2009年03月07日

PAC−3では23区は守れません(2)

 ついでですので、もう少し。

 そもそもPAC−3とは何のためのシステムなのか?

 これも米軍の公表資料 ↓ で示されているとおり、米軍が遠征先(国外展開先)で自軍を防禦するためのものです。

PAC-3_Msn_s.jpg


( まあパトリオット・システムそのものが元々陸上部隊の防空用ですから、当たり前と言えば当たり前ですが。)


 つまり、アメリカ本土でこんなものを使うつもりなど毛頭ありませんし、展開先においてさえ自軍が守れれば良いのであって、その外周にある展開国の人口密集地などは全くの考慮外です。

 そもそも先に示したとおりPACー3にはそんな能力はありませんから。

 早い話が、艦艇の対艦ミサイル防禦でいう “CIWS” みたいなものです。

 従って、部隊が移動したり、予想脅威方向が変化した時などには、常にそれに応じて最も効果が得られるようにその都度再展開・再配置し直さなければなりません。

 ですから車載の移動型になっている。 当たり前のことなんです。
posted by 桜と錨 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27426601
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック