2008年10月17日

戦闘旗について

 旧海軍のことで簡単に言い流されるけれども、間違ったことがまことしやかに通用していることは多々ありますが、その一つに「 戦闘旗 」があります。

 例えば、艦船モデラー達に愛読されている有名な『軍艦メカニズム図鑑 日本の駆逐艦』(グランプリ出版)には

 「駆逐艦での戦闘旗は、後檣の揚旗斜桁に掲げるのが一般的であった。」(p169)

 あるいは、インターネット上でも艦艇写真をUPしてその説明に「後檣ガフに戦闘旗が揚がっている」などと書いているものもあります。

 違いますって! 私などからするともういい加減にして欲しいくらいです。 確たる根拠を一度でも見てみたら、と。

 昭和7年に改正された『海軍旗章令』の第28条で、

「軍艦旗ハ艦艇及特務艦ノ後部旗竿又ハ斜桁ニ掲揚ス・・・(後略)」

 と規定されています。 つまりガフに掲揚するのは、通常の “日本海軍の軍艦であることを意味する旗”、いわゆる「艦旗」です。

 そして、規定上は軍艦旗は後部旗竿でもガフでもどちらでも良いようになっていますが、普通は後部旗竿に掲揚します。 そして、艦が合戦準備をした時には戦闘時に邪魔になる後部旗竿を格納しますので、これを後檣ガフに移します。 これは規則に定められたものではなく、いわゆる慣習であり、船乗りの常識です。

 では戦闘旗とは何か?

 『海軍旗章令』の第30条第2項で、

「艦船戦闘中ハ前項ニ規定スルモノノ外檣頂ニ軍艦旗一旒ヲ掲揚スルヲ例トス」

 と規定されています。 これが戦闘旗です。 つまり戦闘旗とは実際の戦闘中しか掲揚されませんが、この時には先の「軍艦としての旗」と合わせて “ 2つの軍艦旗 ” が揚がっていることになります。

battle_flag_1_s.jpg

battle_flag_2_s.jpg

 例を示しましょう。 上の写真が明治37年8月の黄海海戦時の一枚、下は昭和16年12月の真珠湾作戦時の一枚、共に有名な写真ですから一度はご覧になったことがあるでしょう。 これが戦闘時の艦旗と戦闘旗です。

 余談ですが、戦勝した海戦において掲げた戦闘旗を「 記念軍艦旗 」として保存します。 これは一戦役につき一旒、即ち1枚に限られますが、海軍記念日や当該海戦記念日などで掲揚することができます。 そしてこの記念軍艦旗には、隅にその戦歴を書いたものを縫いつけるのが普通です。

 このことは「記念軍艦旗規則」として定められています。

 私がこの記念軍艦旗の実物で見たことがあるのは、かつて「出雲」が日本海海戦で掲げたものです。 この旗が時を経て、かの有名な松本零士氏から海上自衛隊に寄贈された時、その贈呈式を「きりしま」艦上で行いましたが、式の後の体験航海時にこれをメインマストに掲げて出港しました。 懐かしい思い出の一つです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

戦闘旗について (2) :

戦闘旗について (3) :

posted by 桜と錨 at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
桜と錨様、はじめまして。ユダ・イーリューと申します。
この度はブログの開設おめでとうございます。
今まで本館の『海軍砲術学校』はずっと閲覧のみさせていただいておりました。
資料や文献だけでは知る事の出来ないお話をいろいろと読ませていただき、ありがとうございます。
今回の“戦闘旗”のお話は、恥かしながらメカニズム図鑑の記述を頭から鵜呑みにしていた輩の一人でした(笑)ので、まさに目から鱗でした。

過去に「通常掲揚する軍艦旗と戦闘旗は違う」と言う趣旨のお話を聞いた事はありますが、具体的にどう区別しているのかが判らなかっただけに、今回のお話は特に参考になりました。

今後の記事も楽しみにしています、どうぞ頑張ってください。
また、これからもどうかよろしくお願いいたします。
Posted by ユダ・イーリュー at 2008年10月20日 19:00
 ユダ・イーリューさん、初めまして。 HPの方はご覧いただいているとのこと、ありがとうございます。

 何せ本来が極めて特異な内容を扱うところですので、ご来訪いただけるのは嬉しいことです。

 こちらはできるだけ肩の凝らない内容を皆様に提供していくつもりですが、そもそもが気ままな独り言ですので、息抜きのつもりでどうぞ。
Posted by 桜と錨 at 2008年10月20日 21:53
貴重な情報に触れる機会を与えていただき、いつも感謝しながら「海軍砲術学校」ともども拝見させていただいています。突然質問させていただく非礼をお許しください。
このたび戦闘旗の掲揚方法について、ぜひ一点 御教授いただきたいのですが、明治の駆逐艦 雷や叢雲など後檣も揚旗斜桁も持たない艦についてはどのように掲揚するのでしょうか?前檣に司令官旗、特設した後檣に軍艦旗を揚げたとして、さて戦闘旗は?特設の後檣にさらに揚旗斜桁を付けてそちらに軍艦旗を移し 後檣に戦闘旗を揚げるのでしょうか?それとも艦尾の旗竿も使用してそちらに軍艦旗を後檣に戦闘旗を揚げるのでしょうか?御教えいただければ幸いです。宜しく御願い致します。
Posted by Fleet Review at 2009年10月08日 01:14
Fleet Review さん
ちょっと出掛けておりましたのでレスがおそくなりました。
駆逐艦や水雷艇では「大檣」たる前檣に戦闘旗を掲げます。 先程この件についてUPしましたので、こちら ↓ をご覧下さい。

http://navgunschl.sblo.jp/article/32840154.html
Posted by 桜と錨 at 2009年10月11日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21310817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック