2020年06月28日

独り言


イージス艦ってドック入りしている状態でミサイル撃ったりレーダー作動させたりは


定検にしても年検にしても、この期間は 「非稼動艦」 (全ての実任務には就かない、就けない) に指定されて、防衛省が契約した民間造船所に入ります。 これを広義の意味で “ドック入り” といい、原則として定検では2回、年検では1回乾ドックに入りますが、これを狭義 (本来) の意味で “ドック入り” (入渠) と言います。

( まあ、入渠そのものは、艦の入渠要表に基づいて事前調整をして艦のトリムを無くし、艦首尾線と前後位置をキチッととりながら海水を抜いて盤木の上に据えるだけ。 後は入渠中に万一転倒したりしないように、船体両側に支えをすればよいので。)

それ以前のこととして、この定検、年検の前にミサイルを含めて弾薬類は全て陸揚げ (弾庫保管) しますので、そもそも撃とうにも弾がない (^_^;

更にイージス・システムを動かす 440V の艦内電源 (陸上電源を引き込んだのではダメです) は入渠中も含めて定検・年検中の相当な期間 (検査・修理内容や造船所のスケジュールなどによって異なる) 止まりますし、例え艦内電源が入っていても実際の電波は基本的に法律上出せません。

( このため、システムの最終チェックのためには出港して海上試験をやります )

それに SPY-1 の電波を出さなくても、イージス・システムとしてはかなりのことが自己診断機能及びシミュレーション機能でチェックできますので。


(追) :

オカシな書き込みがあると大抵つぶやかれるようです

   (^_^) (^_^) (^_^)

(追・2) :

折角の機会ですので、イージス・システムの電源について少しお話ししておきます。


posted by 桜と錨 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187642940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック