2009年11月13日

マルタあれこれ(23) ホテルとその周辺

 いよいよ最後の話題になりました。 最後は家内と泊まったホテルとその周辺についてです。

 約4週間マルタに滞在しましたが、仕事が順調に進んでも帰国日は航空機のチケットの関係で変更ができませんでしたので、滞在半ば頃には最後2日間の予備日はフリーになる可能性が出てきました。

 そこで、全6泊7日 (内2泊は機内)、マルタ滞在3日半、の予定で家内を呼ぶことにしました。 そう、銀婚式ですから V(^_^)

 で、ご用意させていただきました、はい。 奥様のために、5つ星ホテルのオーシャンビューの部屋を4泊5日。

malta_hotel_01a.jpg
( 部屋からの眺め )

 セント・ジュリアン (St. Julian's) 地区にある 「ヒルトン・ホテル」 です。

malta_hotel_05a.jpg   malta_hotel_05b.jpg

 残念なことに、結局は仕事の都合で、家内と一緒に観光をしたのは当初予定の2日間だけで終わってしまいましたが・・・・

 ホテルのプール・ガーデンの昼と夜です。

malta_hotel_07a.jpg   malta_hotel_07b.jpg

malta_hotel_08a.jpg   malta_hotel_08b.jpg

 セント・ジュリアン地区は首都バレッタから約7kmほど離れた新興地区にあります。

malta_hotel_sat_01_s.jpg
( 元画像 : Google Earth より )

 この地区やその回りには、ヒルトンなどの大きなホテルやリゾートマンションが数多く建ち並ぶところです。

malta_hotel_sat_02_s.jpg
( 元画像 : Google Earth より )

 そして近くにはカジノもあります。 このカジノはヒルトンの横にある 「ウェスティン・ゴンドラーナ」 という巨大なリゾートホテルの一部なんですが、建物は元々は約250年前の大富豪の館だったものとか。

malta_hotel_01d.jpg
( 部屋からの眺め  カジノとゴゾ島周りのクルーズ船 )

 ヒルトンはまだ出来てから2〜3年の新しいホテルで、かつ周囲にある巨大なリゾート・ホテル群からすれば、いわゆる純粋なホテルの部類に入るでしょう。

malta_hotel_sat_03_s.jpg
( Google Earth より )

 部屋は、スイート・ルームなどは貧乏人の私としてはとてもとても手が出ませんので、ごくごく普通〜のダブルです。 まあ、毎日夕方までほとんど出ていて、ホテルは寝るだけでしたので、これで充分でしたが (^_^;

malta_hotel_02a.jpg

malta_hotel_02b.jpg

 それでもさすがは5つ星ホテル。 オーシャンビューの部屋を予約する時に 「結婚25周年だから」 と言いったのが効いたんですね。 家内がチェックインして暫くした後に、ボーイさんがお祝いのメッセージと共に冷た〜く冷やしたシャンペンを1本届けてくれました。

malta_hotel_03.jpg
( ホテルからのお祝いメッセージ )

 もっとも、私はその日は深夜まで仕事でしたので、ホテルに戻ったときには、もう氷はすっかり溶けていました (^_^;

 部屋から見る昼間とその夜景です。

malta_hotel_01c.jpg

malta_hotel_01b.jpg

 ホテルはバイキング方式での朝食付きです。 つい取りすぎ、食べ過ぎに。 ただし、日本人にとっては味がやや単調なので、長期滞在向きではないかも (?)

malta_hotel_09a.jpg  malta_hotel_09b.jpg


 それでは、続いてホテル周辺の散策を。

 まず、ホテルを出ると目の前に聳える 「ポートマソ・タワー」 (Portmaso Tower) です。 マルタで最も背の高い商業ビルですが、ちょっとマルタには似つかわしくはないような気がします。 ただし、付近を散策していて道に迷ったら、このタワーを目印にできるので便利ではありますが・・・・

malta_hotel_15a.jpg     malta_hotel_15b.jpg

 ワターのすぐ脇にあるカフェ。 明るくて気軽に入れ、かつノンビリできます。 ホテルから散歩にでかけた帰りに一休み。

malta_hotel_24a.jpg   malta_hotel_24b.jpg

 ホテルに通じる道路の夕景色。

malta_hotel_26.jpg

 では、夕食に。 ホテルから歩いて5分ほどのところにあるカジュアルなイタリアン・レストランへ。 ( 店名を失念 orz )

 道路に面したテラスのテーブルを選びました。 街を歩く人達を眺めながらの食事です。

malta_hotel_29e.jpg

 マルタの地ビール 「チスク」 を飲みながら、3品ほどチョイス。 料理が出来たところでワインを1本。 美味しいワインがあれば、付け合わせのポテトとパンだけでも充分な量?

malta_hotel_29a.jpg   malta_hotel_29b.jpg

malta_hotel_29c.jpg   malta_hotel_29d.jpg

 で、食事を待つ間、食事の最中、終わってから、と度々テーブルにやって来ては、歌ったり踊ったりで盛り上げてくれるこの店の若旦那 (?)

malta_hotel_29.jpg


 改めて散歩の続き。

 ヒルトンから巨大ホテル群がある方向へ10分ほど歩くと、セントジョージ湾 (St. George's Bay) に出ます。 ここは砂浜があって、庶民用の無料のところと、ハイクラス用の有料のところとに別れています。

malta_hotel_18.jpg
( 芋洗い状態寸前 )

malta_hotel_19.jpg
( こちらは、もちろん呼べばボーイさんの飲物サービスなども )

 この海岸のすぐ側がパーチャビル (Paceville) というところで、マルタの 「原宿・六本木」 と言える繁華街です。 昼間はひっそりとしていますが、夕方から、特に終末の夜は多くの若者達で大変に賑わうところです。

malta_hotel_20.jpg
( 言わばマルタの竹下通り )

malta_hotel_21.jpg
( 同じマルタでもバレッタなどの古都とは趣きが全く異なります )

 果物とミネラル・ウォーター売り。 こう言う風景は庶民的で良いですね。

malta_hotel_22.jpg

 そしてちょっと小綺麗なカフェで一休み。 ここも夜はテレビを見ながらビールをちびちびやる人達で一杯になるようです。

malta_hotel_25.jpg

 まあ、ここでは家内も私もおとなしく (^_^;

malta_hotel_25a.jpg      malta_hotel_25b.jpg

 今度は、ホテルからパーチャビルとは反対のスリーマ方向に10分ほど歩くとスピノラ湾 (Spinola Bay) です。 周りはリゾートマンションだらけで、海岸沿いには有名な高級レストランやカフェなどがズラリと並んでいます。

malta_hotel_16.jpg

malta_hotel_17.jpg

 そこで、マルタ最後の夜は折角ですからちょっと奮発して、そのスピノラ湾に面した有名レストラン 「ドルチェ・ビータ」 (La Dolce Vita) へ。 ここはブラッド・ピットがロケ滞在中に来たことでも有名になったお店だそうです。

malta_hotel_28.jpg
( 2階が 「ドルチェ・ビータ」  右下のガラス張りのところも
 有名なレストラン 「サンジュリアーノ」 (San Giuliano) )

 ここでもオープン・テラスのテーブルで、夜景を見ながら。 ( ただし、暗くて折角の料理の写真が撮れませんでした・・・・ orz )

malta_hotel_28b.jpg   malta_hotel_28c.jpg

 料理の味も、雰囲気も、そして支払いも最高でした。 もっとも、美味しいワインを、二人でボトル2本も飲んでしまいましたので・・・・ まぁ、銀婚式ですから (^_^) 

malta_hotel_28d.jpg

 マルタはお気に召していただけたでしょうか、奥様?

 約4週間のマルタ滞在の最後、帰国の日の朝、部屋から夜明け前の眺めです。

malta_hotel_04.jpg
posted by 桜と錨 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マルタあれこれ(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33617951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック