヤッター!

dalian_h2209_24_s.jpg
(ご本人にブログ掲載の了承を得なかったので、残念ですがぼかし入りで (^_^; )

 ともかくロビー・ラウンジでお茶を飲みながらどこに行くか相談。 ところがやはりそこは地元の若いお嬢さんで、歴史的な遺産などについては興味なし。 私のガイドブックを見せながら、

 私 : 「大連でお薦めのところは?」

 お嬢さん : 「大連は見るところほどんどないよ。 ロシア人街や日本人街は行っても面白くないし、中山広場の古い建物も車でグルリと回って見れば充分だし ・・・・。 冬ならスキーが楽しいよ。」


 私 : 「(確かにロシア人街は一度見れば充分だったし ・・・・ ) う〜ん、貴女ならどこに行きたい?」


 お嬢さん : 「星海広場、水族館、市内でウィンド・ショッピング ・・・・ かな?」

 私 : 「OK、それで決まり。」

 うんうん、全く問題なし。 こんな可愛いお嬢さんと二人きりでデートですから、場所はどこでもルンルン気分 V(^_^)

 で、まずはタクシーで星海広場へ。 ホテルからタクシーで20分ほどです。

seikai_hiroba_sat_02_s.jpg
( 元画像 : Google Earth より )

 でもまあ何と言いますか、要するに単にだだっ広い公園です。 先月の8月ならここで盛大なビール祭りだったんですが ・・・・

dalian_h2209_25_s.jpg

 海岸側に大連市政100周年記念として作られたモニュメントや、まるでローラースケート場かと思わせるような建築物が。 その両脇は一応遊園地のようになっています。

dalian_h2209_26a_s.jpg   dalian_h2209_26b_s.jpg

 ところが何故かお嬢さんは大変にはしゃいでしまいまして ・・・・ 安全柵もない急勾配の先端まで走って登ってみたり、モニュメントの真似をしてみたり。 お茶目ですね〜 (^_^; 

dalian_h2209_27a_s.jpg      dalian_h2209_27b_s.jpg

 生憎の曇り空でしたが、30度を超える日本から飛び出してきた身としては、海風が大変気持ちよかったです。 綺麗なお嬢さんも一緒ですから尚更で。

 辺りをしばらく散歩してから、タクシーで5分ほどの水族館 「聖亜海洋世界」 (SunAsia Ocean World) へ。

dalian_h2209_28a_s.jpg   dalian_h2209_28b_s.jpg

 大連の水族館としては、こちらよりも老虎灘というところの海洋公園内にあるもう一つの水族館 「極地海洋動物園」 の方が有名で規模も大きいらしいのですが、何故かお嬢さんはこちらの方が面白いとのこと。

 入場料はテーマ別の3つある建物とアシカのショーの全てを見るチケットで190元 (約2400円) です。 日本でならまあこんなものかと思いますが、中国の物価からするととてつもない高額です。 何しろタクシー初乗りが8元 (約100円) ですから。

dalian_aqua_ticket_01_s.jpg

 それはともかく、二人で薄暗い館内へ (おじさんはドキドキ)。 展示されている魚介類などはまあどこの水族館にもいるような普通のものですが、通路が潜水艦の艦内風、沈船風、海底洞窟風、等々色々と工夫が凝らされています。

dalian_h2209_29a_s.jpg   dalian_h2209_29b_s.jpg

dalian_h2209_29c_s.jpg

 極地動物の展示館もあり、ペンギンやシロクマなどと共に狐 (?) なども飼育されています。

dalian_h2209_29d_s.jpg

 最近の水族館ではお馴染み、巨大な水槽の中を通るガラスの通路。 ここの床は回転寿司風の自動歩道になっています。 ここでもお嬢さんは目の前に来るお魚さん達に大はしゃぎ、携帯で写真をパシャパシャ。 う〜ん、どっちが連れてきて貰っているのか、と暫し。

dalian_h2209_29e_s.jpg

 で、お嬢さんも一緒に楽しんでくれましたので、ここまででかなり時間を使ってしまいました。 ここの目玉らしいアシカのショーはパスして、市内に戻っての遅めの昼食へ。
(続く)
posted by 桜と錨 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 大連訪問記(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40732106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック