2021年08月16日

「世界の艦船」 9月号増刊


「世界の艦船」 9月号増刊 (通巻第956集) は 『傑作軍艦アーカイブ K 米戦艦 「ノース・カロライナ」 級/「サウス・ダコタ」 級 』 です。

SoW_No956_cover_s.jpg

この中で私も2本を書かせていただきました。

    『 徹底分析 B 兵 装 』
    『 第2次大戦の米戦艦レーダー発達史 』

残念ながらこれら2つとも、紙幅の制約のためにかなり簡略なものにせざるを得ませんでした。


総論的には、「ノース・カロライナ」 級と 「サウス・ダコタ」 級は軍備制限条約後の新戦艦として建造されましたが、この2つのクラスは最後の米戦艦たる 「アイオワ」 級に至る前級として非常によく似たものであり、かつその完成形としての 「アイオワ」 級の方が有名であるため、どうしてもそれに隠れて影が薄くなってしまいます。

結果として、兵装については 「アイオワ」 級について本シリーズの 『傑作軍艦アーカイブ C 』 が出ておりますので、それとの比較、相違点をお話しすることになってしまいますので、この 『傑作軍艦アーカイブ C 』 の拙稿を合わせてお読みいただきながら の方がより良いでしょう。


そして、2つ目のレーダー発達史については、これはもう決定的に紙幅が足りませんでした。

もう少し詳しくお話ししなければ、そのそれぞれの概要がお判り難いかと思いますし、また大戦終盤の、それこそ怒涛のような新しい、かつ進化したレーダー群については省略せざるを得ませんでしたので、発達史としては最後が少し中途半端になってしまいました。

これらについては、機会があればまた詳しくお話ししてみたいと思っています。


しかしながら、今回も編集部さんが頑張ってくれまして、特に写真ページは大変綺麗で充実したものとなっており、これはもうお手元に置いておいて絶対に損の無いものです。

もう書店には並んでいるかと思います。 店頭で見かけられた時には是非手に取ってご覧ください。

posted by 桜と錨 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188924092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック