2009年08月28日

艦砲射撃の基礎 − 「照準」 と射撃計算

 先の 「照準」 ということについて、補足の意味も兼ねてもう少しご説明します。

 艦載砲が目標を射撃する為に必要なデータを 「射撃諸元」 と言います。 この射撃諸元は 「方向、目標、左右苗頭、上下苗頭、照尺距離、信管秒時、仮標、及び仮標角」 からなります。

( これらの各用語の意味については、本家HPの 『砲術講堂』 内 『射撃関係用語集』 にありますのでご参照下さい。)

 この内、通常の水上射撃で必要なデータは「方向、目標、左右苗頭、照尺距離」です。

 方位盤など無かった時代、「方向」 と 「目標」 は砲の射手が照準器によって目標の照準点を照準する 「照準線」 (Line of Sight、LOS) によって直接実現されますので、砲そのものに調定 (設定) するデータは 「左右苗頭」 と 「照尺距離」 の2つということになります。

 この2つは射撃計算の結果として、砲に与えられるデータです。 ( では、誰がこの計算をするのかという問題は、また後にして別テーマとします。)

( なお、射撃計算の理論と方法については、本家HPの 『砲術講堂』 内の 『射撃理論解説 初級編』 をご覧下さい。)

 それでは、この 「左右苗頭」 と 「照尺距離」 は何 (どこ) を基準にして調定するのかといいますと、お判りのとおり “照準線に対して” です。

 即ち、「照準線」 に対して、「砲 (筒) 軸線」 (Bore Axis、≒ Line of Fire (LOF) ) を左右、上下にどれだけずらすのか、言い換えればどれだけの角度を持たせるのか、と言うことになります。

( 注 : 「筒」 は例によって替え字です。)

 実は、これを実現するのが 「照準器」 なんです。

GunSight_6in_01_s.jpg
( 四十口径安式六吋砲に装備された照準器の例 )

GunSight_47in_01_s.jpg
( 照準望遠鏡無しの照準器の詳細 四十五口径安式四吋七砲の例
 上図の6インチ砲の照準器もほぼ同じ構造 )

 砲側照準器は、照尺距離 0 メートルならば、照準線が砲軸線と完全な並行になるように取り付けられています。

 そして、照尺距離と左右苗頭の値をこの照準器の目盛に調定すると、照準器が動くことにより照準線 (上の図の場合では照門の位置) が上下、左右にずれて砲軸線と所定の角度を持つようになります。

GunSight_47in_02_s.jpg
( 照尺距離の調定の場合の例 )

 ところが、“照準をする” とは射手が “砲そのもの” を動かして実施しますから、砲を動かして照準器の照準線を目標の照準点にピタリと合わせると、その結果として逆に砲の砲軸線が所要の方向を向くことになります。

LOS

 このことはお判りいただけますでしょうか?

 したがって、「照準」 ということと、砲に (即ち照準器に) 射撃計算結果である 「照尺距離」 と 「左右苗頭」 を調定すると言うことは、“全く別の行為” であり、かつ照準が正しくなければ、いくら正確な射撃計算をして射撃諸元を砲に調定したところで、弾が当たるわけがありません。

 そして何度も繰り返しますが、この 「照準」 とは 「射手」 という “人” が、目で見ながら照準線を目標の照準点に合わせるように、砲そのものを動かすことであって、照尺距離や左右苗頭を照準器に調定するような機械的な目盛操作ではありません。

 たったこんな事さえ判っていない、理解できていないのが例の “トンデモ本” を書いた著者ですね。

 ですから、

 元来、艦砲の狙いとは左右(Bearing)と高低(Elevation)でしかない。そして、これは機械の目盛りで決定される。

 などという “嘘” が堂々と書ける。

( そもそも 「Bearing」 ってなんですか。 「Train」 ですね。 笑ってしまいます (^_^) )
posted by 桜と錨 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31686209
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック