2009年03月24日

第2回訪台記 3日目(3月14日)

 朝7時に目覚ましで起床。 さていよいよ今日がこの旅のメインなのですが・・・・

 窓の外をみると、昨夜の雨は幸いにして止んでいるようですが、雲が厚く覆ってドンヨリとしています。 そしてなによりも風がものすごく、木立が大きく揺れています。

 まあ、雨でないだけましか。

 で身支度をして朝食を、と思ったのですが、このホテルの「朝食付」というのは、食券を持って近くのマックまで食べに行くというもの。

 何もこんな離島まで来て朝マックかい、とも思いますが、ともかくそれも試しと思って出掛けることに。

 外にでると、風が強い、そして寒い! 長袖シャツとジャンバーでも寒いくらい。

 マックは歩いて7〜8分のところにありましたが、別にどうと言うことはありません。 朝メニューの5種のハンバーガーから一つと飲物を選ぶだけ。 普通のハンバーガー(らしきもの)とホット・コーヒーにしましたが、味気なし。

houko_14_01_s.jpg

 これならわざわざ朝から出掛けて来なくとも、ホテル前のコンビニで何か買った方が余程ましですね。

 食べ終わってから、ついでに港まで出てみます。 馬公の海軍基地は馬公港を挟んで市街の反対の南側にあります。

bakou_sat_2009_s.JPG
( 本記事の最初にUPのもの 元画像 : google earthより )

 しかし、基地そのものが南を向いて作られていますので、市街からはほとんど判りません。 旧海軍は上手く作ったものです。

houko_14_02_s.jpg
( 画像修正無しです。 如何にドンヨリしているか。)

 岸壁沿いに歩いて、「菊島之星」のところまで。 そこからホテルに戻ります。

houko_14_03_s.jpg
( 今回は遂に中を見に行く機会がありませんでした。)

 9時にロビーに集合。 台湾側が借りてきてくれた8人乗りのレンタカーに乗っていざ出発!

 約10分で到着。 ゲートでは台湾人はID、外国人はパスポートのチェックですんなりと入れてくれ、公開艦艇が繋留されている岸壁前の広場に設置された臨時駐車場までところどころに立っている警戒兵が誘導します。

houko_14_04_s.jpg
( ゲート前で交通整理の警備兵が如何にも寒そ〜です。)

 残念ながら、誘導された公開艦艇の岸壁は、ゲートから一番手前の最も新しいところです。

 現在の衛星写真と、1945年の米軍製の地図とを比べていただければお判りのように、この岸壁地区は戦後に台湾海軍が大規模に埋め立てたところです。

sokuten_sat1_s.jpg
( 元画像 : google earthより )

sokuten_map1_s.jpg
( 元画像 : 1945年版の米軍地図より )

 私が本当に見たい旧海軍の測天島地区は更にその奥。 しかし、起伏や建物などが途中にありますので見えません。

 せめて旧ドライドック跡までは何とか見たかったのですが・・・・

 とは言ってもそれは所詮無い物ねだり。 ともかく車から降りて岸壁に出たところから全員で写真を撮りまくり始めます。

houko_14_05_s.jpg
( 艦番号1208 「承徳」)

 で、本日公開される練習艦隊の「康定」級(仏製準「ラファイエット」級)の6番艦「承徳」が繋留されている横の岸壁には哨戒艇やミサイル艇がズラリ。 これを私達がそのまま見逃すはずはありません。

houko_14_06_s.jpg

 岸壁から「承徳」を撮っているフリをしながら、ソロリソロリとそちらの方へ、しかも上手いことに皆が適宜バラバラになりながら。

 ・・・と突然、岸壁警戒に当たっている水兵さんの一人が私のところに飛んできて何やら警告する様子。

 てっきりそちらの岸壁へ行ってはダメ、とか、あっちの艦艇は撮ってはダメ、とか言っているものと思ったのですが・・・・どうやら風が強烈なので岸壁のフチに近づいたら危ない、とのことらしい。

 “OK、OK” と首を縦に振って少し内側にずれたら、スンナリ元の位置へ戻っていきました。

 な〜んだ、それだけのことだったのか、ビックリした。

 で、それを良いことに、またソロリソロリと哨戒艇などの方へ近づきます。 そして勿論写真は撮りまくり。

 結局100m以上行ったでしょうか。 流石にそこまで行くと、ミサイル艇の舷門当直員が出てきて、「こっちの岸壁は公開になっていないので来てはダメ」 と言いに来ました。 

 まあ、この辺が潮時と、皆でゾロソロと元の岸壁へ戻り、「承徳」の舷梯を上がります。
(続く)
posted by 桜と錨 at 19:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 第2回訪台記(完)
この記事へのコメント
 私も前回蘇墺基地で注意されたのがそれでしたね。こっちはそんなんで岸壁から落ちるか、なんて思ってるんですが、親切なのか過剰警戒かのか・・・・
Posted by みほり at 2009年03月25日 02:25
みほり殿 いやマジで凄い風だったよ。

ポリバケツの蓋が吹き飛ばされて海没し
艦上や埠頭で着用した帽子が舞い乱れ
僅かの時間で眼鏡に潮がビッシリと・・。

雨が降らない、呪いの嵐でありましたヨ。
Posted by Y@茶処 at 2009年03月25日 05:32
みほりさん
いやホント、この後出てきますが、あまりの強風のために危ないので、艦上公開は一時中止になってしまったんです。
Posted by 桜と錨 at 2009年03月25日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27842256
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック