2022年05月31日

記念艦 「三笠」 と保存会


今年も記念艦 「三笠」 において日本海海戦記念日行事が行われたようです。

しかしながらこの記念艦 「三笠」、一体何のためのものなのか?

ご記憶の方も多いと思いますが、かつてNHKさんが司馬遼太郎氏の原作をもとにしたスペシャル・ドラマ 『坂の上の雲』 という大変すばらしい長編の大作を制作し放映しました。

ところが、このドラマにおいて三笠保存会は、そのロケのために艦内での僅かな部分以外は、肝心な 艦上シーンでは記念艦 「三笠」 を全く使わせなかった のです。

尊敬する大先輩の故平間洋一氏と一緒に出向いて、ロケ使用の必要性とその意義をコンコンと説いたのですが、保存会側は全くのケンモホロロ、聞く耳を持たずで。

そのくせ、同ドラマ放映後は今に至るもいけしゃあしゃあと 「 “坂の上の雲” の放映によって見学者が増えた」 と。

まったく何をか況やです。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/tokusetu/NHK_Sakanouenokumo/NHK_saka_22.html
http://navgunschl2.sakura.ne.jp/tokusetu/NHK_Sakanouenokumo/NHK_saka_26.html

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/tokusetu/NHK_Sakanouenokumo/NHK_saka_main.html


NHK_Saka_13_Kaga_h2205_03.jpg

NHK_Saka_13_Kaga_h2205_01.jpg

NHK_Saka_13_Kaga_h2205_05.jpg
( 画像は全て 「加賀元気劇場」 さんの実物大セットにて )


このドラマ、もし実艦の記念艦 「三笠」 艦上で撮影が行われていたとしたら、その 「三笠」 保存の価値と意義と共に、どれだけより優れたものになっていたのか。

まったく、小役人根性に成り下がった保存会にはほとほとガッカリしましたね。

posted by 桜と錨 at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
「ダイイ」と「タイイ」の違いを調べておりまして「桜と錨の海軍砲術学校」を拝見させていただきました。ありがとうございます。三笠、私も見にいきましたが、どうして保存会は使用許可しなかったのでしょうか。興味深く、お尋ねしたいと思いました。
Posted by at 2022年06月02日 21:58
關 さん

>どうして保存会は使用許可しなかった

記事のリンク先ページでお話ししておりますので、そちらをご参照ください。

Posted by 桜と錨 at 2022年06月03日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189566546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック