2008年11月11日

水雷艇「雁」の運んだ金塊は

 連載中の「聖市夜話」で第10話に出てきました「雁」がペナンに運んだ金塊2トンですが、第10話の最後に追記 しましたように、「伊29潜」と「U−180」とによって独逸に無事運ばれたものです。

 この金塊、2トンという量のことはロスキル(Roskill)著「The War at Sea」の第2巻でも書かれており、日付的な関係からこれで間違いないと考えます。

 なおチャンドラ・ボースとも関係する、この「伊29潜」と「U−180」の話は余りにも有名で、様々なものが出ており、皆さんもよくご存じのことと思いますので、詳細については省略します。

 一つのことが、調べていくと色々なことに関係していますね。 だから歴史(戦史)は面白い。
posted by 桜と錨 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22702753
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック