2020年02月18日

独り言


三景艦と三十二拇加砲

日清戦争におけるこの三景艦に搭載した 「三十二拇加砲」 くらい後になって誤伝による悪評が酷いものはありませんね。

Canet_32cm_Gun_TRT_photo_01_s_mod.jpg

Canet_32cm_Gun_TRT_illust_01_s_mod.jpg

Canet_32cm_Gun_TRT_draw_01_s_mod.jpg

Canet_32cm_Gun_TRT_txt_01_s.JPG

そもそも、それほど役に立たないものだったならば、何故日清戦争後に他艦のように主砲が換装されず、そのまま使い続けたのでしょうか?

この理由一つをとってみただけでもその誤りが判りますがねえ。


(追記) :

う〜ん、まあ某所は誰であろうと書きたい人が何をどのように書いても構わない所ではありますが ・・・・


 あの当時の我国で、砲の換装は不可能と思われますが。

既に 「橋立」 は日本で建造し、砲の艤装もやっている技術レベルなんですがねえ (^_^;

このところ某所はグチャグチャになっていますが、それにしても HN 「hush」 氏や HN 「駄レス」 氏は我慢強く、やさしいですねえ〜 (^_^)

posted by 桜と錨 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187171251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック