2009年11月18日

連繋機雷 (一号機雷) について (後編)

 この連繋機雷の用法の応用例として出てくるのが、バルチック艦隊北上に備えた津軽海峡防備です。

 これも笑えます。 『別宮暖朗本』 ではこれについて 「津軽海峡封鎖作戦」 と題して、2頁にわたって色々書かれていますが、この2頁まるまる全部誤りです。

 黄海海戦が終了すると、海軍省は本格的にバルチック艦隊対策を検討し始めた。 1904年 (明治37年) 9月、海軍省は極秘裏に津軽海峡封鎖作戦の策案を小田喜代蔵に命令した。 封鎖せよという命令の本旨は防禦水雷敷設にある。 小田は封鎖の方法について昼夜を問わず熟考した。 (p266)
 ( )は管理人付記

 最も困難な点は、津軽海峡の水路部の水深が200メートル以上在り、小田自身の考案になる二号機雷(183ページ参照)が敷設出来なかったことである。 (p266)

 さらに状況次第では連合艦隊は津軽海峡を通過して、高速で太平洋方面に出る必要が生じるかもしれない。 また、できるだけ沿岸水運を遮断したくない。 つまり永久敷設となり、かつ敷設に時間がかかる機雷原という方法はとれない。 (p266)

 津軽海峡防禦の作戦を立案するのは 「海軍省」 でなくて 「海軍軍令部」 なんですが? そして、その要求に応じて必要な人、物、金の算段をするのが 「海軍省」 です。

 それはともかく、小田がこれを命ぜられて従事したなど、一体どこのどの史料にあるんでしょう?

 当時、連合艦隊の艦隊附属敷設隊司令であった小田に命令するなら、“当然” 同時に聯合艦隊司令長官にその旨通知がなければなりません。 少なくとも命令と通知の2通の文書が必要ですが、さてどの文書でしょう?

 そもそも津軽海峡防備には、軍令部は 「二号機雷」 の使用など始めから頭にありません。 水深はもちろんのこと、潮流が早すぎてとても使い物にならないことは自明の理ですし、そもそも 「管制水雷」 ではありませんから。

 “遮断したくない” ために、「二号機雷」 などの 「電気機械水雷」 以前から 「管制水雷」 があるのですから、そんなものは始めから選択肢に入る訳がありません。

 軍令部が考えたのは、明治36年に兵器採用された 「管制水雷」 の一種である沈底式浮揚機雷の 「牧村水雷」 です。 ( 牧村水雷については、本家HPで公開中の 『帝国海軍水雷術史』 をご覧下さい。)

 そして、この牧村水雷が強潮流の津軽海峡敷設に適するかどうかの実地調査を行うこととし、明治37年8月、本機雷の考案者である 牧村孝三郎海軍中佐 にこれを命じました。 当時、牧村は呉水雷団長心得として大連方面の作戦に従事中でしたので、直ちに召還され、この調査に当たります。

ord_makimura_01a_s.jpgord_makimura_01_s.jpg

ord_makimura_02a_s.jpgord_makimura_02_s.jpg

 そしてこの牧村自身の手になる実験により、すぐにこの 「牧村水雷」 は適さないことが判明します。

 しかし、当時まだ他に有効な方法が見つからなかったことから、明治37年10月、大湊水雷団長宮岡直記海軍大佐を委員長とする 「津軽海峡水雷防禦調査委員」 が編成され、引き続きの調査と、併せて 「牧村水雷」 の改良が検討されることになります。 もちろん、牧村もその委員の一人です。

 厳冬期には一時中断されたものの、春になって再開され、度重なる実験が行われましたが、結局は明治38年11月に最終的にこの種水雷では適さずとの結論を得て調査は終了することになります。

tsugaru_makimura_02_s.jpgtsugaru_makimura_01_s.jpg

 小田の出した結論は、太平洋に面する汐首岬−大間崎に浮標機雷を敷設し、竜飛岬沖には電気水雷を敷設することだった。 (p266)

 「牧村水雷」 が津軽海峡に適さないことが明らかになってくるにつれ、連合艦隊において実用化された連繋機雷を津軽海峡で用いることについて、軍令部でもその考えが出始めました。

 丁度その頃の 明治38年4月17日、タイミング良く、連合艦隊参謀長から軍令部長に対して、連繋機雷を多数繋げて用いるという次の発案がなされます。

tsugaru_mine_cos_03_s.jpgtsugaru_mine_cos_02_s.jpgtsugaru_mine_cos_01_s.jpg
( 4月17日発信の軍令部長宛上進電報 )

 もちろん小田の名前は出てきません。 もしこれが小田の発案であるなら、その旨記述されているはずです。

 これを受けた軍令部長は直ちに海軍大臣に対して連繋機雷の津軽海峡での有効性を調査することを商議し、そして海軍大臣も直ちに実施することに同意しました。

 そして、早くも翌日の 4月18日 その調査を命じられたのが、軍令部参謀であった 森越太郎海軍中佐 です。

ord_miri_01.jpg

 森中佐は、大湊水雷団長宮岡大佐及び特務艦 「韓崎」 などの全面協力・支援を得て調査、実験を行った結果、翌5月にはこの 「連繋機雷」 が有効であることを軍令部に報告します。

mori_rep_01.jpg

 これを受けた軍令部は、バルチック艦隊の津軽海峡通過の懸念が出てきたことにより、直ちに準備できるだけの艦船、器材をもってこの連繋機雷による暫定的な津軽海峡防備の計画を立てることになります。 幸いにして、その発動の機会はなかったわけですが。

 1904年12月、海軍省は津軽海峡防衛隊を発足させ、函館に水雷艇を配属した。 さらに津軽海峡の海流や風向きを徹底的に研究するため、造兵大監種子田右八郎が防衛隊所属となった。 種子田は浮標機雷の線状敷設のため、海峡に対し、どういった角度で、どういった量が適当か調べ上げた。 (p267)

 明治37年12月の 「津軽海峡防衛隊」 って何でしょう? そんなものどこを捜したら出てくるのでしょうか?

 それに、種子田は横須賀海軍工廠造兵部長であり、前出の 「津軽海峡水雷防禦調査委員」 の一人ではありますが、彼自身は津軽海峡での調査そのものに直接は従事しておりません。 これは残された調査関係書類や報告書などに明らかです。

 この調査を実際に推し進めたのは、森参謀と大湊水雷団長宮岡大佐であり、その命により従事した特務艦 「韓崎」 などの艦船です。

 そして宮岡大佐は、明治38年5月19日 に新設された 「津軽海峡防禦司令部」 の司令官を兼務することになり、実際の津軽海峡の防禦任務だけでなく、この連繋機雷や牧村水雷の実験等もすべて担当することになります。

 汐首岬−大間崎線を6ブロックに分け、おのおの6線の浮標連繋機雷を、敵艦進入阻止の命令あり次第、竜飛岬沖に待機している6隻の仮装巡洋艦が前進し、敷設することにした。 また掃海をあざむくため、大量のダミー水雷を浮流させ、さらに副次的手段として海岸砲と組合せ、管制機雷をより浅い竜飛岬沖に張り巡らせる計画が最終案とされた。 (p267)

 「6ブロックに分け」 とはどういう意味でしょう? そして、それにおのおの6線の連繋水雷?

 全く違います。 この著者は本当に 「津軽海峡防禦計画」 を見たことがあるんでしょうか?

tsugaru_plan_01_s.jpg

tsugaru_plan_03_s.jpg tsugaru_plan_02_s.jpg

 連繋機雷の敷設方法は、汐首岬〜大間崎間に敷設するのではありません。 その時の海流状況により、長さ約6マイルで幅400ヤード間隔に6線の連繋機雷が、ロシア艦隊が汐首〜大間崎を結ぶ最狭部を通過する予定時刻に、“そこに到達するように” するものです。 浮遊機雷である以上、そんなことは当然のことなんですが・・・・

 しかも、ブロックではなくて、6隻の敷設船が400ヤード間隔の横並びで同時に、長さ6マイルの連繋機雷 x 6線を一斉に敷設します。

 そして長さ約6マイルでは足りない敷設線と陸地との間に、それ以外の敷設艦船を以て擬水雷を大量に撒きます。

 しかも、なぜ敷設艦船が敷設する東口の付近でなくて、わざわざ遠い西口の竜飛岬沖で待機を? 流れの強い海峡の中で? この著者は、本当に全く海というものを知らないのですね。

 松倉川尻 (現在の松倉川河口から函館空港にかけて付近) に “錨泊待機”、必要により函館に入港し、これらから出港するんです。

 ましてや 「竜飛岬沖」 には管制機雷など敷設しません。 津軽海峡で管制機雷が敷設されたのは函館のみで、これは函館港の防禦のためです。

hakodate_mine_01_s.jpg

 もっとも日本海海戦の時機には、“竜飛岬とは反対側” の 「白神岬沖」 に丁度先の牧村水雷がその実験のために2群連敷設されていましたが・・・・ (^_^)

( 牧村水雷の実験は、白神岬の陸上に実験用の仮設衛所を設け、ここで敷設水雷の電纜を接続して管制していました。)

-----------------------------------------------------------

 さて、「連繋機雷」 という “たった一つのこと” について、 『別宮暖朗本』 で如何に多くの誤りが記述されているかを、4回に分けてご説明してきました。

 そして最後に、

 小田喜代蔵が発見した攻撃法であるが、その主題の一貫性に驚かさせる。 すなわち機雷を攻撃的に使用すること、および管制(コントロール)することである。 コントロールする手段は常にロープであるが、戦艦パブロフスクを撃沈し、津軽海峡を封鎖し、戦艦ナワーリンを撃沈した小田の創意工夫は不朽だろう。 (p323)

 史実とは全く異なることを延々書き連ねた結論がこれですか (^_^)  驚かされたのは、この著者ではなくて、こんな “トンデモ主張” を聞かされる読者の方でしょう。

(この項終わり)

(注) : 本項で引用した各史料は、総て防衛研究所図書館史料室が保有・保管するものからです。 なお、赤線は説明の都合上管理人が付けたものです。


posted by 桜と錨 at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
はじめまして。
曾祖父の事をもっと知りたい・・・と思っていたらこのブログに出会う事ができました。
父や祖父でも知り得なかった詳細な記述や資料に、ワクワクしながら読ませていただきました。
今後も海軍についていろいろ勉強させてください。
Posted by mimi at 2010年08月18日 16:29
 mimi さん、初めまして。

 ご来訪ありがとうございます。 大変にマイナーな分野が中心となるブログですが、旧海軍の家系の方にもお読みいただけるのは嬉しいことです。 今後ともお楽しみいただけたらと存じます。

 なお、本家サイト 『桜と錨の海軍砲術学校』 でも砲術のみならず、水雷関係や艦艇写真などを初めとする旧海軍関係の史料を扱っておりますので、お手すきの時に覗いて見て下さい。

Posted by 桜と錨 at 2010年08月19日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33717002
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック