2009年04月07日

第2回訪台記 旅を終えて

 実は私には日記をつける習慣がありません。 昔から手帳に簡単な記録を書き入れるだけです。

 したがってこの訪台記は、私にとって実に楽しかった旅を忘れないように、その手帳に基づいて思い出すままに綴ったものです。

 ですから、もし最後までお読みいただいた方がおられるとすると、単なる長々とした駄文に過ぎず、あまり面白くはなかったかも。

 それでもいいんです。 これは私と、同行の日本側メンバーと、そして素敵な台湾の仲間達との記録なんですから。 そして私の “気ままなブログ” ですから。

 今回の旅は、私にとって2回目の台湾。

 今回の当初の目的であった膨湖島の旧海軍馬公要港部跡への訪問も、限られた範囲内とはいいながら一応達成されました。

 そして膨湖島やその周辺もほんの一部ですが回ることができましたし、その最中に色々な探索をして、沢山の写真を撮ることができました。

 写真は、一眼デジカメとお手軽デジカメの2台を使って、5日間で1400枚を越えました。

 当然ながら、5日間のほとんどは一般的な観光旅行とかなり異なったものです。 しかし、実に充実した5日間の旅であったことは間違いありません。

 費用は、膨湖島も含めてシーズンオフだったこともあり、かなり格安で済みました。 サーチャージなどを除く、純粋な航空運賃は成田〜台北往復でたったの1万2千円でしたし、膨湖島は往復の航空運賃とホテル2泊のパックで、これもたったの1万7千円。

 それに食事代にしても、レンタカー代にしても日本に比べると遙かに安いです。

 結局何が余計な出費かというと、サーチャージや掛け捨ての保険、成田往復のバス代などで、これだけで全体の費用の約1/3です。

 今回の旅の総括としては何と言っても、“膨湖島へ是非また行きたい!” の一言に尽きます。 一般的な観光名所ばかりではなくて私達の趣味の世界でも、探すとまだまだふんだんに見所がありそうです。

 もちろん台湾本島でも行きたいところが沢山あります。 (実は日本側メンバー内では、もう次の計画が進行中なのです。)

 そして今回の旅の最中に台湾側メンバーから提案がありました。 “次は金門島へ行こうよ!” う〜ん、これも魅力的ですねぇ。

 どこか “スポンサー” になってくれるマスコミさんはありませんかねぇ? みんなで面白い訪問記を作りますし、写真も沢山撮ってきますから (^_^)

 いや〜、今回もちょっと変わった台湾の旅。 素晴らしい5日間でした。 大満足!

 これも同行の日本側メンバー、そして何よりも台湾側メンバーの極めて手厚い全面サポートのお陰です。 大感謝!

 今回撮った写真の内、馬公での艦艇見学や膨湖島周辺巡りのものは、何れ本家HPの方で纏めてご覧いただけるようにしたいと思います。

 ただし、馬公海軍基地内やその他台湾軍の基地など、ちょっときわどいものは残念ながら自粛させていただくつもりです。

 それは写真没収にもならずに済んだ台湾海軍及び陸軍の皆さんへのご厚意に対して。

houko_end.jpg

 あっ、これは単なる風景写真です・・・・ のはず (^_^)

(第2回訪台記 完)

posted by 桜と錨 at 00:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 第2回訪台記(完)
この記事へのコメント
素晴らしい豊富な遊記ですね。ほとんどいっしょの旅行ですが、艦長さんの観察力よりはるかにありませんね 。^_^||
次回のお会いも期待しますよ。

ラルフ
Posted by Ralph at 2009年04月07日 04:50
毎日更新を楽しみに読んでおりました。面白い読み物でした。桜と錨さんは、人に文章を読ませる筆力があります。私が言ったんじゃありません。兵頭二十八さんがそう言われてました。

>“膨湖島へ是非また行きたい!”

馬公要港部と鎮海要港部は訪ねてみたいが行けそうもないと思い込んでおりました。再訪の際はお声をお掛け下さい。
Posted by 孔子 at 2009年04月07日 19:19
>ラルフさん
 お世話になりました。 謝謝!
 次はどこへ行きましょうか? 楽しみですね。

>孔子さん
 是非ご一緒に旅をしましょう。
 鎮海要港部は、今丁度「桜祭り」というか「軍港祭」で基地開放をやっているようですね。 知り合いが行っていますので、次に会った時に様子を聞いておきます。
Posted by 桜と錨 at 2009年04月08日 00:59
是非是非お誘いください。ヾ(≧∀≦*)ノ

鎮海の桜祭りも、そもそもは日本海軍時代に始めた年中行事が地元に根付いてるんですが、この時以外だと外国人が見学に入るのは難しいのでしょうね。
Posted by 孔子 at 2009年04月08日 13:05
追伸

鎮海の桜祭りはこんな感じの様子です。一般公開は海軍士官学校のみの様子です。艦艇公開とかは無いのかも知れません。

http://www.konest.com/data/spot_hot_report_detail.html?no=1663
Posted by 孔子 at 2009年04月08日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28314960
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック