2020年07月12日

潜水艦 「なつしお」 型 艦内配置図


相変わらずバタバタ続きですので、今週の本家サイトの更新も先週に引き続き 『自衛艦公式艦内配置図集』 に、潜水艦 「なつしお」 型の艦内一般配置図の追加公開のみです。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/11_JMSDF_Ships_Offical_Draw.html
http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/11_08_Natsushio.html

Natsushio_plan_s_480.jpg


昭和35年度計画で2隻建造された 『なつしお』 型 「なつしお」 「ふゆしお」 で、前年度計画で2隻建造された 『はやしお』 型に続き、当時海上自衛隊として潜水艦勢力の増勢のために局地防衛用の小型潜水艦が建造されましたが、実際には対潜戦の実力錬成のために実目標訓練としての潜水艦の要望が高かったことから、その標的艦としての性格が強いものでした。

ご紹介しますのは、昭和48年に幹部候補生に対する潜水艦実習の際に配布されたもので、公式図からの手書きのラフなもので、かつ青焼きコピーですので、当時からあまり綺麗なものとは言い難いものでした。 経年劣化したものをディジタル化しましたが、これで限度かと。

しかしながら、ラフな艦内配置図ではありますが、当時現役の潜水艦のものでありながら、配布されたものには 「指定前秘密」 はもちろん、「取扱注意」 や 「用済み後返却」 などの表示もありませんでした。

Natsushi_plan_orig_01_s.jpg
( 配布された元の原紙 )

とは言ってもやはりオリジナルの最下段にある耐圧区画と隔壁のデータは省略させていただきます。  (上の原紙の縮小図でも数値は消しております。)

もちろんこの程度のものでも、現代の潜水艦という性格上から、公式資料に基づくものとして大変珍しいものと思います。

側面及び各甲板の図面を1つに纏めたPDF形式にて公開 いたしますが、ご存じのとおりのネット事情により、残念ながら一人歩き防止のために印刷及び加工については不可の設定としており、また各頁にロゴを入れています。

更にこれに加えて、資料の性格上、万が一当該PDFを拡大表示してスクリーン・キャプチャーで分割保存した上でこれを合成・加工したり、あるいはそれをトレースされる方もおられるかもしれませんので、その場合それがここで公開したものからの時はそれとすぐ判別できるような仕掛けをいくつか入れております。

もし研究者や当該艦に関係された方々の中で、印刷可能バージョン、あるいは正式な元画像データなどのご希望がございましたら、掲示板又はメールなどでお聞かせ下さればご事情により考慮させていただきます。

勿論、公開いたしますファイルは、このままの形でしたら再配布などはご自由になされて結構です。

posted by 桜と錨 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187688762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック