2019年07月27日

土用の丑の日は鰻を


今日は土用の丑の日ですが、土曜日と重なりました。 それに昼前には既に30度を超える暑さ。

で、やはり鰻を食べなければ、と昼過ぎにということで予約してありましたので、家内と一緒に (^_^)

いつもの小さなお魚屋さん、ここは基本として鮮魚しか置いてないのですが、このところ毎年この日は若大将の趣味で、店頭にコンロを持ち出して蒲焼きを作ります。

unagi_R010727_01.JPG

unagi_R010727_02.JPG

もちろん毎日市場で自ら選んでくる鮮魚と同じように、事前に業者に注文しておいたものを仕入れてきますのでモノに間違いはありません。 今年は愛知三河の一色産。

unagi_R010727_03.JPG

若大将曰く、鹿児島産で一番のものがあるんだけど、このご時世、一年以上前から池ごと業者に買い取られてしまうので、流石にこれは手に入らない、と。

この若大将、もちろんこれで修行をしたわけではありませんので専門店で焼いたようにはいきませんが、それでも仕入れる鰻そのものが良いこともあって、最近ではかなりの人気です。

今年は予約分のみだそうで、注文し忘れた常連さんも次々に訪れますがその度に “残念ながら今日は ・・・・” と。 もちろん店頭に焼き上がったものは一つも並んでいません。

午前中から焼き続けで、中には近所で分けるんだとかで一人で十数本注文していた人もいたとか。 私達が受け取りに行った時にも、まだまだ次から次へと焼いていきます。

unagi_R010727_04.JPG

近くには出来合いの蒲焼きを沢山並べているところもありますが、まったくお客さんが寄りついている様子はありません。 売れ残ったらどうするのでしょうね (^_^;


呉では鰻どころか何故か海鮮料理のお店も少ないのですが、それでも鰻を出すところは何軒かあるにはあります。

しかしながら例によって、ネット検索で評価は高く表示されるものの口コミ欄などを見てもわざとらしく ・・・・ わざわざ出かけてそれなりの (というよりかなり高い) 値段のものを食べてみようという気になるようなところはまずありません。

そこまでしなくとも、このお魚屋さんの若大将の焼く鰻で十分です。 しかも大変に美味しかった (^_^)

unagi_R010727_05.JPG

posted by 桜と錨 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
プロフェッショナルや食通の方には高評価なお店が
ネットでは酷評。みたいな事があります。
Posted by キャニー at 2019年07月29日 12:04
キャニーさん、こん**は。

味覚というのは個人差が大きいので、プロや食通の人が良いと言っても、それが万人に合うとは限りませんよね。

こういう事をいうと大抵は “それはお前が本当に美味しいモノを食べたことがないからだ” と判を押したように言う人がいますが、それはちょっと違うかな、と (^_^;

例えばマグロは、大トロはどんなに高級で美味しいといわれるものが出されようと私には全く口に合いません。 むしろ赤身の美味いものの方が。 これは牛肉でも同じです。

それはともかく、私は食べ物のお店についてはネット情報は某サイト1つは割と参考にしますが、それ以外は口コミで星一つか二つのものだけを読むことにしています。

高評価の口コミほどあてにならない、わざとらしいモノが多いですから (^_^)

Posted by 桜と錨 at 2019年07月29日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186335954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック