2019年08月25日

SG 『射撃指揮装置T型 概要』


本家サイトの今週の更新として、『現代戦講堂』 の 『資料展示室』 コーナーにて 『射撃指揮装置T型SG集』 を開設し、まずその第1段として 昭和56年版の 『射撃指揮装置T型 概要』 を公開しました。

GFCS_Type1_SG_cover_m.jpg

   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/tenji_main.html
   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/08_GFCS_Type1_SG.html

ご承知のとおり、海上自衛隊における初の国産射撃指揮装置として長年使われてきたT型ですが、平成29年の 「くらま」 の退役をもって全艦艇から姿を消しました。

海自の悪いクセというか、自分の業務にしか目が行きませんので、現用で無くなったものに関する資料についてはスペースを占領するだけの邪魔なものでしかなく、しかも全く保存に関心を払わいませんので、このためいつの間にか関連する資料なども棄てて無くなってしまいます。

このT型に関する資料も、今ではどこにどれだけ残っているのか判りません。 このT型が装備される前の Mk−56 などは、既に海自には一切残っていないことが確認できていますので (^_^;

(最近になってやっと歴史保存の規則類もできましたが、海幕は規則類さえ作れば後は現場が良きに取り計らえで、付随する事項の措置は全く知らん顔の “単なるお役所” ですから、現場には保存の場所も無ければそのための管理要員もおりません。 したがって当の担当者個人にとっては余計な業務を押し付けられたにすぎません。 これでまともな歴史保存などできるわけがありません。)

もちろん破棄する前にそれらが海自から公開されるなどはありません。

当サイトで公開する意義はまさにここにあると思っています。

もし関心を持っていただける方々がおられますならば、今後この詳細についてのSGも順次公開していきたいと思っています。

なお、申し上げるまでもなく、公開するSG集は秘密文書どころか当時の 「取扱注意」 文書にも 「部内限り」 文書にも指定されたものではありませんし、かつ秘密に関する内容は一切含まれておりません。

しかも、当の装備品そのものが既に海自に存在しませんので。


posted by 桜と錨 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186470179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック