2019年11月26日

サイドパイプ

Kirishima_20th_aniv_04.jpg
( 「きりしま」 就役20周年記念の記念品 )

ネットの某所でサイドパイプの始まりについての話題がありました。 しかしながら、これといったものは出てこなかったようです。

サイドパイプは世界のどの海軍でも普通に使われているものであり、もちろん旧海軍や海上自衛隊でも用いられていますが、逆に海軍以外で使われることはまず無いものです。

これもあって、その起源や現在に至るまでの変遷などについては、各国海軍それぞれの歴史がありますのでなかなかこれだといったものがなく、各国海軍毎に諸説があるようです。

そこで、ご参考までに “米海軍における説では” ということで、1939年に米海軍協会から出された 『Naval Customs, Traditions, and Usage』 に記載されているもの、及びその邦訳版の当該個所を、本家サイトの 『海軍須知』 コーナーの第5話 としてご紹介します。

Naval_Custums_Traditions_Usage_cover_s.JPG
( 当該書の初版カバー )


もちろん、これで正しいというつもりはありませんで、あくまでも米海軍における一つの見解、ということでご理解下さい。

posted by 桜と錨 at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
「あゝ、海軍ラッパ」ビクターレコードでは、ラッパ以外にサイドパイプが数分間録音されています。
艦長の乗船、艦内作業など音の長さ、抑揚など微妙に違っていました。
Posted by killy at 2019年11月28日 10:38
killy さん

ご紹介ありがとうございます。 ラッパやサイドパイプなどが収録されているものはいくつかありますね。

ちなみに、米海軍関係では次のようなところもあります。 ご存じかも知れませんが、ご参考までに。

http://goatlocker.org/resources/nav/wavfiles.htm

Posted by 桜と錨 at 2019年11月28日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186851261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック