2010年04月20日

大連訪問記 (4)− 大連の宿

 今回のホテルは、3泊とも大連の5つ星ホテルの中でも1、2を争う高級ホテル 「シャングリ・ラ・ホテル大連」 でした。

dalian_06.jpg

dalian_07.jpg


 もちろん最も安いグレードの 「スタンダード・ルーム」 でしたが、それでもハイ・シーズンなら相当な値段のところです。 今回は中国側が手配してくれましたし、まだシーズン前でしたので、非常に安く泊まることができました。

( ご存じとは思いますが、中国では全てについて中国人向けと外国人向けの2つの価格設定がなされています。 そこで、中国側に手配をしてもらうと、ホテルにしろレストランにしろ、中国側価格、またはそれに近い値段で利用することが可能になります。)

 エントランスやロビーも、大きなホテルの割にはだだっ広くはありませんが、高級感があって大変に良いです。

dalian_08_mod.jpg
( エントランスで出迎えてくれるお嬢さん達のプロポーションに脱帽! )

dalian_13.jpg

 隣りに同じく5つ星でニュー・オータニ系列の 「フラマ・ホテル大連」 がありますが、ロビーなどの感じはシャングリ・ラの方がかなり上と感じました。

 部屋はダブルベットx1ですがソファなどの家具類も整っており、かつ非常に広いスペースですのでゆったりとすることができます。 それに照明や色調などもなかなかシックで落ち着いています。

dalian_10.jpg   dalian_10a.jpg

 さらに便利なのは、広いバスルームの中は、通常の浴槽、洗面台、トイレの他に、ガラス張りのシャワーブースが付いていることです。

 浴槽にカーテンをひいて、と言うのではありませんので、シャワーは心置きなくお湯を出すことができます。 これはいいですね〜。

 テレビは有線で、映画やNHKを含む外国ニュースなどのチャンネルを楽しめますが、中国語の放送でも最近は字幕がでますので、何となく意味が判ります。

 で、私の部屋は北向きの大連港に面したところでしたので、もしかするとこれ ↓ が見えるのではないかと期待したのですが・・・・ 

dalian_CV_sat_01_s.jpg

 残念ながら滞在中には見えるところにいませんでした。 残念! でも、この目の前の造船所で改装工事をしているんですよね。

dalian_10b.jpg   dalian_10c.jpg
( 部屋からの眺め )

 食事は昼・夕ともにすべて外でになりますので、ホテルで食べるのは朝食のみ。 1階にある 「i カフェ」 というレストラン。

dalian_09.jpg
( レストラン 「iカフェ」 の入口 )

 ここは朝・昼・夕と違ったメニューでのバイキングが楽しめますが、朝食でも非常にメニューが豊富で、その場で手打ち麺のラーメンも作ってもらえるコーナーまであります。 味はもちろんどれを取っても大変に美味しいく、朝からついつい食べ過ぎてしまいます。

 ホテルは大通りに面していますので、昼間は車や人通りもかなり多いところですが、流石に夜は静かになります。

dalian_town_17.jpg

 もっとも、今年は異常気象なのか、滞在中は4月中旬にも関わらず連日3月始め頃の気温で、昼でも6〜9度ぐらい、朝夕は0〜3度ぐらいでしたので冬用のジャンパーやコートが必要でした。 夜の人通りがないのも当然だったかも?

 さて次回は大連での食べた料理の数々をご紹介します。
(続く)
posted by 桜と錨 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大連訪問記(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37270735
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック