2020年03月08日

独り言


木甲板の保存手入法

う〜ん、今では鉄甲板の上に木甲板を張るような艦は海外の保存艦船以外では無くなってしまいましたので、こういうことを知る人も少なくなったですね。

旧海軍時代のこの木甲板の保存手入法については、例えばその概要が海軍兵学校卒業直前の生徒に配付された初級将校勤務参考の中の一つ、『甲板士官勤務参考』 に記述されています。


JO_DECK_cover_s.jpg

まずこれを手始めにして、次にこれの元になった更に詳しい史料に当たられるのと、運用術や造船工学などの史料によって、木甲板をどの様に張り付けていたのかを調べるといいでしょうね。

今日では 「トロ」 とは何か、オークムやピッチをどの様に使うのか、などなどということを聞いたことがない人が殆どでしょうから。

posted by 桜と錨 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187247922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック