2010年02月15日

「筒発」 について (2)

(3) 高温砲

 砲を連続して発射すると、当然のことながら砲身が高温となります。 そしてこの高温によって砲弾や装薬中の火薬類の自然が生じる可能性が出てきます。 この状態を 「高温砲」 といいます。

 この場合、普通は先に装薬が発火して砲弾は発射されてしまいますが、状況によっては砲弾内の炸薬、あるいは信管などが起爆してしまう可能性が全く無いとは言い切れないものがあります。

 砲に余り詳しくない方々には、この高温砲が原因で砲弾が破裂して筒発となる、というと最も判りやすい様で、結構これを挙げている記事が見られます。

 『別宮暖朗本』 の著者流に言うと、「奇怪な論説であって、砲術を知らない人間の頭に入りやすいが (p295) (p306) 」、あるいは 「俗耳に入りやすい (p79) (p83) 」 ということになります。

 しかしながら、実際に日露戦争当時でも、筒発 (と疑われるものも含む) の状況を詳細に観てみれば、この高温砲が原因として考えられるものはまずありません。

 また、太平洋戦争におけるスラバヤ沖海戦やアッツ沖海戦での長時間の砲戦を考えていただいても、この高温砲による筒発というのが、それ程簡単に生起するものではないことがお判りいただけるでしょう。

 もちろん、日露戦争当時においては、この高温砲と筒発の関係、あるいは高温砲によって引き起こされるその他の筒発原因との関係はよく判っていませんでした。

 したがって、この高温砲も筒発発生の一原因と考えられていましたので、特に黄海海戦での教訓から、日本海海戦までに各艦ごとこの砲身冷却については様々な工夫・努力がなされました。

 例えば、「三笠」 では下図のように主砲用のキャンバス製の特製冷却装置を考案し、射撃中はその中を海水を通すことによって砲身温度を下げるようにしています。 丁度、現在のオットーメララの76ミリ砲の様な具合にです。

mikasa_gun_cooling.jpg

 更にこれに加えて、1〜2弾発射する毎に砲尾から砲身内に真水を注入して冷却措置を講じていました。 これらによって、「三笠」の戦闘詳報では主砲は海戦中ほとんど素手で触れる程度の温度であったとされています。

 しかし、それでも 「三笠」 の前部右砲は筒発を起こしたのです。 したがって、この時の筒発及びそれと疑われるものが、この 「高温砲」 によるものでないことは明らかでしょう。


(4) 操作ミスなどの人的要因

 例えば、日露戦争の頃の弾底信管式の砲弾の場合、弾庫に格納中は 「換栓」 という仮の栓が付けられており、戦闘前にこれを外して信管に換えることになっています。

 ところがこれを入れ替えずにこの 「換栓」 のまま発射した例が実際にあります。 しかも、開戦直前の訓練時と、黄海海戦及び蔚山沖海戦の実戦時に。 簡易な仮栓ですからその結果がどうなったかは言わずもがなでしょう。

kaesen_01.jpg

 また、その他に、底螺のねじ込みが不十分で、ガタがあったと考えられる例もありました。


 以上が筒発の原因についてのご説明ですが、筒発が起きた場合、多くは砲身の切断、亀裂などに繋がります。 しかし、砲弾の炸薬が 「不完爆」 であった場合には、砲身切断までには至らず、砲弾の破片が砲口から放出されるだけの様な場合も多くあります。 砲身毀損の状態は、それこそ多種多様です。

 そしてほとんどの場合、個々の筒発の原因は不明、あるいは解明不能であることです。 つまり同じ状況を再現できませんので、検証することが不可能であり、状況から “推定” するしかありません。

 したがってその対策は、結局は疑われる原因を一つ一つ潰していくしかないわけです。 これも筒発に関する重要な点になります。

 更に注意していただきたいのは、砲身毀損の総てが 「筒発」 が原因であるわけではない、ということです。

 即ち、砲身自体の材質・製造不良、命数超過、あるいは設計ミスなどにより、砲身が装薬によるガス圧に耐えられなかった場合や、あるいは外的要因、例えば敵弾の命中などによる場合も、砲身の毀損を生じることになります。

 そして砲身毀損の外見も筒発の場合と非常に良く似ている例が多く、その為もあってこの現象も一般的には 「筒発」 として言い含められていることもありますが、正しくはこれは 「筒発」 ではありません。 あくまでも砲弾が筒中で自爆した場合をいいます。

 そしてまたこれが筒発の問題を複雑にしている一因にもなります。

 例えば日本海海戦時の 「日進」 の主砲の毀損事故です。 この写真での砲身の折損状況は 「筒発」 によるものであると考えられています。

nisshin_gun_01_s.jpg

nisshin_gun_02_s.jpg

 しかし考えてみて下さい。 前部砲塔の左右両砲の全く同じ位置で切断していますし、しかも、後部砲塔左砲も残された内筒の切断位置からするとこれもほぼ全く同じ位置です。

 上でご説明した筒発の原因からすると、4門中3門についてこのようなことが起こる可能性は限りなく “0” に近いことがお判りいただけると思います。

 この 「日進」 の場合は、あるいは筒発があったのかも知れませんが、この砲身折損は明らかにそれだけが原因では無いことを示しています。

 しかも、「日進」 の戦闘詳報にも書かれているとおり、前部右砲は午後2時40分、後部左砲は午後5時20分、そして前部左砲は午後7時00分の事です。

 前部左右砲同時でも、ましてや3門同時に発生したのでもありませんし、また乗員はそれぞれの時に何れも砲に敵弾の命中があったと認識しています。

 したがって、単に砲身毀損の写真をみて、単純に 「筒発」 (だけ) によるものと言うことは出来ないということです。

(注) : 本項で引用した各史料は、写真以外は総て防衛研究所図書館史料室が保有・保管するものからです。


(この項続く)

posted by 桜と錨 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35330100
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック