2019年07月25日

『世界の艦船』 9月号

もう書店の店頭に並んでいる頃と思います。 『世界の艦船』 の最新の9月号は特集が 「世界の空母 2019」 なのですが、今年は旧海軍の呉鎮守府開庁130周年に当たりますので、編集部さんのご依頼でこれについての記事を書かせていただきました。

SoW_No907_cover_s.jpg

『鎮守府創設130周年 呉基地と江田島教育の歩み』

併せて、平本和義氏の手になる現在の呉・江田島地区に残る旧海軍の歴史的建造物の素晴らしい写真集が4頁にわたって掲載されております。 拙稿と一緒にご覧いただければと存じます。

ただし、呉鎮守府の開設経緯から現在に至るまでと海軍兵学校の江田島移転からその後をキチンと述べるとなると相当な長文となりますので、紙幅の関係もあり、主要なところをかいつまんで駆け足のものとなりましたことは致し方ないものとご了承を。

とは言っても、ありきたりの要約では面白くありませんので、いつもどおり私らしく、あまり語られた事が無いものをいくつか入れております。

書店の店頭で見かけられた時には、是非ともお手にとってご覧下さい。


なお、当初用意した写真も含めて、紙面に入りきれなかったことなどを、後ほど当該稿の補足としてこちらでご紹介をしたいと思っております。

-------------------------------------------------------------

次 : 「 初代呉呉鎮守府庁舎 」


posted by 桜と錨 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186313960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック