2019年05月26日

琴平への1泊2日 (1)


「掃海殉職者追悼式」 参列のために中型バス1台を借り切って5月25(金)〜26日(土)の1泊2日の小旅行が行われました。

前記事でご紹介しましたように、私は追悼式参列は初めてですが、小旅行の行きは岡山城趾と後楽園などの見学、2日目は追悼式前に金比羅宮参拝の時間が取れるとのこともあって参加させていただきました。


で、その初日ですが、冒頭のバスの出発時間から既に予定より30分以上遅れてしまいまして ・・・・


◎ 岡山城趾

岡山市街の手前から2号線は渋滞。 遅れに遅れて、急いで軽く昼食を摂ってから岡山城趾へ。

Kotohira_trip_10_s.jpg

Kotohira_trip_09_s.jpg
(駐車場から見た天守閣と内堀)

ベテランのガイドさんがついてくれたのですが ・・・・ 時間が無いとのことで、岡山城趾は中をザッと素通りするだけで、天守閣にも登らずに後楽園へ。

Kotohira_trip_01_s.jpg
( 南側から見上げた3層6階建ての天守閣 )

Kotohira_trip_11_s.jpg
( 廊下門 )

Kotohira_trip_02_s.jpg
( 北西側からみた天守閣 )


う〜ん、私としては後楽園よりはこちらの城趾の方に興味があったのですが ・・・・ (^_^;

( 後から聞いたところでは、ガイドさんは後楽園のベテランの方だったそうで )


◎ 後楽園

ご存じのとおり水戸の偕楽園、金沢の兼六園と並ぶ日本三大庭園の一つとして有名なところですが、ここは私も訪れるのは始めてです。

岡山城趾の北側から後楽園に通じる旭川にかかる鉄橋。 これ、大勢で渡ると結構上下に揺れるんです (^_^)

Kotohira_trip_03_s.jpg


Kotohira_trip_04_s.jpg
( 後楽園正門 )


ただ ・・・・ やたら広い (^_^)

Kotohira_trip_05_s.jpg

Kotohira_trip_07_s.jpg

時間の都合で、主要なところをザッと歩いただけですが、確かに個々の個所だけを採り上げればそれなりなんですが、全体としては私的には広いだけで何か取り留めも取り柄もなく、これなら金沢の兼六園の方が遙かに纏まっていて見栄えが良いと感じた次第です。

Kotohira_trip_06_s.jpg
( 延養亭 )

Kotohira_trip_12_s.jpg
( 流店 )


◎ 林原美術館

林原一郎氏の個人コレクションを中心とした美術館で、色々な収蔵品があるようですが、今回は 「平成の名刀、名工展」 が行われており、平成の刀剣類がズラリと飾られていましたが、その他の展示はありませんでした。

Kotohira_trip_08_s.jpg
( 美術館正門 )

私は刀剣に関しては詳しくはありませんので、確かに素晴らしいものばかりだったのかもしれませんが、何か展示されていた刀剣類は全て見るからに新しく、伝統ある 「日本刀」 というイメージから来る重厚さや気品が感じられませんでした。

私が持っている模造のステンレス製の儀礼刀 (サーベル) とあまり違わないような (^_^)


14時半に岡山城趾脇の駐車場を出て、瀬戸大橋経由、一旦高松市内のホテルへ
(続く)

posted by 桜と錨 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186050742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック