2020年02月21日

呉の 「眼鏡橋」


昨年の 『世界の艦船』 9月号に 「呉鎮守府創設130周年 呉基地と江田島教育の歩み」 と題して一文を掲載していただきましたが、紙幅の関係もあって省略したところや、直接呉鎮守府とは関係しないものについて、いくつかをこのブログでも補足いたしました。

SoW_No907_cover_s.jpg

そこで、その残りの中の一つ。 呉の 「眼鏡橋」 についてです。

呉の本通りを南に下り、呉線の高架橋を潜るところに 「めがね橋」 という標識があります。

Meganebashi_map_R02_01_s_mod.jpg

昭和10〜12年にこの呉線の呉〜広間の延長と「海仁会下士官兵集会所」 (戦後の通称 「青山クラブ」 ) 敷地の拡張がなされるまで、この高架橋の少し先に 「眼鏡橋」 があり、その橋の向こう側の袂に 「海軍第1門」 というゲートがありました。

Meganebashi_photo_02_s.JPG
( 呉市史編纂室所蔵 沖田輝明氏提供)

Meganebashi_photo_01_s.JPG
( 呉市史編纂室所蔵 井上博義氏提供 )

眼鏡橋は明治23年に完成した石造りで、長さ26.2m、幅18.7mであったとされ、まさにこの眼鏡橋を境に呉市街と旧海軍の基地とが整然と別れていたのです。

Meganebashi_photo_03_s.JPG
( 『最新撮影 呉名勝』 加藤恭夫氏提供 )

Meganebashi_map_T12_01_s_mod.jpg
( 大正12年下士官兵集会所表門改修時の眼鏡橋と清水川 元図 :防衛研究所所蔵史料より加工 )

しかしながら、上記のように昭和10〜12年頃になって、元の木造だった 「海仁社下士官兵集会所」 を現在も残る鉄筋のものに建て替える際に敷地が不足したことと、呉線の呉〜広間の延長工事とが重なったことから、ここを流れる清水川周りを埋め立てるとともに、眼鏡橋付近は暗渠となってしまい、眼鏡橋そのものは無くなってしまいました。

Meganebashi_map_S10_01_s_mod.jpg
( 昭和10年下士官兵集会所敷地改修時の計画図 元図 : 防衛研究所所蔵史料より加工 )

Meganebashi_sat_02_01_mod_s.JPG
(元画像 : Google Earth より 赤線は現在の清水川の暗渠部 )

もちろん、橋は無くなったと言っても周りの埋め立てによって橋そのものはその一部として地中になっただけで、下を通る清水川の暗渠は元の眼鏡橋の部分がそのまま使われています。

これもあって、地表上には現在ではこの眼鏡橋の当時を思わせるものは何もありませんので、中にはこの呉線の高架橋のところにあったと思っている人も少なくありません。

では、どこにあったのか、と言いますと、

海軍第1門の右手側には准士官 (兵曹長) の集まりである 「海友社」 があり、その敷地の北側が清水川の護岸になっていました。

Meganebashi_photo_04_s.JPG
( 明治41年撮影 呉市史編纂室所蔵 沢原喜久氏提供 )

そしてこの 「海友社」 の建物も昭和11年に鉄筋のものに建て替えられましたが、昭和22年の米軍撮影写真では敷地のこの護岸部分が残っております。

Megamebashi_air_S27_01_mod.jpg
( 元画像 : 国土地理院所蔵写真 昭和22年米軍撮影 )

この 「海友社」 敷地北側の清水川両岸が元々の 「眼鏡橋」 が架かっていた当時と同じと考えられますので、写真の四角のピンクで囲んだ部分が大凡のこの 「眼鏡橋」 の位置と推定されます。

ただし、当時の正確な図面や地図などが残されておりませんので、詳細は不詳です。

いずれにしても、現在の鉄道高架橋少し南側にある交差点の停止線付近から、現在の集会所跡の建物の北端よりもう少し南側で、反対側の元海友社敷地跡の 「Honda Cars 広島呉東店」 の建物の南側あたりまでであったと思われます。

Meganebashi_sat_02_01_s.jpg
( 元画像 : Google Earth より )

posted by 桜と錨 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187183072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック