2019年05月12日

宮崎駿氏原作 『最貧前線』 舞台演劇


既に水戸芸術劇場さんなどからネットで案内されていますので、ご存じの方もおられると思います。

『最貧前線』 公式サイト :

Official_HP_R0105_01_m.jpg
( 公式サイトより引用 )

宮崎駿氏の 『宮崎駿の雑想ノート』 の中で第13話 『最貧前線』 として掲載されております短編漫画を元に舞台演劇化したものです。

8月27日の初演を目指して現在鋭意準備が進められているところですが、公式パンフレットができまして、また私達も公開のOKがやっと出ました (^_^)

Pamph_01_C_m.jpg
( 表側 )

Pamph_02_C_m.jpg
( 裏側 )

(公式パンフレットはA3版両面二つ折りです。 もしご希望の方がおられましたらご連絡ください。)

私も少しだけ関わらせていただいておりますが、これまでテレビや映画が多かったので、舞台演劇に台本の段階から本格的に参画させていただくのは始めてです。

完成稿_cover_m.jpg
( 最新版の台本カバー )

ご存じのとおり、舞台演劇というのは大変に難しい面があります。

テレビや映画でしたら、撮影したものを元に纏めあげますので、見栄えの良いようにいくらでも編集ができます。

しかし舞台では役者さん達にとっては毎回毎回がいわゆる “一発勝負” でやり直しが利きませんし、ご来場された観覧者の方々にセリフや一つ一つの動きなどの意味をその場で直に理解していただかなければなりません。

出演される役者さん達は申し上げるまでもないことですが、演出を担当される一色さん ( NHK 『坂の上の雲』 の時にお手伝いさせていただきました )、今度は舞台、大変だろうな〜 と思う次第です。

原作はもちろんですが、今度のこの舞台化したものも、私達からしても大変に興味深い、面白い話しになっていると思っています。

間もなく舞台用の大道具などを使っての本格的な稽古も始まるようです。 私としても実際にどの様な舞台になるのか、拝見するのが今から楽しみです。

posted by 桜と錨 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185989069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック