2020年07月23日

連休初日 倉橋へ


4連休で、家内から “どこかに連れていけ 〜” とヤイノヤイノの催促ですが、夕方からまた天気が悪くなるような予報ですので、ちょっとドライブに。

海の日の満艦飾の艦隊桟橋を横に見て、まずは1時間ほど走った倉橋の温泉館にあるレストラン 「海里部」 さんへ。

ここの夏の時期はシラスのメニューが豊富です。 そして味は悪くありません。

シラス尽くしのような 「シラス御膳」 と 「シラス定食」 も良いですが、定番の丼物の 「生」 「釜揚げ」 「三色」 の3種も良いです。

そして単品なら、生シラスのお刺身、生シラスの軍艦巻き、シラスの天ぷらやかき揚げなどもあります。

で、私は 「生しらす丼」、家内が 「生しらすの軍艦巻き」 と 「かき揚げ」

Kurahashi_R020723_01.jpg

Kurahashi_R020723_02.jpg

生しらす丼は今年からしらすの茶わん蒸しが付いたメニューになり、ちょっと高くなりました (^_^)

生の臭みなどは全くなく、始めはお醤油を少し垂らしてそのままで、後から生玉子の黄身とワサビを混ぜて。

大変に美味しかったです。 この味なら車を飛ばして食べに来ても、その価値はあると思います。


食後は目の前の桂が浜へちょっと散歩に。

温泉館の隣にある 「桂浜神社」 ですが、初めて参拝しました。 ですが、普段は無人のようで、また参拝者も誰もおらず、それに社殿の内外はちょっと荒れてしまっているような (^_^; 裏手にある本殿は重要文化財らしいのですが ・・・・

Kurahashi_R020723_03.jpg

Kurahashi_R020723_06a.jpg  Kurahashi_R020723_06b.jpg
( イヌビワと椿の実 )

海岸は流木などが沢山流れ着いていてちょっと砂浜が汚れていましたが、サーフィンのグループや海水浴の家族連れなどもチラホラ。

Kurahashi_R020723_04.jpg

もう半世紀近く前に江田島を卒業して練習艦隊に乗組んだ時、まず最初にこの倉橋沖に仮泊して内地巡航に備えました。

その時の入湯上陸で来た 「シーサイド桂が浜荘」 二階の大浴場もまだありますが、建物自体が老朽化して設備も古くなり、今では宿泊・入浴客はあまり (ほとんど) 無いようです。 すぐ側には公営の立派な温泉館がありますし ・・・・

Kurahashi_R020723_05.jpg


帰りは回り道をして久々に 「須之浦ストーンフィールド」 さんに寄ってみることに。

ここへ向かう細い道は、つい先日も雨と土砂崩れで通行止めになっていましたし、今日もまだ工事中のところが数か所。

それでも、駐車場や近くの道路端には車が一杯です。

残念ながら向かう途中で早くも雨が降り出しまして、着いた時にはここのオープンテラスは既に濡れてしまっていますので、店内で一息。

Kurahashi_R020723_07.jpg

コーヒーとマンゴー・シャーベット。 なかなか美味しかったです。

Kurahashi_R020723_08.jpg

ここは、場所的にもちょっとした隠れ家的な雰囲気ですので、若い人を中心にだんだん人気が出てきまして、施設も色々拡張・拡充されているようです。

目の前の海岸には、小さな桟橋ができて、クルーザーやモーター・ボートなどが係留されています。 また、建物の一角にはダイビング・スクールも開設されています。

そして今日もグループや家族連れなどでバーベキュー・コーナーは結構賑わっていました。

梅雨が明けて本格的な夏になると、ここもすごい人出になるのでしょうねえ。


さて、今のところ明日・明後日はまた大雨の予報ですが ・・・・

posted by 桜と錨 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187725894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック