2021年08月05日

ニャンコの腹時計


古い木造の我が家ですから、この時期になると家中が暑くてたまりません。

夜はいつも私のベットの足元で寝ていた我が家のニャンコですが、このところの暑さで廊下や階段の板敷きの上でゴロゴロしています。

しかしながら、毎朝正確に、夜明け前のまだ暗い4時30分 ±5分 になると、必ず私のベットの上にやって来て、顔をペロペロ舐めながら 「ニャー」 っと。

最近はこの 「ニャー」が 「チュール!」 に聞こえます (^_^)

朝の4時半ですから、室温も下がってきてやっと寝付いた最も眠りの深いときです。 が、夢を見ながら寝ている最中に突然 「ニャー」 で起こされます。

暫く無視していると、次は前足で胸をネエ、ネエ、と。

しかたがないのでリビングに降りて戸棚からチュールを1本出して、部屋の隅に置いてあるケージのお茶碗に入れますが、入れ終わるまでは近くで待っていて、入れたとたんに近寄ってきてあっと言う間に食べてしまいます。

そして食べ終わるとまたどこかへ。 最近はだいたい私の仕事部屋で網戸にして開けてある窓の桟に乗って次第に明るくなる外を眺めています。

お茶碗にはカリカリのご飯がいつでも食べれるように入れてあるのですが、なぜかこのカリカリはあまり好きではないようです。 他に何も無い時は仕方なしに少しずつは食べてますが ・・・・

おかげで、チュール、練り状のチャオ、魚5種ブレンドのモンプチのカリカリ、等々とエンゲル係数は私達夫婦二人より高いかも。

Nyanko-esa_R040805_01.jpg

でも、毎朝決まってこの時間になると私のところへ。 なぜ家内のところへは行かないのでしょうねえ ? (^_^)

posted by 桜と錨 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188895759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック