2019年04月17日

独り言


久々に独り言を呟いてみる (^_^)

日本海軍は93式魚雷の他に駆逐艦用の短射程高速魚雷を作ろうとしていた

う〜ん、それを 「ニコニコ」 とか言うところで聞いたからというなら、そこで聞けば済むことじゃないのかなあ 〜

おそらく 試製 F のことかと。


(16日 追記) : ちょっと笑い話のような回答があったようですので

旧海軍での酸素魚雷の開発においては試製A〜Gが計画されました。

試製Aが九〇式を酸素化した巡洋艦用を狙って開発され、これが後に九三式魚雷一型となって実現、駆逐艦用としてこれの射程を犠牲にして高速化を狙ったのが試製Cですが、試製Aで手こずっている間に先に試製Fが進んだので、主機関の試作までで開発中止。

この試製Fがタービンエンジンを使用して雷速55〜60ノットを狙った、まさに “駆逐艦用の短射程高速魚雷” で、試作実験で所望の高速を得るところまで行ったのですが、開戦の結果として引き続いての実用化への開発は中止されました。


質問の話は別の話が又聞きの又聞きで内容が実際のものからだいぶズレてしまったものなのではないかと推察

キチント調べずにネット情報を自己流に解釈するとこうなるんでしょうねえ (^_^)

まあ、聞きたい人が自由に書き込み、言いたい人が自由にレスできるのが、当該某巨大掲示板の良いところでもありますので、これはこれで良いのでしょうね。


posted by 桜と錨 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185859082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック