2009年01月15日

「一式砲弾」?

 某巨大掲示板にて「一式砲弾」という話題が出ていました。

 何でも陸戦隊として南方に派遣される予定の人員に対してこれの講習が行われたとか聞いたが詳細は不明とのこと。

 これだけの情報しか提供されていませんが、これから判断する限りにおいては、これは「八糎一式徹甲弾」のことですね。

1shiki_AP_8cm_01.jpg

 もちろん「一式徹甲弾」とは言っても、46糎砲などで有名なものとは全く別物で、旧式化した「四十口径十一年式八糎砲」や「四十口径三年式八糎高角砲」などを活用するためのものです。

 当然ながらこれらの砲は特設艦船用などの他に、開戦後は南方占領地での防備用として使用されました。

 対舟艇や対戦車用としての有効使用が期待されたのでしょうが、それはその時点まで砲が残存できていれば、の話ですね。

 なお、この砲弾についても、何れは本家HPで公開を始めました「旧海軍の砲術」の「弾丸」の項で詳細をUPするつもりです。
posted by 桜と錨 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25531304
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック