2019年05月06日

脱帽時の制帽の握り方


去る4日に練習艦隊が遠洋航海出航に備えるために呉から横須賀へ回航となりました。

Eバースでは出港行事が行われ、多数の報道陣や家族、一般市民も訪れたようで、この様子は呉市役所の広報などでも報じられたところです。

候補生学校を卒業した初任三尉の実習幹部達が環太平洋の遠洋航海を経験し、船乗りとしての基礎的な知識・技能を磨くと共に、諸外国を訪れて見聞を広める重要な機会です。

が、それはそれで良いのですが ・・・・

Facebook でもコメントしましたが、岸壁で見送る高級〜中級幹部達の帽振れの動作があまりにもお粗末であり、みっともないのには驚いた次第です。

呉市の広報写真で見る限りでは、まともに基本が出来ているのは数名しか確認できません。

kureshi_PA_photo_R010504_01.jpg
(呉市広報の写真より引用)

https://www.facebook.com/kure.city/photos/a.440791985981554/2339815022745898/?type=3&theater

ほとんどの者がツバの脇を掴んでいます。 これ程までに船乗りとしての基本的な躾け、威容、スマートネスに欠けるものはない、しかもこれを公衆の面前で平然としてやるとは、元船乗りとして恥ずかしくて仕方ありません。


制帽を着用しての状態から脱帽する時には、帽子のツバの真ん中、つまり真正面から親指と人差し指・中指の3本で握ります。 これによって右上腕と帽子が真っ直ぐとなって、形良くなるようにしているのです。

これは帽振れの動作であろうと、屋外から屋内に入る時に脱帽する時でも同じです。

このことは幹部なら候補生時代から躾として、わざわざ意図せずともいつでも自然にこれが出来るように厳しく指導されて来た、基本中の基本の一つのはずですが ・・・・

考えてみてください、写真のほとんどの者のような握り方で脱帽して、もしそのまま不動の姿勢をするとしたらどうなるでしょう?


ご参考までに、私が候補生学校の入校式の時の写真です。 これが正しい制帽の持ち方、握り方です。

Boushi_01_mod_s.jpg

そして、同じく候補生学校卒業式の最後、機動艇に分乗して練習艦隊に向かう初任三尉を表桟橋から見送る海上幕僚長の鮫島海将 (中央) と候補生学校長の石榑海将 (右) のお二人です。 お二人を始め背後の皆もキチンと基本どおり正しく制帽を握っておられます。

Boushi_02_mod_s.jpg


たかが脱帽の仕方のことでは、と言われる人もあるかも知れませんが、こういう事から一つ一つ船乗りとしての躾け、伝統、そして威容とスマートネスが崩れて来るのです。

あるいはこれはその場その場で臨機応変にやっていること、と言われる人もあるかもしれません。 しかしこれはその臨機応変とは言いません。 基本ということが身についていない、と言うことです。

まさに海上自衛隊の現状の一端を表していると言えるでしょう。

そして気が付く人は気が付かれたでしょうが、通常は船体と同じ灰色の側幕で、練習艦や特別な場合には白色のものが使用されるのですが、折角の 「かしま」 のそれは、シワシワ、ヨレヨレに張られたままになっています。 この様な晴れの儀式の場合であるにも関わらず、です。

これなども潮気が抜けていると厳しく躾けられてきたことの一つなのですがねえ ・・・・

posted by 桜と錨 at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
入校式の写真は整然と美しいですね。
Posted by キャニー at 2019年05月06日 13:37
キャニーさん、ありがとうございます。

これが基本中の基本ですね。 これは若い者だけが躾けられてやらされるものではなく、自然とこれができるように身につけておくべきものです。

階級や地位が上がったら自分は勝手にやっても良い、等というものではなく、またそう考えること自体が “潮気が抜けている” と言うことですね。

Posted by 桜と錨 at 2019年05月08日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185958430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック