2009年03月22日

第2回訪台記 2日目(3月13日) ・ 続3

 さて昼食の後はどうするか? 案内してくれている台湾メンバーからは近場の温泉へ行こうと提案がありました。 片道約1時間で景色が良いからとのこと。

 しかし、それではもう向こうであまり時間が採れません。 どうせ温泉へ行くならならゆっくりノンビリしたいですから。

 そこで、同行のHN「おじさん」の希望で、前回の訪台時にも行った台北市内の模型屋さん巡りをすることに。

 先ずは食事場所からも近い、西門駅近くの2店。 最初の店は台北の “おたくビル” として知られる有名な 「萬年百貨」 の中。 ここは人も多いし店の中の通路が非常に狭いので見て回るだけ。 次はそこから歩いてすぐの所にある個人営業のお店。 こちらは台湾メンバーもご推薦のところ。

 次いで、ちょっと離れた台北北部の士林の方のお店。 こちらは台湾メンバー一押しのところ。 品揃えはなかなかです。 特にエッチングは凄い。

 スケール・モデルも安くて面白いものも色々あるのですが、買って帰るには嵩張りますので、今回も私はエッチングを中心に物色することに。

 エッチングはとにかく安い! 物によって異なりますが、大体が日本での1/2〜1/3位です。 別に帰国後にすぐ作るという訳ではありませんが、“隠れモデラー” の私としては、これは買っておかない手はありません。 第一、全く荷物になりませんから。

 ということで、汎用のものを中心に10種類ほど購入!

houko_miyage_1_s.jpg

 ここで時間が無くなってしまいましたので、急いでホテルへ。 16時半ジャストに到着しました。

 フロントに預けてあった荷物を引き取り、メンバーが揃うのを待ってタクシーに分乗して松山空港へ。 いよいよ今回の旅の目玉、膨湖島へ向かいます。

 台北からの出発地、松山空港は市内北部にあり、中心部から近くて非常に便利です。 ここは日本統治時代に作られ、戦時中は旧陸海軍も主として空輸経由地として使っていました。

 戦後は台湾の国際空港として使われていましたが、現在の桃園空港が出来てそこに国際線が移されてからは、国内便のみとなっています。

matsuyama_AirP_map_s.jpg
( 元画像 : google mapより )

 ただし今も軍民共用空港の軍事施設ですので、飛行場の写真撮影は禁止です。

 立栄航空のカウンターでチェックイン。 幸いにと言うか残念ながらと言うか、何故か今回は膨湖島への行きも帰りも便数の多いプロペラ機(DHC−8)の方ではなくて、便数の少ないMD−90に当たりました。

 ここでハプニング。 パスポートを出そうとして肩に担いでいたカメラ・バッグを降ろすつもりが、30cm位の高さから落としてしまいました。

 ガチャン!という金属音。 ??? バッグにはクッションが入っているはずなのに・・・・ 慌てて開けてみると特に異常なし。

 が、レンズ・カバーを外してみると、あれぇぇぇ〜、フィルターが粉々に! ガ〜ン!!

 レンズに傷は? モーターは? 一瞬真っ青になりましたが、ともかく馬公に着いてからゆっくり確認することに。

(馬公のホテルで調べたところ。 幸いにしてフィルターのみで、それ以外は全てOK レンズにも目で見た限りでは傷は無い様でした。 先ずは一安心。)

 そして昼間は晴れて暑かった天気も、ここに来て雨風模様に。 皆の意見が一致して “これはきっと今回参加できなかった某M氏の呪い” と言うことになりました。

 訪台中に他のメンバーにも多かれ少なかれこの呪いがあったようで・・・・(^_^;

 チェックイン後大した時間もなく、1755h搭乗開始、1815h予定どおり馬公へ向けて出発しました。 この辺は、台湾の国内線は大変便利です。

 金曜日の夕方ですので、週末で帰る島民なのか、段ボールなどの荷物を沢山持った人が多く、ほぼ満席状態。 私達のような一見して観光らしいのはほとんど見受けられませんでした。

 途中は風と雨にも関わらず安定した飛行で、しかも飛行時間は約40分、飛び上がったと思ったらもう降下を始めるような感覚です。 離島とはいえ、馬公は思った以上に近いことを実感しました。

 強い風の中、非常に上手い操縦で極めてスムースに馬公空港にランディング。 うん、このパイロットは腕がいい!

 現在の馬公空港は、馬公市街から車で10分ほど離れた膨湖島の中央部にあり、ご多分に漏れず軍民共用です。

houko_13_11c_s.jpg
( 元画像 : google earthより )

makou_AirP_sat1_s.jpg
( 元画像 : google earthより )

 しかし、民間用ターミナル内は非常に綺麗で、待合いロビーは広々としていますし、カウンター・フロアーも離島らしい飾り付けがなされています。

houko_13_11d_s.jpg

houko_13_11a_s.jpg

houko_13_11b_s.jpg

 荷物を受け取って、既に待っていてくれたホテル出迎えのマイクロバスで馬公市内のホテルに向かいます。
(続く)

posted by 桜と錨 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2回訪台記(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27772818
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック