2022年10月10日

『加藤友三郎通信 32』


FBFの一人でもある小橋秀雄氏よりNPO法人 「加藤友三郎顕彰会」 の会報誌 『加藤友三郎通信』 の第32号をいただきました。

Tomosaburou-Tuushin_No32_cover_s.jpg

コロナの影響で3年ぶりとなった総会や年度事業報告・事業計画、友三郎関連記事などが簡潔に纏められております。

当該顕彰会は、広島で加藤友三郎についての研究と顕彰の活動を地道ながらも堅実に継続されており、好感の持てるところです。

私は呉の 「加藤友三郎元帥研究会」 の賛同人の一人です (でした) が、同研究会は一昨年に正装姿の友三郎の像同を建立して以来全く活動をしておらず放置状態が続いておりましたが、先日研究会のサイトや facebook ページなどのタイトルが何の断り書きも経緯の説明などの無いまま 「加藤友三郎銅像保存会」 に変わってしまったことはご承知のとおりです。

しかしながら、このことをもって同研究会は正式に消滅したものと判断されます (考えざるを得ません) ので、私は来年度以降はこちらの顕彰会に正式会員として加えさせていただこうと考えております。

当該顕彰会の来年度の総会では私も加藤友三郎についてのお話をさせて頂くことになっており、またこれまでの友三郎についての研究成果をもって、顕彰会の活動に何らかの寄与ができればと思っている次第です。

posted by 桜と錨 at 13:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
顕彰会の小橋です。来年の講演会を楽しみにしております。よろしくお願いします。
Posted by 小橋透雄 at 2022年10月10日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189859504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック