2019年08月16日

独り言


艦艇のスプリンクラー

某所において艦艇のスプリンクラーについて質問が挙がっていましたが、それに対する回答で次のようなものがありましたので、少々補足を。

スプリンクラーって、そんなに役立ちますか。火薬庫に引火しそうでしたら緊急注水でしょうし、・・・・ (中略) ・・・・ 艦艇の場合は、爆発物はある、可燃性液体もある、だったらスプリンクラーよりも、各所にある消火栓からの注水のほうが主になる


帆船から鋼船の近代艦船になった明治期以降、艦艇の 「砲火薬庫」( 「黒色火薬庫」 を含む) には戦闘被害時などでの引火・誘爆防止のために庫内を海水で充たすため(15分以内に庫内を満水とする能力)の 注水装置に加え、併せて 庫内冷却のため のスプリンクラーが装備されることとなっていました。

ただし、当時は 「散水装置(スプリンクラー)」 とは言わずに 「撒水装置(Water Shower)」 と呼んでおりましたが。

Water_Shower_01_s.JPG
( 昭和初期の艦艇の例 )


この撒水装置は艦艇において火薬庫内温度上昇時に庫内を冷却することが主目的ですが、入渠時に弾火薬類を卸さないで行う場合には、この散水装置を陸上側の消火栓に繋いで使用することとなっておりました。


もちろん現在の海上自衛隊の艦艇でも、この散水装置は弾火薬庫やミサイル弾庫等に同様の目的で装備されていることは申し上げるまでもありません。

ただし、旧海軍のように入渠時に弾火薬を搭載したままということは規則上あり得ませんが (^_^;


(8月18日追記) :

追加の回答がついたようですが ・・・・


現在の軍艦では、スプリンクラー等は、消火だけでなく他の用途も考えて設置されている

何を言いたいのかよく判りません。 まさかCBR戦用の水幕装置であるスプリンクラーは消火用を兼ねたものとでも言いたいのでしょうか? (^_^;

復役直後のアイオワ級戦艦の砲塔内の爆発事故時に、世界の艦船に掲載された写真では、ホースで消火しているようです。但し、砲塔内は映っていません。

これも、だから何だと言いたいのか全く判りません。

艦船の消火栓からの消火ホースの先端にはどのようなものが付けられ、どのように使われるのかご存じないようですね。

まさか、消防署の消防車が火災になった建物等を消火するのと同じと思っておられるのでしょうか? (^_^;



posted by 桜と錨 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186428460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック