2009年04月04日

第2回訪台記 4日目(3月15日)・続2

 車を飛ばして馬公へ戻り、レンタカーを返し、ホテル隣のお手軽食堂で急いで昼食。

 私は「海陸麺」なるものを注文しましたが、これは魚系の薄味のスープに文字通り魚介類と肉類がタップリ入ったもの。 私的にはちょっと薄味過ぎるので胡椒を少しかけたらこれで実にグッドになりました。 これでたったの60元(180円)

houko_15-27.jpg

 どうも台湾では台北などの都市内よりも地方、それも離島・僻地の方が食べ物などは安いようです。 これは台湾側メンバーもそのように言っていました。 日本とはまるで逆で、日本なら馬公のような観光地では馬鹿高い値段設定ですから。 それも大して美味しくもないものでも。

 食べ終わって14時頃にホテルへ戻り、荷物をピックアップしてからすぐにタクシーに分乗して馬公空港へ。

 空港に到着して立栄航空のカウンターでチェックイン、そのままチェック・ゲートを抜けると、土産物を買う時間もなく搭乗開始、そして1500h定刻通りテイクオフしました。

 国際線と異なり、台湾国内線のこの手軽さは良いですね〜。 日本の国内線の大袈裟な要領などとは大違い、まるでアメリカのコミューター並みです。 余計なサービスやプライドばかりにお金を使わずに、こういう手軽さを日本も見習うべきですね。

 帰りも同じMD−90型機ですが、飛び立ったと思ったらもう松山空港着。 40分弱で、スチュワーデスさんも慌てたらしく、飲み物サービスをバタバタと片付けて席に着いていました。

 荷物を受け取り、そのままタクシーに分乗して初日と同じ僑合大飯店へ。

 16時過ぎにチェックインしましたので、最後の夕食会のために19時に三徳大飯店に各自ごと直接集合することとし、それまでの間自由行動でブレークとなりました。

 取り敢えず荷物を置くことにして部屋へ。

 今回は7階701Aという部屋でしたが、手前に8畳ほどのオープン・ドアの部屋がありテーブルと椅子が並びちょっとした打合せ室に、そして中の両側が改めて私の701AとNH「おじさん」の701Bの部屋に分かれている構造。

houko_15-28.jpg
( 左手奥が私の部屋 )

 部屋の中はダブルベット一つは同じですが、かなり広い。 調度品も色々。 トイレ・洗面所と浴室はガラス扉で区切られており、これも広いですし、しかもバスはジャグジー付き。

houko_15-29.jpg

 オマケにまたまた居室と浴室との間はガラス張り。 台湾の人は好きですねぇ、こう言うのが。

houko_15-30.jpg

 荷物を置いてから近くのSOGOへ。 女房殿ご注文の品を確認のためです。 しかしながら、元来が女性ものなどサッパリ判らない上に、売場に日本語どころか片言の英語でさえ満足に通じる店員さんがいなかったので ???

 まあよしとしましょう、私としては努力はしたということで (^_^;

 ホテルへ戻って少し休憩してから三徳大飯店へ向かうため、MRTを台北駅で乗り継ぎ復興西路駅へ。 台湾も2回目になりますとMRTの乗り方などは随分と慣れました。 簡単なものです。 そして便利です。

 三徳大飯店のロビーで皆と合流して2階のレストランへ。 丁度夕食時刻だったので大変に混んでいました。 客は台湾人と日本人が半々ぐらいか。

 もっとも、この三徳大飯店は日本の団体さん御用達みたいなホテルですから、多いのも当たり前かと。

 一つのテーブルを囲みましたので少々窮屈になりましたが、奥さんや小さな子供さんを同伴のために少し遅れた台湾側メンバーを含め、日本側5人、台湾側6人の計11人。

 ここは中華料理の食べ放題だとかで、注文は台湾メンバーにお任せ。 しかしながら約2時間の間にまたしても次から次へと、出てくるは出てくるは。

houko_15-31.jpg   houko_15-31a.jpg
( 食べる )                   ( 食べる )

houko_15-31b.jpg
( 食べる )

houko_15-31d.jpg       houko_15-31c.jpg
( 食べる )                   ( 食べる )

 一体どれだけ注文したのか、11人でもとても食べきれないくらいの量でした。 それでも最後にセルフのアイスクリームを2回も取りに行った人がいましたが。

houko_15-31e.jpg   houko_15-31f.jpg
( 食べた! )                  ( 食べた! )

  よく食べ、よく飲み、ワイワイお喋り。 今回の旅最後の夕食も大満足、大満腹です。

 食事の途中で台湾側メンバーから嬉しいプレゼントがありました。 今回参加できなかった常連の2名分を含め、日本側全員に台湾「模型家族」クラブの帽子です。 これはナイスです! いよいよ「模型家族」日本支部の誕生かとの声も。

houko_15-32.jpg

 楽しい夕食会のあと、私とHN「おじさん」、某Y氏3人は台湾側メンバーの車でホテルまで送って貰うことにしましたが、某I氏と某N氏は“やっぱり”これから散策・買い物へ。 負けますねぇ、このスタミナには!

 22時過ぎにホテルへ戻りましたが、いよいよ今回の最後の夜です。 荷物を軽く整理し、メモを付けてから就寝。 今日も大変充実した一日でした。
posted by 桜と錨 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2回訪台記(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28211307
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック