2019年04月06日

制服を着た能吏が現場に出ると


本家サイトの方でいつもお世話になっている HN 「脇」 さんからご紹介をいただきました。

0005067_mod.JPG

いや〜、これは酷いですね。 平気でこんな事をやる指揮官達がいるのかと思うと、海上自衛隊も情けない組織になったものと嘆かわしい限りです。

“伝統の継承” ? 海自がモットーとして掲げるこれはあれですかねえ、今では 「伝統の継承が “できたらいいねえ”」 という意味なんでしょうね。

旧海軍の時から船乗りの躾として、天幕の紐一本でさえ厳しく指導され、“スマートネス” “威容” を保つためには手間暇を厭わない、とされてきたものは一体何だったのかと。

やはり内局の役人に一佐以上の補職・昇任の人事を握られ、彼等の覚えめでたさが重要と考える “制服を着た能吏達” と、それを見て育つ若い有能な者達が現場に出てくると組織もこうなるという見本ですね。

先の候補生学校の卒業式最後を飾るべき出港においても、あのお粗末さ、みっともなさ。

何というか、海上自衛隊はもう船乗りの世界では無くなってしまいましたね。

posted by 桜と錨 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185820856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック