2021年07月29日

海上自衛隊の古い史料 −2


海上自衛隊が作成した古い史料から、“かつては、こんなものもあったよ” という2回目です。

昭和30年に海上自衛隊術科学校 (当時) が作成した 『くす型警備艦初任砲術長執務参考書』 です。

JMSDF_PF_Gunnery-Officer_manual_S30_cover_s.jpg

第1回目でご紹介した 『兵棋盤を使用する艦隊砲戦の研究』 がPFを主にしたものですので、その砲戦力の実際を知るためには貴重な史料です。

作成当時の当初は 「秘」 指定の文書だったようですが、とうの昔に廃棄されており、これも今では海上自衛隊に残っているのかどうか ・・・・ ?

ただ、私の手許にあるものは、どうも最後の方 (少なくとも最終の編纂記録があるページは) が抜け落ちているようです。


==========================

前 : 1
    http://navgunschl.sblo.jp/article/188867611.html
次 : 3
    http://navgunschl.sblo.jp/article/188873758.html

posted by 桜と錨 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海上自衛隊の古い史料
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188870990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック